So-net無料ブログ作成

寝違え [首の話]

朝起きたら、首、首から肩や背中が痛い、
首を動かすと、さらに痛くて、
うがいや振り向くことができない、
そんな症状を、寝違えと呼んでいます。

寝違えは、首や肩のこりとは違います。
こりは、血行が悪くなり、筋肉などが硬くなった状態、
ですから、マッサージなどで筋肉をほぐしせば楽になります。

しかし寝違えは、患部周辺の筋肉や組織の損傷、
すなわち「傷」「痛めてしまった」もの。
損傷部分にマッサージの刺激を与えれば、
その傷はさらに悪化します。

実際に寝違えになり、家族にマッサージをしてもらった、
その時は楽になったが、時間が経ってさらに悪化した、
という例は、よくあります。

では寝違えを起こした場合、どうしたらいいのでしょう?

まずは安静、
患部はできるだけ動かさない、力がかからないようにする。
そして、私だったら、
鍼灸治療を受け、コウケントーをあて、テーピング、
もし、熱を持っているようなら、アイシング、
ですね。

季節の変わり目は、寝違えも増えます。
どうぞお気をつけください。




●青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0