So-net無料ブログ作成
検索選択

腰痛と腹筋 [腰痛]

こんにちは。青山です。

鍼灸治療をしていると、前かがみの姿勢になることが多いんです。
前かがみの姿勢を長く続けることは、腰痛の要因のひとつ。
前かがみになる時は、腹筋を使って体を支えるよういつも意識をしています。

また、なるべく無理な姿勢をとらないよう工夫もしています。
軽い運動や、ストレッチもやっています。
そのお陰か、腰に疲れを感じることはあっても、
今のところ痛くなることはありません。

でも、私もかつて(10代の頃)腰痛、坐骨神経痛がありました。
どうして良くなったかというと、
治療および姿勢を気をつけて、腹筋を意識するようになったから。

当時、骨盤の角度が少し前傾してことに気づきました。
(腰が反った状態ということ)
で、その角度を改善したのです。
そのためには、腹筋の使い方が重要。

腹筋を使って腹腔に内圧をかける。
そしてちょうどよい角度になるよう、意識する。

また、腹筋を使って腹腔に内圧をかけることは、
腰の骨そのものへの負担も軽減してくれます。


たったこれだけで、特別な療法などは、やっていません。
続けているとそれが普通になるので、大した苦労はありませんでした。

そう気をつけるようになってから、特に腰痛は出ていません。

ただ、今でも長い時間寝た時は、腰が硬くなって疲れを感じるので、
予備軍ではあると思います。油断大敵、気をつけないとですね。


青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

デスクワークの腰痛 [腰痛]

こんにちは。青山です。

昔は、使い過ぎ、労働しすぎによる腰痛が多かったのですが、
最近では長時間座りっぱなしで動かないための腰痛が増えています。
おもにデスクワーク、乗り物のドライバーもそうです。

座りっぱなしからくる腰痛の場合、
動き過ぎによる腰痛より下の方(仙骨辺り)に
痛みが出ることが多いようです。

腰は、使い過ぎても、じっとし過ぎてもいけないということです。
これは、腰だけでなく、他の筋肉にとっても同じ。
健康には「適度に動かす」が大切なんですね。

動かないと、血液の循環が悪くなり、筋肉が硬くなる。
また、筋力も低下し、腰にかかる負担が多くなる。
猫背やどちらかに偏るといった姿勢の悪さも腰痛の原因のひとつ。

改善するには、これらの要因を取り除けばいいのです。
適度に動く。運動をする。
筋力をつける。
姿勢を改善する。
そんなことが大切ですね。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

ブロック注射のその後 [腰痛]

こんにちは。青山です。

当院の患者様のEさん、
ある日突然、臀部から太ももの裏にかけ、
動けないほどの痛みとしびれが出てました。

緊急で近くの整形外科に行ったところ、坐骨神経痛と診断。
そして「血管を広げ、血流をよくする効果がある」と言われ、
ブロック注射を受けました。
これである程度痛みは引いたそうです。

それから数日後、再び痛みとしびれが出て、動けなくなりました。
最初の症状より悪くなっていたそうです。

たぶん、、、
ブロック注射で痛みが緩和されたため、
それほど安静にはせず、普通に生活をした。
しかし、患部は治ってたわけではありません。

そして、ブロック注射の効果が切れたため、
本来の痛みやしびれが出てきた、、
ということではないかと思われます。

ブロック注射は、痛みやしびれの感覚をやわらげるもので、
根本的に治療をするものではありません。
ですから、ブロック注射をして痛みが緩和したからといって、
どんどん動けば、悪化するわけです。

ブロック注射というものが、どういうものか、
しっかり理解した上で受ける必要があるだろうな、と思います。
青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

ギクっとやってないぎっくり腰 [腰痛]

こんにちは。青山です。

だんだん腰の痛みがひどくなり、
ギクっという決定的な瞬間がないのに、ぎっくり腰のようになる、
これも一種のぎっくり腰です。

もともと負担がかかり弱っていた腰の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨(軟部組織)などに、
徐々に、徐々に、亀裂が入り、損傷していったのです(>o<)
金属疲労みたいな感じですね。

対処方法は、通常のぎっくり腰と同じです。

ぎっくり腰ではないと思って、強揉み指圧・マッサージを受けると、
さらに組織の損傷をひどくし悪化することがありますので、ご注意下さい。

また、このような症状は腰だけに起こるのではなく、
首、肩、背中などでも起こります。
「ぎっくり肩」といってもいいかもしれません。

最近、そういう症状の方が多いようです。
お気をつけください。



青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

腰痛の人は硬い布団がいい? [腰痛]

こんにちは。青山です。

よく、腰痛の人は硬い布団に寝た方がいい、と言われたりします。
ベッドをやめ、床の上に布団をひかずに寝たら、腰痛がよくなった、
なんて話を聞いたこともあります。
はたして、どうなんでしょうか?

私は10代の頃、腰痛がありました。
朝スムーズに起き上れなくて、いたたたた、、という状態。
坐骨神経痛もありました。

そのころから何でも試してみる私は、いろいろやってみましたよ。
まず、床の上に布団を敷かずに寝る、
これは、、、いろいろな骨が床にあたって痛すぎました。
痛くて何度も目が覚めて、、、私にはNG。
これで平気な人もいるなんて、、びっくりです。

ムアツ布団は、点で身体を支えるから腰にかかる負担が楽になる、
と言われていますが、、、
私には、身体が布団にすっぽりはまって、
寝返りをしにくくなり、筋肉が固まってしまい、
結果的に腰痛悪化。
私には合いませんでした。

結局、、、自分に合った適度なクッション性が一番いい、という結論に。

以前はベッドもしくは床の上に布団を2枚重ねて寝ていました。
これは私にはちょっと固めなんだけど、まあまあ、、ということで。

今は、あるメーカーのベッド、これがとても寝心地がよく、
合っているみたいです。

これがいい、こうするといい、といっても、人それぞれです。
自分に合うかどうか、これが大切ですね。




青山鍼灸院HP



nice!(1) 
共通テーマ:健康