So-net無料ブログ作成
検索選択

ブロック注射のその後 [腰痛]

こんにちは。青山です。

当院の患者様のEさん、
ある日突然、臀部から太ももの裏にかけ、
動けないほどの痛みとしびれが出てました。

緊急で近くの整形外科に行ったところ、坐骨神経痛と診断。
そして「血管を広げ、血流をよくする効果がある」と言われ、
ブロック注射を受けました。
これである程度痛みは引いたそうです。

それから数日後、再び痛みとしびれが出て、動けなくなりました。
最初の症状より悪くなっていたそうです。

たぶん、、、
ブロック注射で痛みが緩和されたため、
それほど安静にはせず、普通に生活をした。
しかし、患部は治ってたわけではありません。

そして、ブロック注射の効果が切れたため、
本来の痛みやしびれが出てきた、、
ということではないかと思われます。

ブロック注射は、痛みやしびれの感覚をやわらげるもので、
根本的に治療をするものではありません。
ですから、ブロック注射をして痛みが緩和したからといって、
どんどん動けば、悪化するわけです。

ブロック注射というものが、どういうものか、
しっかり理解した上で受ける必要があるだろうな、と思います。
青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

ギクっとやってないぎっくり腰 [腰痛]

こんにちは。青山です。

だんだん腰の痛みがひどくなり、
ギクっという決定的な瞬間がないのに、ぎっくり腰のようになる、
これも一種のぎっくり腰です。

もともと負担がかかり弱っていた腰の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨(軟部組織)などに、
徐々に、徐々に、亀裂が入り、損傷していったのです(>o<)
金属疲労みたいな感じですね。

対処方法は、通常のぎっくり腰と同じです。

ぎっくり腰ではないと思って、強揉み指圧・マッサージを受けると、
さらに組織の損傷をひどくし悪化することがありますので、ご注意下さい。

また、このような症状は腰だけに起こるのではなく、
首、肩、背中などでも起こります。
「ぎっくり肩」といってもいいかもしれません。

最近、そういう症状の方が多いようです。
お気をつけください。



青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

腰痛の人は硬い布団がいい? [腰痛]

こんにちは。青山です。

よく、腰痛の人は硬い布団に寝た方がいい、と言われたりします。
ベッドをやめ、床の上に布団をひかずに寝たら、腰痛がよくなった、
なんて話を聞いたこともあります。
はたして、どうなんでしょうか?

私は10代の頃、腰痛がありました。
朝スムーズに起き上れなくて、いたたたた、、という状態。
坐骨神経痛もありました。

そのころから何でも試してみる私は、いろいろやってみましたよ。
まず、床の上に布団を敷かずに寝る、
これは、、、いろいろな骨が床にあたって痛すぎました。
痛くて何度も目が覚めて、、、私にはNG。
これで平気な人もいるなんて、、びっくりです。

ムアツ布団は、点で身体を支えるから腰にかかる負担が楽になる、
と言われていますが、、、
私には、身体が布団にすっぽりはまって、
寝返りをしにくくなり、筋肉が固まってしまい、
結果的に腰痛悪化。
私には合いませんでした。

結局、、、自分に合った適度なクッション性が一番いい、という結論に。

以前はベッドもしくは床の上に布団を2枚重ねて寝ていました。
これは私にはちょっと固めなんだけど、まあまあ、、ということで。

今は、あるメーカーのベッド、これがとても寝心地がよく、
合っているみたいです。

これがいい、こうするといい、といっても、人それぞれです。
自分に合うかどうか、これが大切ですね。




青山鍼灸院HP



nice!(1) 
共通テーマ:健康

腰痛の種類 [腰痛]

こんにちは。青山です。

腰痛と言っても、いろいろあります。
ポイントは、
器質的に問題があるか、無いか。

たとえば、、、
ヘルニアがある(腰椎椎間板ヘルニア)、
脊柱の間が狭くなっている(脊柱管狭窄症)、
脊椎がずれている(腰椎変性すべり症)
などの、実際に変性のある状態か、そうでないか。

その辺の事は、整形外科などで検査しないとわからないことです。

また、腰には異常はなく、脳の問題からくる腰痛もあります。

ひどい腰痛がある場合、
まずは病院で診断してもらいましょう。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

替え靴 [腰痛]

こんにちは。青山です。

長年慢性腰痛をかかえるMさん、
仕事も家のこともバリバリこなし、いつも忙しくしています。

ある日、仕事の合間に時間を作って治療にいらっしゃいました。
ふと見ると、パンプス。


「やはり仕事だとパンプスなどを履かなくてはならないんですね。
それだけひどい腰痛だと、さぞかし辛いでしょう。」

Mさん
「いや、ずっとパンプスなんて無理です。
だから替え靴を持って歩いてるんですよ。
荷物になるけど、それでもその方が楽だから。」


「えらい!そこまでやる人は、そう多くはいないんですよ。
Mさん、ほんとえらい!」

Mさん
「必要に迫られてですよ!」
そう言って、靴専用のバッグと靴を見せてくれました。
そして、パンプスとぺたんこ靴をチェンジしてお帰りになりました。




●青山鍼灸院HP





nice!(0) 
共通テーマ:健康