So-net無料ブログ作成

自然現象による邪気2 [病の原因]

(昨日のつづき)

③湿邪
湿気も過ぎたれば邪気になるのです。たとえば、梅雨や夏のジメジメなんか不快ですよね。
湿邪は重いので、だるい、重だるいなどの症状が出ます。

また湿邪は下降作用があるので、下半身に現れやすく、
湿邪が停滞すると、重だるい感じのむくみとなります。

湿邪が胃腸に入ると、胃腸が重だる~くなり、動きが悪い、すっきりしない、
ひどくなると悪心・嘔吐などの症状も。

こんな時、舌や便がネバネバ・ベトベトします。

④燥邪(そうじゃ)
乾燥の邪気。
乾燥すると、口・唇・鼻・皮膚がカサカサ乾きます。
燥邪が呼吸器系に入ると、喉の乾燥・痛み、咳などの症状がでます。

秋から冬、空気が乾燥する季節は、要注意!



タグ:湿邪 燥邪
nice!(1) 
共通テーマ:健康

nice! 1