So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
冷え全般 ブログトップ
前の5件 | -

手先足先の冷えと自律神経 [冷え全般]

こんにちは。青山です。

寒くなり、もともと末端が冷える方はつらい季節、
足先手先が、氷のように冷えている方も、
たくさんいらっしゃいます。

その中で、単なる「冷え」の場合と、
「自律神経症状」が伴う場合があります。

単なる「冷え」の場合は、温め血行を良くすることで、
改善するでしょう。

しかし、温めても、血行を良くしても、冷えが改善しない、
そんな場合は、自律神経症状が伴っている場合が考えられます。

足の裏、手のひらにジワ~~、ベタ~と汗をかく方、
もしくは冷えているのにたくさん汗をかく方は要注意。
温めても、汗が冷えて、
その汗が手先足先を冷やし、
さらに冷えを助長してしまうことも。。。

人によっては、
「汗をかくってことは、私は暑いんだ、暑がりなんだ!
だから、冷やさなくちゃ。」
そう思っている方もいらっしゃいます。

この汗は、暑いからかいているわけではない場合があります。

足の裏や手のひらに、
暑くないのに、冬でも汗をかく、
汗をかく理由が無いのに汗をかく、
そういう方は、ご用心。
自律神経のアンバランスからきているかもしれません。

自律神経のアンバランスから、手先足先が冷えるという方は、
ただ温め血行を良くするだけでは、冷えは改善しずらいのです。
その原因である自律神経のアンバランスを改善しなくてはならないでしょう。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冷え症のレベル [冷え全般]

こんにちは。青山です。

冷え症といっても、そのレベル、重症度はそれぞれです。
実際に鍼灸治療をしていわかる重症度をご紹介しましょう。

【軽度】温めれば温まり、温かさをキープできる。
当院では、ホットパック、遠赤外線レッグホット、コウケントーなど、
いろいろな手段で温めます。
その時、温めれば温まり、その温かさをキープできるのは、
軽症と考えていいでしょう。

【中度】温めれば温まるが、すぐに冷えてしまう。
温まったことを確認し、温めるのをやめると、冷えてしまうレベル。
冷えたらまた温め、鍼灸治療で血流を良くし、
温かさをキープできる体作りを目指します。

【重度】温めても温まらない。
いくら温めても、全く温まらないレベル、かなり重症です。
このレベルの方を、今まで何人もみてきました。
とにかく温めと鍼灸治療を根気よく続けるしかありません。
もちろん日常生活でも気をつけていただくのは必須。
中度、軽度になるのに、何年もかかった方もいらっしゃいます。
たとえ何年かかっても、やらなければ改善はしません。
ほんとに辛抱強く継続するしかありません。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冷えの重症度はそれぞれ [冷え全般]

こんにちは。青山です。

長かった夏がやっと終わりましたね。
これからは冷え症の方には、辛い季節ですね。
(夏の冷房の方が辛いという方もいらっしゃいますが。)

冷え症といっても重症度は人それぞれ。
温めれば温まる方はまだいいのですが、
根深い冷えがある方は、
いくら温めてもなかなか温かくなりません。

冷えは表面だけのものではなく、
何層にもなって奥深くしみ込んでいるような場合もあるんです。
温めても温めても、また次の冷えが出てくる感じ。

こんな状態の方でも、根気良く続ければ、
根深い冷えはいつか解消されるでしょう。

どれくらい時間がかかるかは、その方の状態によります。
何年もかかった方もいます。
でも、あきらめないで続けること、継続は力なり、ですね。



青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

ストレスで冷えます [冷え全般]

体が冷えている(低体温:平熱が35度台)と、
免疫をつかさどるリンパ球の割合が少ない、
従って免疫力が低い状態です。

交感神経が緊張すると、血管が収縮します。
それが続くと、血管が細くなり、
血管に流れる血液量は少なくなります。
全身の血液循環量が減り、したがって体温も下がってしまうのです。

自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスが大切。
ところが、ストレスから交感神経ばかり優位になっていると、
低体温になってしまうこともあります。
物理的に体を冷やすことから低体温になるだけでなく、
ストレスも低体温の原因となるのです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冷えのレベル [冷え全般]

こんにちは。青山です。

冷え症といっても、そのレベル、重症度はそれぞれです。
実際に鍼灸治療をしていわかる重症度をご紹介しましょう。

【軽度】温めれば温まり、温かさをキープできる。
当院では、ホットパック、遠赤外線レッグホット、コウケントーなど、
いろいろな手段で温めます。
その時、温めれば温まり、その温かさをキープできるのは、
軽症と考えていいでしょう。

【中度】温めれば温まるが、すぐに冷えてしまう。
温まったことを確認し、温めるのをやめると、冷えてしまうレベル。
冷えたらまた温め、鍼灸治療で血流を良くし、
温かさをキープできる体作りを目指します。

【重度】温めても温まらない。
いくら温めても、全く温まらないレベル、かなり重症です。
このレベルの方を、今まで何人もみてきました。
とにかく温めと鍼灸治療を根気よく続けるしかありません。
もちろん日常生活でも気をつけていただくのは必須。
中度、軽度になるのに、何年もかかった方もいらっしゃいます。
たとえ何年かかっても、やらなければ改善はしません。
ほんとに辛抱強く継続するしかありません。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 冷え全般 ブログトップ