So-net無料ブログ作成

【第7回】鍼灸と乳がん治療〜かかりつけ鍼灸師とのがん治療〜 [がんと鍼灸]

人の不幸は蜜の味:悪夢の夫婦篇②(カテゴリー:人間関係)

当時、働いていた職場にいた事務職のおばさまについて。
私の顔色の悪さに気づかれ、おばさまに呼ばれて出向いたN駅。
高級な外車で連れていかれた先は、「気功師の家」でした。
おばさまのパートナーは「俺が尊敬している気功師だよ。この人に任せたら絶対にがんを消すから」と。

そこでいわゆる「人の家」の小部屋に入り、おばさまと一緒に気功を受けることに。
作務衣を着たおじいちゃんのような先生に、素手で患部に手を当てられ(胸だったので苦痛でしたが、それも治療のため我慢)、1時間近く全身ひと通り手を当てられて終了。
何をされたのかはわかりませんでしたが、その後の体のだるさは異常なほどぐったりでした。

その帰り、「食事をしよう」と、おばさまとパートナーとご飯へ。
「あんたね。がんなんかお金があれば治るんだよ。あんたがまず考えなきゃいけないのは水。どうせペットボトルの水でも飲んでるんだろ。あんなの毒だぞ。
でも水道の水もダメ。俺が言ってるのは、風呂の水も歯磨きする水も飲む水も全部変えろ、ってこと。わかる?

今から50万円用意しな。なけりゃ家族がいるだろ?お金借りなよ。50万あれば病気なんか治るんだよ。手術なんかしなくていいし、抗がん剤もしなくていいんだよ。

あんた、胸がなくなったら女として終わりだぜ?わかるだろ?手術するなよ。抗がん剤も猛毒だってこと、わかってないんだろ?頭の悪い奴は医者の通りに治療して抗がん剤で早死にするんだよ」と。

畳み掛けられた言葉の数々。今思い出しても吐き気のする内容です。
そして
「水をかえたら椎茸のエキスを飲むんだよ。あとはローヤルゼリーね」と言って取り出したチラシ。椎茸のなんとかエキス1箱1ヶ月5万円。ローヤルゼリー3万円。「1ヶ月8万円かかるけど、胸がなくなるよりいいだろ?」と。

そんな話をしている間、横にいたおばさま。ずっとニコニコと、「そうよ、それがいいわ。絶対に治るから。さすが、私のパートナーだわっ!」と高らかに言いました。


つづく


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

気温差に要注意 [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

このところ涼しい日が続いています。
ちょっと寒いなと思い気温を見ると25度。
冬だったら25度だと暑く感じるのに、
この時期だと寒く感じることもあります。

20度の気温になれていると、25度は暑く感じ、
30度の気温になれていると、25度は寒く感じる。
体は気温差を感じるものなんだなと、実感します。


青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

【第6回】鍼灸と乳がん治療〜かかりつけ鍼灸師とのがん治療〜 [がんと鍼灸]

人の不幸は蜜の味:悪夢の夫婦篇①(カテゴリー:人間関係)

当時、働いていた職場には事務職の女性がいました。
派遣で勤務していたその女性はいつも午後に出社し、自分の仕事を淡々とこなして5時には退社するというリズムで、積極的に誰かと会話したり、ランチに誘い合って出かけるようなキャラではなく、寡黙でどちらかと地味で、それでも優しくて品の良いおばさまでした。

私は仕事上、毎日そのおばさまに依頼をしたりすることがあったのですが、ちょうど病気を告知されて不安定な頃でした。仕事のことで話しかけたところ
「なんかここ数日とても顔色が悪いんだけど。私、ピンと来たわ。病気でしょ?」と。
年の功なのか何なのか。
いつもは寡黙なのに、饒舌に私に話しかけて来ました。

少しでも油断すれば涙が出るような心境にいた私は、そのおばさまの一言でしゃがみこんでその場で泣き、事情を話してしまいました。
「Rさん、LINE教えてちょうだい。私、味方になるわ」そう言って、帰ったおばさま。
その夜に来た内容が以下。

「Rさん、今日は失礼かと思いながら、いろいろなことを聞いてしまい、失礼しました。
私はRさんのことを歳の離れた妹のように思っています。だからこそ治るまで見守らせていただけませんか?今週末、お時間いただけますでしょうか。10時にN駅に来てください」とのこと。
藁にでもすがる思いでその週末N駅に行ったのです。

すると、N駅で現れたおばさまは高級そうな外車の助手席からサングラスをかけて登場しました。いつもの職場で見るおばさまとのギャップに少々動揺していると「意気揚々とさぁ、乗ってちょうだい」と。

その車には「私のパートナーなの」と紹介された自分の父親と同じくらいの歳の男性が乗っていました。「こんにちは」と言うと私の顔を見て一言「ほんとだ。あんた、がんになりそうな顔してるわ!」と言われたその違和感。

健康な精神状態であれば「もうすでに何かおかしい」と思うでしょう。
今の私なら、いつもと様子の違うおばさまと、そのパートナーと名乗るおじさんの態度を見てすぐに立ち去る勇気があります。
でもその時はなかったのです。

つづく。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

湿邪の季節 [鍼灸治療・東洋医学]

こんにちは。青山です。

湿邪の季節となりました。
体に悪影響を及ぼす湿気を、東洋医学では「湿邪」といいます。

湿邪は 重たい・停滞する・下へ行く、という特徴があります。
これが身体に現われると、
身体が重だるい、手足が重だるい、頭が重い、関節がだるい・痛む、足がむくむ
といった症状が出やすいのです。

また湿邪は、胃腸の働きを低下させやすいという特徴もあります。ですから、
胃が重い、消化不良、食欲低下、お腹がつかえる、お腹がすっきりしない、便秘、下痢
という症状が出てきます。

すでに湿邪の影響と思われるこれらの症状が増えています。

では、どうしたらいいのでしょうか?

湿気だから、部屋や衣類みたいに乾燥させればいい、そうなんですけどね。
ずーっと除湿が効いた部屋にいればいいでしょうけど、なかなかそうはいかない。
湿邪は厄介なんです!!

では湿邪に対して、どうしたらいいのでしょうか?

それはまず「動かす」ことです。
湿邪には、停滞するという特徴があるから、そうさせないように動かすのです。

身体が重だるいから、動きたくないよう~、
これは、湿邪の魔のささやき。

簡単な体操、ストレッチでいいですから、身体を動かしてください。
とくにデスクワークの多い方、脚の血行がわるくなりむくみがち。
すわっている間も、上手に脚を動かして、血流を促したいものです。
足首を動かすだけでも違いますから。。。
(周りの人に不信に思われないよう、気をつけてやりましょう。)

また、お風呂などで温まったり、運動をして、
汗をかいて身体の余分な水分を出しましょう。
湿度が高いと洗濯物が乾きずらいように、身体も水分が抜けずらくなっています。

それと、胃腸の調子に気をつけること。
規則正しい時間に食べる、食べ過ぎない、油っぽいものを控える、刺激物を取り過ぎない
冷たいものを飲まない・食べない、お腹を冷やさない、お腹を時計まわりにさする、、、などなど。
ごくあたり前のことですが、ちょっとお気を付けください。

消化器系のお灸なら、足三里・三陰交などがおすすめです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

スマホ首・スマホ猫背2 [首の話]

こんにちは。青山です。
少し前に、スマホ猫背の高校生男子をご紹介しましたが、
こちらが最初にいらした時の写真です。
rin-w400-19061801.jpg
この日は治療はしませんでしたが、
この写真を見て、鍼灸治療を受ける気になりました。

初回治療時の写真
nekoze.jpg

3回目の治療前
rin-w400-19061803.jpg

3回目の治療後
rin-w400-19061804.jpg

猫背が解消されているのがおわかりかと思います。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

【第5回】鍼灸と乳がん治療〜かかりつけ鍼灸師とのがん治療〜 [がんと鍼灸]

【人の不幸は蜜の味】(カテゴリー:人間関係)

やっとの思いで家族への告知が済んだのですが、もうひとつの問題は職場の同僚でした。
これから治療をするとなると、自分がどんな状況になるかわからないので、職場の人にも迷惑をかけるはずだと思い、きちんと伝える必要がありました。
しかし、これが後に何かと自分の中でのモヤモヤする原因に。

まさか気軽に行ったクリニックで絶望的なことを告知されるとは思ってもおらず、検査に行く日「今日、胸の検査をしてくるんだぁ」くらいのことを同僚の何人かに言っていました。当然、翌日「どうだった?」と声をかけられたわけです。
その時にはもう乳がんの疑いがあり、頭の中には絶望しかなく、何かを考える余裕もなく「乳がんらしい」と正直に何人かに報告しました。

その時の反応は今でもありありと思い出せます。
タイプはいくつか。
①「そっか。何かできることがあれば言って」と淡々と受け止めてくれた人
②「嘘でしょ?」と言って私以上に泣く人
③「え。まじで?」と言い、表情はあたかも同情めいた暗い顔を取り繕いながらも目の奥がキラリと光った人
などなど。

②と③の人物たちはのちに信じられない態度をとります。
「女」という生き物は、常に他人と自分を比べて生きているのだと思うことが多々ありました。人の不幸を見て「自分はマシ」と自分の幸せを実感できるからでしょう。
その話はまた、今後、このブログの強烈な登場人物として出演しますが、それはさておき私が教わった教訓をひとつ。

「水と宗教と健康食品に気をつけろ」

人の不幸を楽しみながら、その弱みにつけこんでくる人、という種類の人間がいるのです。私の場合は職場にいたのです。

次回に続く。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

低栄養 [食生活]

低栄養とは、
健康な体を維持するために必要なエネルギー、栄養素が足りない状態や、
筋肉や皮膚、内臓などをつくるたんぱく質が不足した状態のことをいいます。

高齢になると、ものをうまく食べられなくなったり、消化機能が落ちたりして、
栄養や水分を十分に摂れなくなることがあるため、低栄養に注意が必要です。

低栄養の代表的な症状
・体重減少
・骨格筋の筋肉量や筋力の低下
・元気がない
・認知機能の低下
・免疫力の低下(例:風邪など感染症にかかりやすく、治りにくい
 傷や褥瘡(じょくそう:床ずれ)が治りにくい)
・下半身や腹部がむくみやすい
・骨折の危険増
・脱水症状(食事量が減ると同時に水分の摂取量も減るため)

低栄養でも自覚症状がないことも多く、
本人も周囲も気づきにくいことがあります。
低栄養の指標として、体重の変化やBMI、血液検査値が用いられます。
血液検査では、
血清アルブミン値、血中総コレステロール値、血中ヘモグロビン値
などが、高齢者の栄養状態を評価する目安になります。

高齢者に多い低栄養ですが、
若い人にみられることもあります。
若い人の低栄養には、ストレスなどによる食欲低下、拒食症、
過度なダイエットによる栄養不足、
偏った食生活による栄養不足など、
さまざまな問題があります。

低栄養を改善するには、バランスの良い食生活が必要です。
それがすんなり実行できる人もいれば、そうではない人もいます。
後者の場合は、何か根本的な原因があるかと思います。
そこから改善する必要がありますね。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康