So-net無料ブログ作成

【第1回】鍼灸と乳がん治療〜かかりつけ鍼灸師とのがん治療〜 [がんと鍼灸]

こんにちは。青山です。
鍼灸治療を併用しながら乳がんの治療をした経験のあるRさんの
体験記をご紹介します。
今回、自分の経験したことが少しでも誰かの役にたってくれればと、
快く引き受けていただきました。


【第1回】 はじめに

こんにちは。
今回この連載をさせていただく42歳女性、Rです。(独身)
仕事はライターをしています。

37歳の夏、乳がんが発覚しました。
私はその数年前からA鍼灸院のA先生にお世話になっていました。
慢性的な肩こり、疲労、その時々の不調などを、鍼、お灸、マッサージなどのケアで全身診ていただきながら、A先生にその時々の近況報告をすることが(主に仕事や人間関係のグチ)、私の生活の一部になっていました。

気軽に受けた健診で発覚した乳がん。
「がん」という、自分には絶対に無縁だと思っていた現実を突きつけられ、「死」を初めて意識し、取り乱しました。

この事実を家族にも話せず、どうして良いかわからない気持ちを抱えてA先生に連絡をしました。今までなんでも話していたA先生ならきっとニュートラルに受け止めてくれる。と、そう思ったからです。

A先生に事情を話した時、張りつめていた気持ちが崩れるようにぼろぼろと涙が出ました。A先生が「しんどかったね」と言いながら背中をさすってくれたことを一生忘れません。その日から私は、病院での検査結果や治療プログラムをA先生に共有しながら鍼灸院での併用治療をはじめました。

後に私は抗がん剤治療(化学療法)と左胸の全摘出、腋窩リンパ節郭清、放射線治療を受けます。
乳がん治療は症状の軽いものから重いものまで、かなり振り幅があります。
部分的な手術のみで終了する人もいれば、私のように抗がん剤と手術、リンパ節郭清、放射線といった治療もあります。

その他の臓器や骨にもがんがある場合は、私の治療プログラムとも異なると思います。
一言で乳がんと言っても、状況は様々なのです。
私の乳がん治療は、それなりにヘビーなフルコースでした。

私がこの連載を始めようと思ったのは、私が乳がん治療に鍼灸を取り入れたこと、その効果をお伝えしたかったからです。
「お医者さんに言われた通りの治療でいい」という考えも、当事者が納得しているのであれば良いと思います。

でももし「病院に行くこと以外に何かできることがないのか?」と情報を求めている方がいるとしたら、私の経験をひとつのリアルケースとして参考になるのではないかと思います。

乳がんを告知されたばかりの方、治療の最中にいる方、西洋医学的な治療を終えた方、もっと言うなら治療を終えていても、漠然とした不安を抱えている方にとって、私が西洋医学(投薬や手術)と東洋医学(鍼灸)の併用治療をした経験が、有益な情報となり、今ある苦痛を軽減し、これから先の体調管理のためのヒントにつながると思います。

また「乳がん患者」になってみると、実に生きづらい世の中がそこにありました。
「がんを患う」とは同時に未知の世界を覗くこと、衝撃を体験することでもあります。

人生三代坂、とよく言ったものです。「上り坂」「下り坂」「まさか」
下り坂と、まさかを同時に体験しましたが、ある方が私にこう話してくれました。
「下り坂の時は、上り坂の時には見えない景色がよく見えるんだよ」と。

そんな私の身に起きたあれこれについても、この連載で綴っていこうと思います。
私みたいなフルコースを体験しても、人生レベルで思い出すと、悪いことばかりでもなかったと思います。

12人にひとりが乳がんになると言われている今、
今日もどこかで体に向き合っているどなたかの治療と暮らしの一助になれば幸いです。

(つづく)


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0