So-net無料ブログ作成
検索選択
食生活 ブログトップ
前の5件 | -

安全な食品は体が軽くなる [食生活]

こんにちは。青山です。

私はできるだけ農薬・食品添加物などが入っていない
安全なものを食べるようにしています。

そうするようになったのは、鍼灸の道に入ってからですが、
一気に変えたのではなく、少しずつオーガニック比率を上げていきました。
今、自分で買う食材はほぼ100%オーガニックのものです。
ただし、外食もしますし、場によってはなんでも食べます。

しかし、10代20代は普通にスーパーで買った食材を使っていました。
20代は今より外食が多かったです。
コンビニ弁当やスナック菓子はあまり食べなかったですが。。。
この頃、病気というわけではありませんが、
なんだかいつも体が全体的に重だるかったのです。
農薬・食品添加物をできるだけ避けるようになって「改めて感じるのですが、
体の重さは、農薬や食品添加物のせいだったのでは?と思います。

その頃、特にジャンキーなものを食べていたわけではないですし、
基本自炊をしていました。
しかし、私って割と敏感だったのかもしれません。

農薬や食品添加物が体から少なくなると、
体がとても軽いと感じるのです。
もちろん鍼灸治療のお陰で、体調が良くなったこともあります。
鍼灸治療と食生活の相乗効果なのでしょうが、
食事も大きく影響しているのを実感しています。



青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

ヘム鉄と非ヘム鉄 [食生活]

鉄分の多い食材といって思い浮かぶのは、
レバーとほうれん草。
両者の違いは?
動物性と植物性ですね。

動物性食品に多く含まれる鉄を、ヘム鉄
植物性食品に多く含まれる鉄を、非ヘム鉄
といいます。

そして、
ヘム鉄の方が、非ヘム鉄より鉄分の吸収率が高いのです。
すなわち、ヘム鉄の食材を食べた方が、
鉄の吸収効率がいいということ。

ヘム鉄(動物性食品)の吸収率=約25~35%
非ヘム鉄(植物性食品)の吸収率=約5~6%

ヘム鉄を多く含む食材
鶏レバー、豚レバー、牛レバー、牛はつ、卵黄、あさり

非ヘム鉄を多く含む食材
あおのり、ひじき、インゲン豆、納豆、小松菜、ほうれん草、切り干し大根

また、鉄分はビタミンCといっしょに取ると吸収率が上がります。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

自分の体の反応を信じよう [食生活]

こんにちは。青山です。

私はペットボトルのお茶を飲むと、
胃が硬くなり、体がなんとなくだるくなるのを感じます。
自分の家でふつうに急須で入れたお茶は大丈夫なんですけどね。
お茶っていうと、健康にいいような気がするけど、
ペットボトルのお茶は何度飲んでも具合が悪くなるので、
飲むのをやめました。

最近、小耳に挟んだ情報ですが、
ペットボトルのお茶は、〇国産の茶葉を使っているとか。。。
その割合や詳しい情報は無いのですが、、、
それを聞いて、納得しました。
私は今まで〇国産のものに、何度もやられてきたからです。

〇国には、研修旅行で一度行ったことがあります。
その時、ひとくち食べた揚げパンで、全身から冷や汗がでて、震えがきました。
完全あたった感じ。

その旅行でお土産に買った高級ジャスミン茶、
ひとくち飲んで、思いっきり吐きました。

〇国産のうなぎを食べ、なんとなく変だなと感じ、気持ちが悪くなり、
その後2年ほど、うなぎが食べれなくなりました。
うなぎを食べた2ヶ月後、
ニュースで、規定値以上の保存料か何か(劇薬?)が使われている、と話題になりました。

そんなことを思い出すと、
ペットボトルのお茶のこと、納得ができます。
そして、体の声を信じること、大事にしたいなと思います。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

よく噛みましょう [食生活]

こんにちは。青山です。

みなさん、よく噛んで食べていますか?
もちろん!という方もいれば、
そういえばそんなこと、忘れていた、
という方もいらっしゃるのでは?

私も忙しいとついついササッと食べてしまいます、、
反省、反省。。。

よく噛んで食べた方が、消化にいい、ですよね。
口は第二の胃袋ともいえるのです。

また、よく噛んでいると、その食べ物の本当の味、本質が
感じられてきます。
最初に感じた味から、奥に隠れていた味が出てきたりするのです。
表面だけではわからない、、、
これって、食べ物だけでなく、多くのことに共通してますね。

治療も同じ。
表面的なものが取れると、
その奥に隠れていた本質的なものが出てきたりします。
興味深いものです。




●青山鍼灸院HP




nice!(0) 
共通テーマ:健康

鉄分を多く含む食品 [食生活]

●鉄分を多く含む食品

【食品名 100g中の鉄含量 】

豚レバー 13.0mg
鶏レバー 9.0mg
牛肩肉(和牛・赤身) 2.7mg
カツオ 1.9mg
マイワシ(生) 1.8mg
マイワシ(丸干し) 4.4mg
アサリ 3.8mg
シジミ 5.3mg
パセリ(生) 7.5mg
ブロッコリー(生) 1.0mg
ほうれん草(生) 2.0mg
ヒジキ(乾燥) 55.0mg
切り干し大根(乾燥) 9.7mg
大豆(国産) 9.4mg

●レバーは、含有量、吸収率ともに鉄分補給にとても効果的な食品。

●鉄分は、ビタミンCといっしょに取ると効果的。
(ビタミンCは、鉄分を吸収しやすい形に変えてくれるから。)







nice!(1) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 食生活 ブログトップ