So-net無料ブログ作成

湿邪1 [季節:梅雨]

ジメジメしてきましたね~。梅雨ですね~。
身体に悪影響を及ぼす湿気を、東洋医学では「湿邪」といいます。

湿邪は 重たい・停滞する・下へ行く、という特徴があります。
これが身体に現われると、
  身体が重だるい、手足が重だるい、頭が重い、関節がだるい・痛む、足がむくむ
といった症状が出やすいのです。

また湿邪は、胃腸の働きを低下させやすいという特徴もあります。ですから、
  胃が重い、消化不良、食欲低下、お腹がつかえる、お腹がすっきりしない、便秘、下痢
という症状が出てきます。

じゃあ、どうしたらいいのか?
湿気なんだから、乾燥させればいい、そうなんですけどね。
ずーっと除湿が効いた部屋にいればいいでしょうけど、なかなかそうはいかない。

たとえば外に出た時、
身体が寒ければ、コートを着たり使い捨てカイロを使用するなど、いろいろ方法がありますが、
身体を乾燥させてくれるコートって、見たことありません。

そう、湿邪って厄介なんです!!

(つづく)




(c)Copyright 青山鍼灸院 All Rights Reserved
nice!(1) 
共通テーマ:健康

nice! 1