So-net無料ブログ作成
検索選択
皮膚疾患 ブログトップ
前の5件 | -

春にカサカサ・ブツブツ [皮膚疾患]

こんにちは。青山です。

春はお肌のトラブルも出やすい季節ですね。
肌が荒れたりカサカサしたり、、プツプツが出たり、、、。

これらは、単に表面的な要因ではなく、
内臓や、身体のバランス、アレルギー反応などと
関係しているため起こることが多いのです。

また、環境の変化や、年度末の忙しさなど、
ストレス要因も、大きいですね。

ですから、皮膚に何をぬるかだけでなく、
内臓・精神を健康にし、身体全体のバランスを取ることが大切。
そして、食生活も重要。

春先になると体調をくずしやすい方、
症状が出る前に、早めに手を打っておくと、いいですね。




青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

ステロイドをやめたAさん [皮膚疾患]

Aさんは子供の頃からアトピーがあり、
特に顔の症状がひどく、
長期にわたり(14~38才)、ステロイドを顔に使用してきました。
しかし、ステロイドに疑問を持ち、39才の時ステロイドをやめることを決意。

この時、脱ステロイドを勧めている医師を探し、受診しました。
その医師の指示は、お湯で洗って、あとは何もつけないこと、それだけでした。
Aさんはそれを実行。

1ヶ月ほどすると、いつも赤かった顔の赤みが引いてきました。
そして膿が出てきました。
膿が出てはかさぶたができ、かさぶたが取れるとまた膿が出る、
その繰り返し。

3ヶ月ほどすると、自分の本来の皮膚が少し出てきたそうです。
しかし、膿とかさぶたの繰り返しは、まだまだ続きました。

その間、すごく痒い、痒くて痒くてたまらない。
まだまだ弱い皮膚は、日光にあたると、アレルギーを起こしてしまう。
でも、我慢しました。

ステロイドをつければ痒みが引いて楽になるのはわかってる、
でもそれじゃあ後戻り。
Aさんはとても意志の力が強い方で、
頑張り続けました。

今やらなければ、、、
今じゃななきゃできない、、、
今ならできる!
そう思って、脱ステロイドを続けたのです。

一年ほどすると、状態が少しずつ落ち着いてきました。
膿も、痒みも、少なくなってきました。

徐々に、徐々によくなって、
自分の本来の皮膚が強くなってきました。

そのままずっと脱ステロイドを続け、今に至っています。

今では何もつけなくても、お肌は潤っています。

しかし、鍼灸治療にいらしたころは、
アトピー症状はおさまっていましたが、
顔の皮膚の感覚が遠く、
顔に鍼を打たれても、あまり感じない、
まるで何かをかぶっているように感じられたそうです。
ステロイドをやめるだけでは取りきれないものがあるのでしょう。

鍼灸治療では、顔にも施術を続けています。
次第に顔の感覚も戻ってきました。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

ただれ・かゆみ(Mさん) [皮膚疾患]

(前回からのつづきです)

Mさんには、他にもいろいろ症状がありました。
そのひとつに、皮膚がただれかゆみがあること。
最初にいらした時は、左中指第一第二関節周辺が、
赤くただれ、強いかゆみがありました。
これはずいぶん長く続いている症状で、
治るのには時間を要しました。

左中指が治ると、今度は右足の甲に出ました。
ここも丹念に治療をしていき、改善、
するとまた別の場所に、、、。

また、プツプツしたかゆみも、いろいろな場所に出ました。
それに対しても治療を重ねていき、
最近では、そういったかゆみただれも出なくなりました。

Mさんは、蚊にさされると、直径5cmほどの大きな腫れになってしまいます。
それに対してお灸をすると、スーっと引いていきます。
蚊にさされるたび、お灸をしていきました。
今では刺されてもそれほど大きな腫れにならなくなりました。

このような体質も、ずいぶん改善されたのだと思います。


青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

帯状疱疹 [皮膚疾患]

こんにちは。青山です。

帯状疱疹とは、、、

水ぼうそう(水痘)は、ご存じのことと思います。
水ぼうそうとは、
水痘帯状疱疹ウイルス(すいとうたいじょうほうしん:ヘルペスウイルス属の1つ)に
乳幼児期に初感染したもの。

水ぼうそうが治っても、このウイルスはすべてなくなったわけではなく、
身体のいろいろな神経節の中に潜んでいます。
このウイルスは神経節が好きなのです。

普段はおとなしくしている水痘帯状疱疹ウイルスですが、
加齢、ストレス、疲労、発熱などにより免疫力が低下すると、
潜んでいたウイルスが活発になり、
神経節の神経に沿って皮膚や神経を攻撃しながら増え始めます。
これが帯状疱疹です。

症状としては、
ウイルスの皮膚への攻撃によって水ぶくれなどのブツブツが現れ、
また、神経への攻撃によって強い痛みが起こります。

帯状疱疹が出る場所は、胸から背中、腹部などによくみられます。
他には顔や手、足、耳にも現れます。
さらに、症状が現れるのは体の左右どちらか片側だけであり、
一度に2ヵ所以上の場所に現れることはほとんどありません。
片側だけに出る、というのは、帯状疱疹の特徴のひとつです。

治療法としましては、
抗ウイルス剤や副腎皮質ホルモンなどを投入しますので、
専門の医療機関で治療を受ける必要があります。

また、帯状疱疹のアフターケアに、
鍼灸治療はとても有効です。

今まで多くの患者様をみてきましたが、
過去に帯状疱疹の経験がある方、けっこういらっしゃいます。
多くの方に、帯状疱疹の痕が見受けられますが、
鍼灸治療をしていくうちに、だんだん薄くなっていきます。
特に帯状疱疹の痕に対して集中的に施術をしているわけではないのに、です。



青山鍼灸院HP



nice!(1) 
共通テーマ:健康

足の乾燥 [皮膚疾患]

こんにちは。青山です。

足のスネが乾燥して、かゆくなり、
掻いて皮膚が傷ついたり、ブツブツになったり、、
よく見かける症状です。

皮膚科を受診すれば、多くの場合「乾燥」が原因と診断され、
塗り薬などが出るようです。

さて、鍼灸治療的にみると、、、

乾燥するのは、血液の循環が悪く、
栄養・潤いが十分行きとどかないことがひとつの原因。

また、スネは胃経、胃腸の経絡です。
なぜこの部分が特に乾燥するのか、
それは胃腸の状態と関係すると見ます。
また、汚れた血はかゆい。

スネの血行が悪く、そこに汚れた血が溜まりやすくなっている、
それは胃腸を含め、内臓の状態と関係するでしょう。
患部(スネの乾燥・痒み)だけでなく、そういった点を考慮して治療をしていきます。

実際に、毎年冬、スネが乾燥して痒くなり、掻いて皮膚を壊してしまう方が、
定期的に鍼灸治療を受けるようになり、
その症状が出なくなった、というケースはいくつもあります。

症状が消えることが「治療」ということでしょうが、
症状が出る根本的な原因を改善することが、
東洋医学的な「治療」です。


青山鍼灸院HP







nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 皮膚疾患 ブログトップ