So-net無料ブログ作成
検索選択
病気・症状まとめ ブログトップ
前の5件 | -

黄色靱帯骨化症 [病気・症状まとめ]

黄色靱帯骨化症とは、
脊髄(神経)の後ろにある黄色靱帯という靭帯が、
骨になってだんだん大きくなり、
神経を圧迫して、おもに足の麻痺を起こす病気です。
原因は不明です。

少し前に難病指定されている「後縦靭帯骨化症」をご紹介しましたが、
黄色靭帯骨化症も難病です。
両方とも脊髄を圧迫する病気で、
後縦靭帯は脊髄の前側、黄色靭帯は後ろ側になります。

黄色靭帯骨化症は、骨化してくる部位が胸椎に多いので、
その場合は足の症状だけで手の症状は出ません。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

後縦靱帯骨化症(OPLL) [病気・症状まとめ]

後縦靱帯とは、
椎体骨(背骨の骨)の後縁を上下に連結し、
背骨の中を縦に走る靭帯。
この靭帯が骨化してしまうのが、後縦靱帯骨化症(OPLL)
OPLL:ossification of posterior longitudinal ligament
難病に指定されています。

脊髄の入っている脊柱管が狭くなり、
脊髄や脊髄から分枝する神経根が押されて、
感覚障害や運動障害等の神経症状を引き起こします。

骨になってしまう脊椎の部位によって
頚椎後縦靱帯骨化症、胸椎後縦靱帯骨化症、腰椎後縦靱帯骨化症といいます。

原因はまだはっきりとわかってはいませんが、
単一の原因で生じる病気ではなく、
複数の要因が関与して発病すると考えられています。
関係するものとして、遺伝的素因、性ホルモンの異常、
カルシウム・ビタミンDの代謝異常、糖尿病、肥満傾向、
老化現象、全身的な骨化傾向、骨化部位における局所ストレス、
またその部位の椎間板脱出など
いろいろな要因が考えられています。

治療法は、
まず保存療法、それがダメだと手術になります。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

自律神経 [病気・症状まとめ]

自律神経とは、簡単にいうと
自分の意思とは関係なく、自動的に働いてくれる神経」です。

たとえば、私たちは自分の意志で心臓を動かしたりすることはできません。
しかし早くなったり遅くなったり、状況に応じて適した動きが自動的になされます。
また物を食べると、胃や腸は自動的に消化活動を行います。
暑いから汗をかかなくちゃ、といって、自分の意志で「汗よ、かけ~」
というわけではありません。
身体にとって必要だと、自然に汗が出てきます。

自律神経は、生命維持にかかわるさまざまな機能を
自動的にコントロールしてくれているのです。

自律神経の中枢は脳の視床下部というところにあります。
そして自律神経は血管に巻きつくようにしてはりめぐらされ、全身の器官に分布しています。

自律神経のおもな働きを上げてみましょう。
・心拍数の調節
・血圧の調節
・気管・気管支の調節
・消化器系の調節
・唾液の分泌の調節
・瞳孔の調節
・発汗の調節



青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

ヘルペスウイルス [病気・症状まとめ]

人間に感染するヘルペスウイルスは8種類あります。

●単純ヘルペスウイルス1型
口唇ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎、カポジ水痘様発疹症、角膜ヘルペスなど

●単純ヘルペスウイルス2型
性器ヘルペスなど

●水痘・帯状疱疹ウイルス
水ぼうそう、帯状疱疹

●エプスタイン・バーウイルス
伝染性単核症

●サイトメガロウイルス
肺炎、網膜炎

●ヒトヘルペスウイルス6
突発性発疹、脳炎など

●ヒトヘルペスウイルス7
突発性発疹

●ヒトヘルペスウイルス8
カポジ肉腫


「ヘルペス」とは、水ぶくれが集まった状態のことで、
これは、「ヘルペスウイルス」による感染症です。

多くの日本人は水ぼうそうにかかったことがあります。
水ぼうそうが治っても、このウイルスはすべてなくなったわけではなく、
身体のいろいろな神経節の中に潜んでいます。
このウイルスは神経節が好きなのです。

単純ヘルペスウイルス1型には70~80%、
2型には2~10%の日本人が感染していると言われています。

普段はおとなしくしているヘルペスウイルスですが、
ストレス、疲労、発熱、加齢などにより免疫力が低下すると、
潜んでいたウイルスが活発になり、
神経節の神経に沿って皮膚や神経を攻撃しながら増え始めます。
これが、口唇ヘルペスや帯状疱疹などです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

老眼 [病気・症状まとめ]

こんにちは。青山です。

老眼は、
水晶体(レンズの役割)や毛様帯筋(水晶体の厚さを調節する筋肉)の弾力が落ちて、
近い所にピントが合わせずらくなるもの。
特に視力が良い人は、40才代になると徐々に老眼が始まります(個人差有)。

近視の人は老眼にならないわけではなく、
今まで近くにしないと見えなかったものが、
そんなに近くにしなくても見えるようになる。
でも、あまり不便を感じないと、自覚がないことが多いそうです。

老眼鏡を一度かけると、それに慣れて甘えてしまいます。
私も老眼鏡を持っていますが、それを実感しています。

毛様帯筋も筋肉ですから、筋トレが重要。
老眼鏡を作りに行った時、目の検査をいろいろ受けたのですが、
検査をやっているうちに、見えなかったものが見えるようになりました。
検査で目を使っていることが網様帯筋の筋トレになり、強化されたわけです。
できるだけ自分の目で見るよう努力することで、
老眼の進行を遅らせることができるそうです。

生命体が老化していくのは自然の摂理。
でも、そのスピードを少しでも緩やかにしたい。
そのためにできることはやっていきたいなと思ってます。

もちろん、鍼灸治療は目の健康にも有効です!!




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 病気・症状まとめ ブログトップ