So-net無料ブログ作成
検索選択

ツボ紹介6:湧泉(ゆうせん)・失眠(しつみん) [ツボ紹介]

今回は足裏のツボを2つご紹介します。

湧泉・失眠


湧泉(ゆうせん)

場所:足の裏の中央よりつま先よりのへこんだ所
効能:婦人科疾患 冷え(特に下半身の冷え) のぼせ 生殖器系疾患 腎臓・膀胱疾患 不眠症
    呼吸器疾患 心臓疾患

湧泉は、生命力・精力をつかさどる腎の経絡のはじまりのツボです。
読んで字のごとく、「泉が湧く」まさに生命の泉が湧き出てくるツボです。

気功において、湧泉は生気を取り入れ邪気を外に出す重要な出入口です。
また足裏反射区では、腎臓にあたります。

実際に診ていて、虚弱体質、エネルギー不足の方の湧泉は、ペコンとへこんで力がなくなっています。
また、下半身の冷えの人も湧泉に力がなく、押してみると深~い冷えを感じます。

そんな時どうしたらよいか?
お灸がとても効果的です。
(労宮同様、鍼はちょっと痛そうでしょ。もちろん刺すこともありますけど、うふ

指圧マッサージなら、ゆっくり少し長めに押すとよいでしょう。

失眠(しつみん)

場所:足裏かかとの中央
効能:不眠症 婦人科疾患 下半身の冷え のぼせ 生殖器系疾患 腎臓・膀胱疾患 足の疲れ

こちらも読んで字のごとく、「眠りを失う」すなわち不眠に効くツボということです。

また、かかとは三陰交同様、生殖器系の状態をよく表している所。
かかとにあった厚い肥厚が、子宮筋腫の手術後ぽろっととれた、という例もあります。
鍼灸治療においては、必ずチェックしているポイントのひとつです。

失眠も、お灸がとても効果的。
マッサージをする場合、かかとはある程度力を入れないと効かないので、
手をグーにして、指の第二関節で押してみてください。
(指の関節を痛めない程度に!←経験有[あせあせ(飛び散る汗)])
また、ツボ刺激をする棒などを使うのもよろしいかと。
(力の入れすぎで、かかとを痛めない程度に!←経験有[あせあせ(飛び散る汗)])


青山鍼灸院


 
nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0