So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
季節:冬 ブログトップ
前の5件 | -

皮膚の乾燥 [季節:冬]

こんにちは。青山です。

足のスネが乾燥して、かゆくなり、
掻いて皮膚が傷ついたり、ブツブツになったり、、
よく見かける症状です。

皮膚科を受診すれば、多くの場合「乾燥」が原因と診断され、
塗り薬などが出るようです。

さて、鍼灸治療的にみると、、、

乾燥するのは、血液の循環が悪く、
栄養・潤いが十分行きとどかないことがひとつの原因。

また、スネは胃経、胃腸の経絡です。
なぜこの部分が特に乾燥するのか、
それは胃腸の状態と関係すると見ます。
また、汚れた血はかゆい。

スネの血行が悪く、そこに汚れた血が溜まりやすくなっている、
それは胃腸を含め、内臓の状態と関係するでしょう。
患部(スネの乾燥・痒み)だけでなく、そういった点を考慮して治療をしていきます。

実際に、毎年冬、スネが乾燥して痒くなり、掻いて皮膚を壊してしまう方が、
定期的に鍼灸治療を受けるようになり、
その症状が出なくなった、というケースはいくつもあります。

症状が消えることが「治療」ということでしょうが、
症状が出る根本的な原因を改善することが、
東洋医学的な「治療」です。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

腎の疲れ [季節:冬]

こんにちは。青山です。

東洋医学で、冬は「腎」の季節です。
腎が疲れたり、腎の変動が出やすい季節ということ。

腎臓の働きのひとつは、血液中の不要な物質をろ過して尿を作ること。
腎臓の機能が低下すると、ろ過する機能も低下し、
不要な物質が多く含まれる血液、いわば汚れた血液が全身を巡ることになります。
すると頭だけでなく、全身さまざまなところに影響が出ます。

代表的な症状を上げてみましょう。

•思考力の低下
•怒りっぽい、不眠、頭痛
•全身のだるさ
•食欲低下
•吐き気
•口臭
•かゆみ
•皮膚が黒っぽくなる
•血圧が上がる
•尿が少なくなる
•息苦しい
•水がたまる
•むくむ
•手足、唇のしびれ
•口のこわばり
•吐き気
•体がだるい
•胸が苦しい
•脈が乱れる、意識がなくなる
•心臓が止まる

重症になると、最後の、脈が乱れ、意識がなくなり、最後には心臓が止まる、、、
これは、カリウム値が高くなることによって起こります。
腎不全は死につながる重篤な症状です。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

筋肉をほぐしましょう [季節:冬]

こんにちは。青山です。

長らく冬をすごしてきて、
そろそろ身体が固まってしまっている人も多いはず!
「そういえば、運動なんて忘れてたっ!」
なんてね。

そんな方へ、こちらがお勧め。家の中でできます。
●リフレッシュ体操

筋肉をほぐして、血行を改善しましょう!


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

素肌が出てるところから冷えが、、、 [季節:冬]

こんにちは。青山です。

「耳なし芳一」はご存じでしょう。
耳にだけお経を書き忘れたため、
魔物たちに耳を取られてしまいました。

これで完璧だっと思っても、
思わぬ盲点や見落としがあったりするもの、
それを教えてくれているんだな、と思います。

冬の服装でも、そういう状態をよく見かけます。

レギンスを履いて温かくしているけど、
足首のちょっと上、三陰交の辺りだけ素足になっている、
他をガードしている分、ここから冷えがドドド~と入りやすくなります。

厚手のコートを着ているけど、
首まわりが大きくあいている。。。(おしゃれなんだけど。)
いくら温かくしても、首や胸から冷えはドンドン入っていきます。

しまっていないパジャマのすそや袖口、襟元から寝ている間に冷えが入り、
朝起きたら体が冷えてしまう。。。
冷え症の人にとって寝る時の服装は大切です。

温かくしているつもりでも、
ちょっとした隙間、素肌が露出しているところから、
冷えが入りやすいのです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冬の朝 [季節:冬]

こんにちは。青山です。

朝起きた時、
筋肉が硬くなっている、関節の動きが悪く、動きづらい、、
そんなこと、若いころは、感じたことなかったのに。。。
だんだん年齢を重ねれば、誰でもそうなっていくものです。

寝ている間、体の動き、内臓の働きが低下し、
血流もゆっくりになります。
特に冬は硬くなりがちです。

ある高齢の方の話ですが、
目が覚めてもすぐに起き上らないで、
30分ほど布団の中で、全身をさすって軽いマッサージをしてから布団から出る、
という方がいらっしゃいました。
これ、すごくいいと思います。おすすめですね。

もっと短い時間でもかまいません、
目が覚めたら、手足をゆっくり動かしたり、
体を軽くゆすったり、さすったり、
ある程度血行をよくしてから起き上るといいでしょう。

いきなり「のび」をするのは、けっこう危険です。
急に筋肉に強い刺激が加わることになり、
筋肉を痛めたり、足をつってしまうことも。。。

寒い日が続きますので、どうぞお気をつけください、



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 季節:冬 ブログトップ