So-net無料ブログ作成
女性の身体いろいろ ブログトップ
前の5件 | -

鉄分の種類 [女性の身体いろいろ]

鉄分の多い食材といって思い浮かぶのは、
レバーとほうれん草。
両者の違いは?
動物性と植物性ですね。

動物性食品に多く含まれる鉄を、ヘム鉄
植物性食品に多く含まれる鉄を、非ヘム鉄
といいます。

そして、
ヘム鉄の方が、非ヘム鉄より鉄分の吸収率が高いのです。
すなわち、ヘム鉄の食材を食べた方が、
鉄の吸収効率がいいということ。

ヘム鉄(動物性食品)の吸収率=約25~35%
非ヘム鉄(植物性食品)の吸収率=約5~6%

ヘム鉄を多く含む食材
鶏レバー、豚レバー、牛レバー、牛はつ、卵黄、あさり

非ヘム鉄を多く含む食材
あおのり、ひじき、インゲン豆、納豆、小松菜、ほうれん草、切り干し大根

また、鉄分はビタミンCといっしょに取ると吸収率が上がります。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

鉄分 [女性の身体いろいろ]

鉄分の多い食材といって思い浮かぶのは、
レバーとほうれん草。
両者の違いは?
動物性と植物性ですね。

動物性食品に多く含まれる鉄を、ヘム鉄
植物性食品に多く含まれる鉄を、非ヘム鉄
といいます。

そして、
ヘム鉄の方が、非ヘム鉄より鉄分の吸収率が高いのです。
すなわち、ヘム鉄の食材を食べた方が、
鉄の吸収効率がいいということ。

ヘム鉄(動物性食品)の吸収率=約25~35%
非ヘム鉄(植物性食品)の吸収率=約5~6%

ヘム鉄を多く含む食材
鶏レバー、豚レバー、牛レバー、牛はつ、卵黄、あさり

非ヘム鉄を多く含む食材
あおのり、ひじき、インゲン豆、納豆、小松菜、ほうれん草、切り干し大根

また、鉄分はビタミンCといっしょに取ると吸収率が上がります。

月経がある女性にとって鉄分は特に大切です。
意識して摂取しましょう。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

婦人科系のツボ [女性の身体いろいろ]

婦人科系に効くツボをご紹介します。
(生理痛、月経前症候群、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣のう腫など)

婦人科系のツボ1

三陰交(さんいんこう):内くるぶしの中心から指幅4本分(約5cm)上、骨の後ろのふち

血海(けっかい):膝のお皿の内側、上端から指幅3本分(約4cm)上

水泉(すいせん):内くるぶしから斜め下のくぼんだ所

これらのツボは子宮とつながっています。

実際に治療をしてきて、
三陰交やかかとは、子宮の状態を表わしているな、と感じます。

お灸をしたり、ツボ指圧をしてください。


つづいて、婦人科系のツボ・お腹と腰

onaka-fujin.jpg

気海:身体の中心線上、おへそから指幅2本分下
関元:身体の中心線上、おへそから指幅4本分下
中極:身体の中心線上、おへそから指幅5本分下
大巨:おへその外側指幅3本分、そこから指幅3本分下


koshi-fujin.jpg

腎兪:直立した時肘が脇腹にあたる位置と同じ高さの背骨から、左右外側へ指幅2本分
上髎・次髎・中髎・下髎(左右合わせて「八髎穴」と言います):
  仙骨には左右に4つずつくぼみがあり、上から順に上髎・次髎・中髎・下髎




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

子宮筋腫と遺伝 [女性の身体いろいろ]

こんにちは。青山です。

子宮筋腫は遺伝するのか?

私がいままでみてきた子宮筋腫がある患者様で、
自分の親や姉妹もある、という人、
確かに多いですね。
受け継がれたる体質というのは、あると思います。

ですから、自分の母親がどうだったかは、
よく聞いて、知っておいた方がいいかと思います。
未然に防げることもありますし、
小さく抑えることもできます。

子宮筋腫は、東洋医学的にいうと「おけつ・おけつ体質」になります。
おけつ体質を改善するには、
1、2回の治療でなんとかなるようなものではありません。

どのくらい時間がかかるのかは個人差がありますが、
持って生まれた体質だと、つねにケアをした方がいいものです。

鍼灸治療や漢方薬である程度改善したとして、
その後、何もしなければ、もとに戻ってしまいやすい、、、それが体質というものです。

また子宮筋腫を、手術で摘出したとします。
しかし再発しやすい。

これは、取ったからといって、筋腫をつくってしまう身体の体質や傾向というものは、
なくならないからです。
体質は、手術では改善できないのです。




青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

鉄欠乏性貧血の原因 [女性の身体いろいろ]

こんにちは。青山です。

前回の記事で、私の鉄欠乏性貧血についてご紹介しました。
では、なぜ鉄欠乏性貧血になったのか?

重度の鉄欠乏性貧血とのため、
体のどこかで出血をしている疑いがある、ということで、
体内を徹底的に調べました。

おもに考えられる体内の慢性的な出血は、
・月経過多
・悪性腫瘍
・潰瘍性大腸炎
などが考えられます。

検査の結果、悪性腫瘍および潰瘍性大腸炎は認められず、
子宮筋腫による月経過多が原因ということになりました。

その後月経過多はどうなったかといいますと、
すでに10ヶ月ほど月経がきていません。
たぶん閉経だろうと思います。
なので、出血過多ということがないので、
鉄欠乏性貧血が進むこともなくなりました。




青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 女性の身体いろいろ ブログトップ