So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

空席状況 [お知らせ]

青山鍼灸院、近日中にご予約いただいける日時(治療開始時間)です。
時間の記載が無い日は、空きが無い状況です。 

2018年
【7月】
18水
19木
20金
21土
22日 定休日

23月
24火
25水
26木
27金
28土
29日 定休日

30月
31火
【8月】
1水
2木
3金
4土
5日 定休日

6月
7火 13:00,
8水
9木 13:00
10金
11土
12日 定休日

夏休み 9/23~9/30
よろしくお願いいたします。
※8月は通常営業いたします。


これ以降については、お問い合わせください。


※予約が埋まっていても、時間の間に
ショートコース(30分3,000円、50分5,000円)でお受できる場合がございます。
急患にも対応しておりますので、ご連絡ください。


ご予約ご希望の方は、お問い合わせください。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

五行論6:五臓六腑「心」を例に [鍼灸治療・東洋医学]

五臓六腑は単独で存在するのではなく、それぞれ関係を持っています。

心(心臓・五行の火)を例にしてみましょう。
鍼灸治療では、心臓が悪いからといって、心臓のツボだけに鍼をするわけではありません。
他の臓腑がどのようになっているか、詳細に見ていきます。

たとえば、心拍数が速くバクバクしてしまうという場合、
心の機能が行き過ぎている、亢進しているわけです。

そんな時、行き過ぎを抑えてくれる相手って?
そう、火と相剋関係にあり、自分を剋し抑えてくれる水、
すなわち腎の機能が必要になります。

5star19.jpg

ところが、もし腎の力が弱い場合、心の行き過ぎを抑えることができなくなります。
こんな時、心の行き過ぎを抑える治療だけをするのではなく、
弱い腎を補う必要があるのです。

これは説明のための簡単な例ですが、
こんな感じに五行論を使って、治療をしたりしています。

同じ様な症状といっても、人それぞれ微妙に違うわけです。
ですから鍼灸治療では、オーダーメイドの治療が必要。
また、それが鍼灸治療のおもしろいところでもあります。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

五行論5:五臓六腑 [鍼灸治療・東洋医学]

木火土金水は東洋医学とどういう関係があるのでしょう?

五臓六腑にしみる~なんて言ったりしますよね。
この五臓六腑って知ってますか?

五臓=肝・心・脾・肺・腎
六腑=胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦

です。

この漢字をみて、どの臓器か、だいたいおわかりいただけるかと思います。
ちょっとわかりづらい点として、
・脾は脾臓なんですが、実際の臓器としてはすい臓の働きと考えられています。
・三焦なんて臓器、ないです。 これは臓器ではなく機能とお考えください。
 身体の上から下までの水分代謝、流れみたいなものです。
 今回は、とりあえず三焦のことは横に置いてすすめていきます。

肝は肝臓、心は心臓、腎は腎臓、胆は胆のう、あとはそのままです。

この五臓五腑(三焦を抜かして)が五行・木火土金水にあてはめられ、
かつ、それぞれの行を陰陽にわけて臓腑が配当されます。
臓が陰、腑が陽。まとめると、

     臓(陰)  腑(陽)
木    肝    胆
火    心    小腸
土    脾    胃
金    肺    大腸
水    腎    膀胱

となります。

そして各臓器、前回まで見てきた五行の相生・相剋関係があてはまるのです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

五行論4:「木」の相生相剋関係 [鍼灸治療・東洋医学]

今回は、五行の中のひとつ「木」を中心に、
「木」と他の四行とのそれぞれの関係をみてみましょう。
5star18.jpg

木にとって、

水は、自分の母であり、自分を育ててくれるありがたい五行。
 水のお陰で自分の力が強くなります。

火は、自分の子であり自分が奉仕する五行。
 自分が燃えて火の力を強め、その分自分の力は弱まります。

土は、自分が剋する相手で、土の栄養分を吸収し、土を弱めます。
 木は土より強い存在です。

金は、自分を剋してくる五行で、一番ありがたくない五行。
 金に切り刻まれ、自分の力は弱められます。

木にとって、他の四行がそれぞれの役割・立場を持っているわけです。

お隣同志の相生関係は、エネルギーの流れがスムーズな関係、
相剋関係は、摩擦が伴う関係です。
でもだからといって悪いわけではありません。
自分を剋してくる相手は、自分の行きすぎを抑えてくれるものです。

ちょっとカチンとくるけど、自分を戒めてくれる存在って必要ですよね。

ある意味五行の相生・相剋関係は、アメとムチみたいなもの。
補われたり、与えたり、抑えたり、抑えられたり、、、
で、五行のバランスをとっているのです。
そしてこのバランスが大切なんです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

五行論3:相生関係 [鍼灸治療・東洋医学]

相生関係

ある五行が他のある五行を 生じたり、育てたり、強めたりする関係
相生関係」(そうしょうかんけい)(ある五行が他のある五行を生じる)、
または「母子関係」「親子関係」といいます。

相生関係は、木火土金水の順番で関係がつながっています。
五行相生









木生火 木は燃えて火を生み出します(木は火の母、火は木の子)
火生土 火は燃えて灰となり土になります(火は土の母、土は火の子)
土生金 土は重なり積もって金(鉱物)を生みます(土は金の母、金は土の子)
金生水 金(鉱物)の間を通って水が出てきます(金は水の母、水は金の子)
水生木 水は草木を育てます(水は木の母、木は水の子)

昨日の相剋関係の星形と合わせると、
五芒星
  どこかで見た模様ですよね。
  そう、陰陽師にも出てくる五芒星(ごぼうせい)です。
  五芒星は五行の相生・相剋関係を示しているのです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -