So-net無料ブログ作成
検索選択
ホルモン ブログトップ
前の5件 | -

成長ホルモン [ホルモン]

成長ホルモンは、
成長期に身長を伸ばしたり、成長するために必要なホルモンです。

が、それだけではありません。
代謝を促すために、すべての年代で必要なホルモンです。
ただし成長ホルモンの分泌量は、
年が上がるにつれ、低下していきます。

成長ホルモンは、脳から出た指令を受けて、
下垂体から分泌されます。
そして、肝臓や筋肉、脂肪などさまざまな臓器で行われている代謝を促進するのです。

成長ホルモンが出なくなると、
以下のような代謝にかかわるさまざまな症状がみられます。

コレステロールが増える
心筋梗塞や狭心症の危険
糖尿病になりやすい
内臓脂肪が増え、肥満症になる
骨が弱くなる
筋肉量が低下する、疲れやすくなる
皮膚がカサカサする、薄くなる




青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

インスリン [ホルモン]

インスリンは、すい臓から出る体内ホルモンの一つで、
血糖値を下げる働きをするホルモンです。

インスリンは、すい臓のランゲルハンス島という組織にある
β細胞でつくられています。
食事によって血糖値が上がると、
すい臓のβ細胞がこの動きをキャッチして、
すぐにインスリンを分泌し、血糖値を下げます。

血糖が全身の臓器にとどくと、
インスリンの働きによって臓器は血糖をとり込んで
エネルギーとして利用したり蓄えたり、
さらにタンパク質の合成や細胞の増殖を促したりします。

こうして、食後に増加した血糖はインスリンによって速やかに処理され、
一定量に保たれます。

すい臓から出るインスリンが減少する、
またはインスリンの働きが悪くなって、
血糖値を下げられなくなった状態が糖尿病です。




青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

副腎皮質ホルモン [ホルモン]

副腎とは、
腎臓の上にある臓器。
腎臓同様、左右ひとつづつ、合計2つあります。

副腎は、
外側を副腎皮質
中心部を副腎髄質
といいます。

副腎の皮質から出るホルモンを「副腎皮質ホルモン」といいます。

副腎皮質では、
電解質コルチコイド (アルドステロン、11-デオキシコルチコステロン)、
糖質コルチコイド (コルチゾル)、
性ホルモン (デヒドロエピアン、ドロステロン、アンドロステンジオン、少量の黄体ホルモンと卵胞ホルモン)
が産生されます。

副腎皮質ホルモンとステロイドの関係ですが、、、

ステロイドホルモンは結合する受容体により5種類あります。
・糖質コルチコイド
・鉱質コルチコイド
・アンドロゲン
・エストロゲン
・黄体ホルモン

ステロイドホルモンは、副腎皮質ホルモンのひとつなのです。

薬としてのステロイドホルモンは、
体の中の炎症を抑えたり、体の免疫力を抑制したりする作用があり、
さまざまな疾患の治療に使われています。
しかし、副作用も多いため、注意が必要です。



【参考記事】
●クッシング症候群



青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

甲状腺ホルモン [ホルモン]

甲状腺は、喉ぼとけの両側にあり、
甲状腺ホルモンを出すところです。

甲状腺ホルモンは
体内のタンパク質合成
エネルギーの代謝、
酸素消費などの能力を高める作用
などがあります。

甲状腺ホルモンが出過ぎた状態を、甲状腺機能亢進症といい、
代表的なものに、バセドウ病があります。

甲状腺ホルモンが少ない状態を、甲状腺機能低下症といい、
代表的なものに、クレチン病、橋本病があります。




青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン) [ホルモン]

女性ホルモンには、次の2つがあります。
・卵胞ホルモン(エストロゲン)
・黄体ホルモン(プロゲステロン)


・卵胞ホルモン(エストロゲン)
卵胞ホルモンは、女性らしさに関係するホルモンで、
卵巣から分泌されます。

分泌は思春期から始まり、女性らしい丸みをおびた身体を作る働きがあります。

また、
排卵を促したり、
子宮内膜を厚くして、妊娠しやすい環境にしたり、
卵子を運ぶ卵管の活動を活発にする働きがあります。

さらに、
コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防いだり、
肌の新陳代謝を促したり、
骨の形成に関わったりと
月経や妊娠以外のことでも、とても重要なホルモンです。

卵胞ホルモンは更年期以降減少していきまます。
それに伴い、心身のバランスをくずしやすくなったり、
骨粗鬆症などになったりします。

・黄体ホルモン(プロゲステロン)
黄体ホルモンは、妊娠に関係するホルモンで、
卵巣から分泌されます。

黄体ホルモンの役目は、
子宮内膜を受精卵が着床しやすい状態に整えること。
そして、妊娠した場合は、
黄体ホルモンがずっと出続け、子宮の状態を一定に保ちます。

妊娠しなかった場合は、
黄体ホルモンの分泌は約2週間後に止まり、
不要となった子宮内膜は剥がれ月経となります。

また、黄体ホルモンは脳の体温調節中枢に働きかけ、
体温を上昇させる作用があります。
胎児は温かい環境[黒ハート]を好むということでしょうか。

さらに、水分をため込む作用があります。
そう、月経前のむくみは黄体ホルモンによるものなのです。



青山鍼灸院HP




nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - ホルモン ブログトップ