So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

深いところの冷え [冷え性対策]

こんにちは。青山です。

体の内の氷河のような冷えのかたまりを解かすには、
ここに熱を与えることが必要。
ところが表面から温めても、深いところにある冷えにはなかなか届かないのです。
靴下を履いたり、腹巻をしたり、お風呂に入ったり、
それでも取れない冷えもあります。

そんな時、鍼灸治療や気功などが有効。
ツボは経絡を通して体の奥まで通じているポイントでもあるからです。
お灸をして、体の奥に熱を入れたり、
鍼を打つことで、気の流れを活発にし、
冷えを動かし、温め、解かしていきます。

また、冷えの強い患者さんのお腹に手をあてていると、
表面はさほど冷たくないけど、
深いところを見てみると、氷のような冷たさを感じます。
ここにエネルギー(気)を送り込むのです。

そして本的に冷えのかたまりを解体するには、時間がかかります
たとえば、一回お風呂でしっかり温まったからといって、すべて解消するというわけにはいきません。
長年積み重ねてきた冷えのかたまりですから、いたしかたないですよね。




青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

季節の変わり目 [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

暑かった今年の夏、やっと秋へと移り変わってきています。
季節の変わり目は、気候が不安定、
すると影響を受けるのは、
自律神経やホルモンバランス!

自律神経が不安定になると、
・夜、よく眠れない
・寝つきが悪い
・眠りが浅く、途中で目が覚めてしまう
・日中眠い
といった、睡眠に関するトラブルや、

胃腸の調子が良くない
・頭・顔・手のひらや足の裏に必要以上にをかく
心臓がバクバクする
などといった、自律神経症状が現れたりします。

当院の患者さんでも、睡眠や胃腸症状に現れる方が多いですね。

ホルモンバランスが乱れると、
・月経周期が乱れる
・不正出血がある
・出血量が通常より多い、または少ない
・生理痛がきつい
・肌荒れ 吹き出物
といった症状が起こりやすいです。

そんな時は、やはり休息をしっかりとることが大切!
休みの日は、自分の身体のメンテナンス、リカバリーの日に
あててみましょう。

規則正しい生活ももちろん重要です。
食事の時間、睡眠の時間を安定させて下さい。

健康に気を付け、秋の身体に慣れてくると、落ち着いてくるかと思います。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康