So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
医療鍼灸 ブログトップ

医療鍼灸2 [医療鍼灸]

こんにちは。青山です。

医療鍼灸協会では、
去年、プレ研修(年6回)を行い、
今年(2018年)から、本格的な研修をスタートさせました。

研修では、現代医学の知識、現代鍼灸・中医鍼灸・経絡治療
それぞれの理論と臨床を身につけ、
研修修了後に病院実習の機会を提供することにより、
医療の一翼としての鍼灸治療を担っていくことができる人材育成を目指しています。

実際の研修では、毎回テーマがあり、
そのテーマに関して、現代医学、現代鍼灸、中医鍼灸、経絡治療、
それぞれの見方、治療方法について学びます。
また現代鍼灸、中医鍼灸、経絡治療では、それぞれ鍼灸実技も行います。

私は鍼灸を学び始めた当初から、
鍼灸専門学校の勉強とは別に、経絡治療を学んできました。
専門学校では、西洋医学も含めた基礎知識を学び、
実践的な治療法として、学校外で経絡治療を学んでいたという感じでしょうか。

経絡治療は、簡単にいうと、
五臓六腑や経絡(気の流れ)のバランスを取り、
体が本来持っている自然治癒力高めることをベースにし、
さらに患部への施術をします。

現代鍼灸や中医鍼灸は、経絡治療と全く別というわけではなく、
基本的なところは同じものがあると思います。

現代鍼灸は、解剖学、生理学に基づいて、ダイレクトに患部に施術する、
という感じでしょうか。

中医鍼灸は、伝統的な鍼灸医学の理論に基づいている点は、
経絡治療と同じだと思いますが、
視点やアプローチ、重視するところの違いがあるように思います。

各鍼灸治療については、さらにこのブログでも紹介してこうと思います。



青山鍼灸院HP


nice!(1) 
共通テーマ:健康

医療鍼灸1 [医療鍼灸]

こんにちは。青山です。

私が大変お世話になった鍼灸師の相澤良先生という方がいらっしゃるのですが、
相澤先生が中心となり、去年(2017年)
「医療鍼灸協会」を立ち上げました。

医療鍼灸協会は、
医鍼連携の推進と連携を担う鍼灸師を育成する目的で
設立されました。

医鍼連携とは、
病院の中で鍼灸を行うとか、
クリニックや在宅医療機関と鍼灸師が連携して患者さんを診るなど、
医療機関で行われるチーム医療の一員として
鍼灸師が参加する、医療機関と鍼灸師が連携する、という意味です。

現代医学と東洋医学である鍼灸の連携は、
アメリカやヨーロッパでは常識になりつつあります。

一方、我が国では混合診療原則禁止制度といいますが、
健康保険で診療する医療機関は
自由診療の鍼灸治療を行ってはいけないというルールがあるため、
医鍼連携の本格的な実現が難しいようです。

また、WHOでは鍼灸治療の効果が認められているとはいえ、
日本国内では、医療従事者の中でも、
理解が進んでいないといった実情があると思われます。

このような状況の中でも徐々にではありますが、
医鍼連携の気運が広がってきています。
超高齢化社会を迎え、厳しい医療保険財政の中で、
いかに医療の質を高め多様な医療サービスを提供し
国民の医療に対する満足度を向上させるかが重要です。

療鍼灸協会では、
医療従事者として必要な医学的知識とカンファレンスの力、
治療効果を出せる臨床力といった能力を兼ね備えた鍼灸師を
育成するためのプロジェクトがスタートしました。

(相澤先生のメッセージから引用)


青山鍼灸院HP


nice!(1) 
共通テーマ:健康
医療鍼灸 ブログトップ