So-net無料ブログ作成

 [季節:春]

こんにちは。青山です。

3月後半、暖かい日が続きいたら、
4月になり、冬に戻ったかのような寒い日が続いています。
暖かかったり寒かったらり、、春先の季節の特徴ですね。

さて、春は五臓でいうと肝の季節。

五行論でいうと、春は木、
木は五臓でいうと、肝。
東洋医学では、春は肝の変動が出やすい季節、と言われています。

だからといって、みんな肝臓疾患になるわけではありません。
東洋医学的にみた肝関係の症状として、

ぎっくり腰、寝違え、筋肉のつり、肩こり首こりの悪化、
のぼせ、冷えのぼせ、目の疲れ、精神的不安定さ

感情面では、怒りっぽくなったり、イライラしやすくなります。

こういった症状が増えやすいので、ご注意ください。

さて、肝臓にいい食べ物といえば、「しじみ」

しじみに多く含まれるオルニチンは、肝臓で活躍するアミノ酸、
肝臓の働きを保ち、疲労回復をもたらします。

体内のアミノ酸の多くがタンパク質の中にありますが、
オルニチンはそれとは違い、血液に溶け込んだ状態で
体内をめぐっています。

肝臓というとお酒というイメージが強いようですが、
アルコールを代謝するだけでなく有害物質の解毒をはじめ、
様々な働きがあります。

オルニチンは冷凍すると数倍に増えることがわかっています。
冷凍する場合は、砂出しをしてから冷凍してください。
また、解凍しないでそのまま使えます。

肝の味は「酸味」。
この季節になると、「ぬた」が無性に食べたくなる、という方がいらっしゃいます。
これも東洋医学的に春は肝の季節ということでしょう。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 

春の足先の冷え [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

温かくなったり寒くなったり、不安定な気候の今日このごろ、
季節の変わり目ですね。

この時期、体全体はそんなに冷えていないけど、
足先だけが冷えていて、なかなか温まらない、
お風呂に入っても、すぐに冷えてしまう、
という状態がよくあります。
とくに花粉症の人は、足先がすごく冷えて、弱々しくなっていることが多いです。

温めるのはもちろんのこと、これだけでは不十分の人は、
刺激を与えてください。
マッサージをしたり、指圧をしたり、てい鍼でツンツンと押したり、
青竹踏みをやったり、もちろん、お灸も効きます。

足指をよく動かしたり、開いたり閉じたり(グーとパー)、
足指運動をしたり(足指でタオルをたぐり寄せるなど、)
刺激を与えることで、血行がよくなります。
そして続けていると、末端の毛細血管が新生され、
冷えにくい足先になっていきます。

また歩くときは、足の指の腹で、大地をしっかり踏みしめてください。
かかとから足をつき、足先まで使って、しっかり歩いてください。
足裏は第二の心臓です。
歩いたり、刺激を与えたりして、全身の血行をよくしましょう。


青山鍼灸院HP

nice!(1) 

子宮筋腫の方の体の特徴 [女性の身体いろいろ]

子宮筋腫は,鍼灸治療で言うとまさに「瘀血」の代表。

●鍼灸的に見た子宮筋腫を持っている方の特徴

下腹部が硬い、抵抗感がある、子宮の辺りが特に硬い。
ケースよっては、筋腫そのものを手で感じる事ができます。
これは筋腫の位置やでき方によります。

足首辺りのむくみが強い。
プヨプヨしたむくみではなく、硬くなってしまったむくみ、
頑固なむくみが多いです。
また、かかとが厚い肥厚に覆われてしまっていることもあります。
大体足首辺りを見ただけで、
婦人科系に問題があるかどうか、わかります。
この辺りは、ツボでも足裏刺激の反射区においても、
婦人科系の領域ですからね。

仙骨周辺のむくみ。
これも、プヨプヨしたむくみより、硬く厚くなってしまっている方が、
良くない状態です。
こういうむくみを改善するには、時間がかかります。

鍼灸治療としては、このような場所が治療ポイントとなります。
血液の循環を良くして、瘀血体質を改善していきます。

子宮筋腫は再発しやすいと言われていますが、
いくら手術で筋腫を取っても、
筋腫を作る体質・身体の傾向を改善しなければ、
また作ってしまうのです。


青山鍼灸院HP

nice!(1) 

花粉症のツボ [季節:春]

花粉症に効く代表的なツボをご紹介
まず鼻のツボ
tb-kao-hana.jpg

合谷、尺沢、曲池、手三里なども有効です。
ude4tsubo.jpg

また、頭がブヨブヨ、ウニュ~っという感じになることが多いので、
てい鍼でよく刺激をしましょう。
teishin.jpg


青山鍼灸院HP

nice!(0)