So-net無料ブログ作成
冷え性対策 ブログトップ
前の5件 | -

足先の冷え取り入浴法 [冷え性対策]

こんにちは。青山です。

私が、冷え性、特に足・足先が冷える方へ
よくおすすめする入浴方をご紹介します。

上半身はそれほど冷えていないけど、
足、足先が冷えているということは、
身体に熱のアンバランスがあるわけです。
下は冷えているけど、上はそれほどでもない、または温かい。
このように
熱のアンバランスがあるままお風呂に入って全身を温めても、
バランスの悪さは解消されにくいのです。
だから、お風呂からあがると、すぐに足は冷えてしまう。

そこでおすすめなのが、この入浴法。

まず、お湯をやや熱めにします。(40~43度:個人の好み、季節などで調節して下さい。)
浴槽のヘリに服を着たまま、足をお湯につけ足浴。
バスタブだから、膝下くらいまでしっかり足浴できます。
この時、汗をかいてもいい服装で行ってくださいね。
洋服を着て行うのは、身体が冷えないようにするためです。

保温効果を高めるのであれば、足を入れるスペースを残して湯船にフタをします。
10~20分、汗が出るくらい足をつけておきます。
先に、冷えている足をしっかり温め、
身体の温度のアンバランスを解消するわけです。

後は普通に入浴します。
お湯の温度はお好みで!

たったこれだけのことですが、身体全体がバランスよく温まります。

頑固な冷えがある方は、
一度やっただけで、冷えがすべて解消するわけではないでしょう。
でも続けていくと効果があります。

本気で足・足先の冷えを改善したい方は、
足・足先の冷えが楽になってきた、と感じられるまで、
毎日やってみてください。
最初は集中的にやった方が、効果的です。

その毎日が、1週間なのか、2週間なのか、それ以上なのかは、
個人差があります。
やってみてどうか、ということ。

そうそう、
もちろん、お風呂からあがってから、足・足先を冷やしてはだめですよ!



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

レッグウォーマーは便利 [冷え性対策]

こんにちは。青山です。

気温が一気に下がました。
ここまで冷えるとは、体も神経もびっくりです。

こんな時役に立つのがレッグウォーマー!
肘や足に冷えを感じたので、すぐに装着しました。
レッグウォーマーは足だけでなく、
肘でも手首でも使えます。
暑くなれば、はずせばいいので便利です。
私はいつでも準備してあります。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冷えは汗と共に出ていく [冷え性対策]

かなり冷えの強いKさん、
とにかく冷え解消に焦点をあてて治療をしていました。
すると毎回毎回、滝のようにドバーっと汗びっしょり。
よくもこんなに汗がかけたものだと本人もびっくり。

冷えは汗と共に出ていくのです。

春夏秋冬、治療で大汗をかき、冷えを出し続けました。
すると、「去年の冬より楽~。」
年々寒さに対して強くなっていったのです。

Kさんがはじめにいらした時、
冷えだけでなく、基本的な体力も低下していました。
いくら寝ても休んでも疲れがとれないと。

自分のエネルギーが低下していたので、
冷えを追い出すことも出来なかったのだと思います。

今ではかなり冷えが改善され、基礎体力もついたと実感しておられます。

深~いところの氷河のようにかたまった冷えを解消していくのは、
ある程度の時間がかかります。
もちろん日頃の生活で、身体を冷やさないよう注意も必要。
しかし努力した分、確実に身体が楽になっていくでしょう。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

足先の冷え解消法 [冷え性対策]

こんにちは。青山です。

足先の冷え解消法をご紹介します。

冷え解消のための4つのポイント
・温める
・冷やさない
・運動・動かす
・刺激を与える
これは足先に対しても同じです。

・冷やさないために、「冷え取り靴下」はおすすめです。
私も昔から当たり前のようにやってます。
冷え取り靴下だけで足先の冷えが解消されるのであれば、
それでOK。
しかしそれだけではなかなか温かくならない場合は、
もっと積極的に徹底的に改善策を行う必要があります。

・私がおすすめする足を温めるのにおすすめの入浴法です。
足先が特に冷える方へ足浴入浴法

・足指の腹にお灸をする
この時、足指がある程度温まっている状態でやった方が効果的です。
当院ではホットパックや遠赤外線、コウケントーなどを併用し、
効果的にお灸を行います。
足先の冷えを解消するには、やはり毎日やらなくては
効果が出にくいです。
最初のうちは、一回に3セットくらいやってもいいです。

kokento.jpg



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冷え性改善のための4原則 [冷え性対策]

「冷え性改善のための4原則」
それは温める・冷やさない・運動・刺激を与える。
どれかひとつだけでは、なかなか改善しないもので、
これらを総合的に取り組んでいくことで、冷え性改善につながっていきます。

●温める

冷えているから温める、これは基本といえますね。
温める方法として、入浴、温泉、岩盤浴、サウナ、湯たんぽ、カイロ、ホットパック、暖房などがあるかと思います。

●冷やさない

いくら温めても冷やしてしまっては、もとも子もありません。お風呂でしっかり温まっていても、寒い冬、素足や薄手のストッキングだけでは冷えてしまうでしょう。 冷やさないためには、腹巻、温かい下着、靴下(厚手の靴下)、タイツ、マフラー、手袋、帽子など、防寒を意識した衣類で体が冷えないようカバーします。

また、冷やさないよう気をつけていても温めることをしなければ、冷えたまま、なかなか温まらないということも多々あります。 温めることと冷やさないこと、両方が必要ですね。

●運動

温めて冷やさないよう気をつけても、それだけでは根本的な改善にはなかなかなりません。運動をすることで血流をよくすることが大切。 温めるだけでも血流は改善しますが、温めるのをやめればまた冷えてしまいます。冷えにくい温かい体を作るためには、運動も必要なのです。 筋肉を動かすことで血流が活発になり、体が温かくなります。

●刺激を与える

マッサージやツボ刺激、お灸などで刺激を与えることで血流が改善します。特に足先や手先の冷えは、全身運動や温めるだけではなかなか冷えが改善しません。鍼灸治療を行ってきての経験上、その部分へ積極的に刺激をすることがとても重要です。

また、運動と刺激を与えることによって、末端の毛細血管が増えたり太くなり、冷え改善につながります。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 冷え性対策 ブログトップ