So-net無料ブログ作成

【第2回】鍼灸と乳がん治療〜かかりつけ鍼灸師とのがん治療〜 [がんと鍼灸]

【私の状況】(カテゴリー:病気のこと)

さて。
私が当時、どんな状況だったかと言うと
・ 左胸約4cmに広がる浸潤がん
・ 左脇リンパ節2箇所の浸潤がん
骨やその他の臓器への転移はなし。結果、乳がんステージ2ということでした。

胸に関しては浅く広く広がったがん。脇の方は後から自分で触って見ても確認できる、何か玉のような硬いものがありました。
正直に言うと胸のしこりは少し気になっていました。以前診てもらって「特に異常なし」と言われたこともあり、油断していた結果かもしれません。
脇の方は、今思えばなぜ気づかなかったのか、と思いますが、当時の私にはわからなかったのです。

それ以外の体調ですが、その当時、特別異常はないと思っていました。
「どこも痛くないし、何の不調もないのに、なんで乳がんになるわけ?」と思ったほどです。

先日、同じ病気を経験した方が話していたことをふと思い出しました。
その方も乳がん発覚当時、体調に異常はなく元気に過ごしていたそうですが
「今思えばその頃の私、すごく疲れやすくて、そしてトイレに行くと尿が臭かった気がする」と。

私は尿に異常はなかったのですが、同じく疲れやすく、そしてお腹の調子が悪くなることが多かった気がします。あと、何よりストレスの多い環境にいました。
それが全てではないと思いますが、免疫力が下がっていることにも気づかず(気づけない)無理をしていたのは確かでした。


【忘れもしない女医のこと】(カテゴリー:こんなこと、ありました)

健診は都内のオフィス街にある小さなクリニック。
エコーをし、触診で脇を診てもらい、その場で間違いないと告知されました。
そこで詳しく調べるために細胞診(胸と脇に針を刺し、細胞を採取して検査する)をし、後に正式に悪性だと診断されました。

余談ですが、そのクリニックの女医さんのことは忘れもしません。
「あら、あなた乳がんだわ!間違いないわっ。全身治療になるから。どこの病院にしよっか?行きたい病院ある?」と、まるでランチのお店の話でもするかのようなカジュアルな口調で告知されました。
こんなことってあるのでしょうか。

人生を左右する重大な話。頭が真っ白になっている人を目の前に
「今後の仕事とか整理した方がいいわよ。すぐ会社に言ってね。あと、あなた結婚してる?してないの?なら良かったわね。37歳?子供が欲しかったりする?でももうギリギリだからあきらめた方がいいと思うわよ〜」と。

行きたい病院を考えながら生活している人とはどのくらいいるのかわかりませんが、そのデリカシーのない女医(悪意を持ってそう呼びます)が饒舌に病院の候補を挙げている中から選択できるわけもなく、放心状態でうつむくしかありませんでした。

こんな残念な告知があるという話です。「ヤブ医者」とはこういう女医がいるようなクリニックのことを言うのかもしれません。
私は何も言い返せなかったのですが、強い気持ちのある方はもしこんな目に遭ったらぜひ言い返してください。
「先生は今、私のこの状況でそんなことを話されるのですか?」と。余談で終わってしまいましたが、次回に続く。


(つづく)


青山鍼灸院HP

nice!(1) 

nice! 1