So-net無料ブログ作成
検索選択

足のスネ・胃腸のツボ刺激 [お腹の話]

足三里から足首にかけてのライン、ここは胃腸に関係する経絡。
また、足の疲れ、むくみなど、足全般の血流に関係する場所です。

ここをツボ刺激する時、
押している手・指をグイグイ動かすのではなく、
押されている足のつま先を動かすと(写真のようにポイント-フレックス)
これまた押している手が疲れず、かつ効果的。
足三里足三里
オフィスでやってもいいし、家でやってもいいし、
お風呂の湯船でやるのもおすすめです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

静脈瘤 [足・足裏の話]

静脈瘤とは、、、

静脈には逆流を防ぐための弁がついています。
この弁が壊れると、血液が逆流し、足に血液が溜る、
その状態が長く続き、静脈が拡張した結果が静脈瘤です。
静脈瘤の多くは表在静脈(皮膚に近いところにある静脈)に起こりやすく、
皮膚表面が盛り上がって、ぼこぼこした感じになります。

症状としては、
足がだるい、重い、痛い、かゆい、こむらがえり(足がつる)、
など。

西洋医学的治療としては、レーザー治療や手術などがあります。

さて、この静脈瘤、ある日突然できるわけではありません。

筋肉を使わないと、ポンプ作用が働かない、
したがって血液の戻りが悪くなる、滞る、、、

静脈が、
浮き出たようになったり、
クモの巣のように赤紫になったり、
太くなり、ボコボコして、皮膚表面に盛り上がってきたり、、、

そんな経過を長く長く経て、静脈瘤ができるのです。
急性のものではないのです。
ちゃんと身体はメッセージを出しているのです。

まだ、静脈瘤ができてないからいいわ、
ではなく、
できないように、若いうちから血行をよくしておきたいものですね。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

高血圧になると、、、 [頭の話]

高血圧はよくない、ということは、
みなさん認識されていると思いますが、
どうしてよくないのでしょうか?

高血圧で最も問題なのが、動脈硬化を引き起こすことです。
動脈硬化とは、血管が弾力を失ったり、血管の内腔が狭くなる状態のこと。
高血圧が続くと、血液の圧力に耐えるために、動脈の血管壁が厚くなり、
血液が流れる内腔は狭くなります。

また、血管が傷つくと、コレステロールなどの脂質がたまりやすくなり、
さらに内腔は狭くなります。
そうすると、血液の流れる抵抗が増え、血圧はますます上昇。
つまり、高血圧→動脈硬化→高血圧、という悪循環が、
さらなる動脈硬化を促進するのです。

では、動脈硬化になるとどうなるのでしょうか?

高血圧による動脈硬化が原因で、
生命に関わる脳や心臓の血管障害を起こしやすくなります。

具体的には、
脳卒中(脳梗塞、脳出血など)、狭心症や心筋梗塞、腎障害などが上げられます。

高血圧そのものよりも、それが原因でこのような合併症が起こり、
しかも悪循環を起こすという点に、高血圧の怖さがあるのです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

年をとると頭が固くなる [頭の話]

「年をとると頭が固くなる」と言いますが、
これは考え方が固くなる、頑固になるということですが、
実際に頭が固くなるのです。

どういう状態かといいますと、
頭皮と頭蓋骨までの間が狭く、
すぐに頭蓋骨という感じです。

頭皮と頭蓋骨の間にも血管が流れているし、
毛根や脂腺もあります。
その領域が狭くなっているのです。

毛根にいく栄養が少なくなれば、
髪の毛が細くなったり、抜けてしまうわけです。

少しでもそうならないためにも、
普段から頭に刺激を与え、
血流を良くしておきたいものです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

子宮筋腫と鍼灸治療 [瘀血(おけつ)]

鍼灸治療で言うと、子宮筋腫はまさに「瘀血」の代表。

~鍼灸的に見た子宮筋腫を持っている方の特徴~

下腹部が硬い、抵抗感がある、子宮の辺りが特に硬い。
ケースよっては、筋腫そのものを手で感じる事ができます。
これは筋腫の位置やでき方によります。

足首辺りのむくみが強い。
プヨプヨしたむくみではなく、硬くなってしまったむくみ、
頑固なむくみが多いです。
また、かかとが厚い肥厚に覆われてしまっていることもあります。
大体足首辺りを見ただけで、
婦人科系に問題があるかどうか、わかります。
この辺りは、ツボでも足裏刺激の反射区においても、
婦人科系の領域ですからね。

仙骨周辺のむくみ。
これも、プヨプヨしたむくみより、硬く厚くなってしまっている方が、
良くない状態です。
こういうむくみを改善するには、時間がかかります。

鍼灸治療としては、このような場所が治療ポイントとなります。
血液の循環を良くして、瘀血体質を改善していきます。

子宮筋腫は再発しやすいと言われていますが、
いくら手術で筋腫を取っても、
筋腫を作る体質・身体の傾向を改善しなければ、
また作ってしまうのです。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康