So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ほてり ブログトップ
前の5件 | -

ほてりは陰虚 [ほてり]

こんにちは。青山です。

ほてりは鍼灸治療的にみる「陰虚(いんきょ)」という状態。
陰虚とは、陰の気(エネルギー)の不足。

陰の気(エネルギー)が不足すると、
陰の気が陽の気を留めていられなくなり、
もともと上昇・発散の性質がある陽の気は、
上にたまったり、身体表面にたまったり。
それがほてりとなります。

気は、陰の気と陽の気がバランスよくあり、
陰陽入り混じっているのが健康な状態。

ほてりは陰の気が不足し、
陰陽の気がバラバラになった状態です。

鍼灸治療では、陰の気を補う治療ツボに鍼を打ちます。
そして、気を動かし、陰陽の気が混ざりあうよう治療をします。
また自律神経を調整するのも重要なポイント。

ほてりは、重病というわけではありませんが、
1,2回の治療で治るというものではありません。

身体の根本的な体質を改善していくには、ある程度の時間がかかります。
どのくらいの時間がかかるかは、個人差があります。

これは例ですが、1~2週間に1回の治療を受けて、
変化を実感するのは、3~6ヶ月。
ほんとに改善したことを実感できるのは、1年くらい。

四季のある日本では、一通りそれぞれの季節を治療をして過すことは、
意味あることのようです。

青山鍼灸院HP

nice!(0) 

ほてりが減ったら冷えを感じるようになりました [ほてり]

一年中頭や顔から汗を大量にかくNさん、
外から電車や建物の中に入った時など、
いきなりドバーと汗をかきます。

Nさん「きっと体の芯は冷えているんでしょうが、
冬でも寒いと感じたことはないんです。」

そんなNさんが鍼灸治療を受けていくと、
次第にほてりによる汗が少なくなってきました。
すると今度は冷えを感じるようになりました。
Nさん「特にお腹が冷えてるって感じるんです。」

冷えの本体が表面に出てきたのです。
Nさんの治療は、次の段階に入ったといえます。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 

ほてりと鍼灸治療 [ほてり]

鍼灸治療的にみるとほてりは「陰虚(いんきょ)」。
陰虚とは、陰の気(エネルギー)の不足。

陰の気(エネルギー)が不足すると、
陰の気が陽の気を留めていられなくなり、
もともと上昇・発散の性質がある陽の気は、
上にたまったり、身体表面にたまったり。
それがほてりとなります。

気は、陰の気と陽の気がバランスよくあり、
陰陽入り混じっているのが健康な状態。

ほてりは陰の気が不足し、
陰陽の気がバラバラになった状態です。

鍼灸治療では、陰の気を補う治療ツボに鍼を打ちます。
そして、気を動かし、陰陽の気が混ざりあうよう治療をします。
また自律神経を調整するのも重要なポイント。

ほてりは、重病というわけではありませんが、
1,2回の治療で治るというものではありません。

身体の根本的な体質を改善していくには、ある程度の時間がかかります。
どのくらいの時間がかかるかは、個人差があります。

これは例ですが、1~2週間に1回の治療を受けて、
変化を実感するのは、3~6ヶ月。
ほんとに改善したことを実感できるのは、1年くらい。

四季のある日本では、一通りそれぞれの季節を治療をして過すことは、
意味あることのようです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 

冷えのぼせ [ほてり]

こんにちは。青山です。

近年、冷えのぼせの方が増えています。
冷えのぼせは、単なる冷え性より重症。
鍼灸治療でも時間がかかります。

冷えのぼせの代表的な症状です。

・頭、上半身は熱いけど、手足は冷えている。

・急に暑い環境に身をおいた時、
胸より上がカーッと熱くなり大量の汗が出る。
たとえば、冬、外から暖房のきいた環境に入った時など。

・手のひらや足裏に、じっとり汗をかく
(これは自律神経症状)

冷えのぼせの本体は「冷え」。
だから温めればいいのですが、
冷えのぼせの方が難しいのは、
温めるとのぼせてしまうこと。
あまりにのぼせが強くなると、
気分が悪くなったり、倒れたりすることもあります。
入浴も、温まる前にのぼせてしまう。

だからといって温めなければ冷えは改善しません。
熱がこもらないようにしながら温める、
それがポイントであり、難しいのです。



青山鍼灸院HP

nice!(1) 

涼しくなってきたのにほてります [ほてり]

「涼しくなってきたのに、ほてるんです。」
そうおっしゃる方、結構いらっしゃいます。

気温が高いと体も熱く、ほてりも強くなるのは納得します。
でも気温が下がってきているのに、なぜほてるのか?

それは、季節の変わり目だから。
体は急激な変化に弱いのです。
特に最近の気候は、極端ですよね。
前の日と比べて気温が10度以上差があることが、
めずらしくなくなりました。

かつて私は(20代後半のころですが)、
夜足がほてって眠れないという時期がありました。
よく考えてみると、それは夏ではなく、
季節の変わり目に起こっていました。
なるほど~と実感いたします。

では、どうしたらよいか。
鍼灸師の私としましては、
やはり鍼灸治療で体調を整えることが有効だと思っています。
体の中の熱のアンパランスを整えるのです。



青山鍼灸院HP

nice!(1) 
前の5件 | - ほてり ブログトップ