So-net無料ブログ作成
生理痛 ブログトップ
前の5件 | -

私も生理痛持ちでした [生理痛]

こんにちは。青山です。

かつて私はかなりひどい生理痛でした。

それはそれは、のた打ち回るほどの痛み、
お腹を剥ぎ取ってしまいたいくらい!

生理痛の相談に初めて婦人科に行ったのは20才の頃。
診察すると、子宮などには特に問題はない。
だから、生理痛はしょうがない!とのことでした。

時代的に婦人科疾患に対してまだまだ閉鎖的な頃だし、
診たのは、かなり年配の男性。
病気じゃないから、知ったこっちゃない、
そんな風に扱われました。

私「けっこう激しい運動をしているので、そのせいかと思うのですが…。」
先生「だったらそうなんじゃない。」

私「どうしたらいいんでしょうか?」
先生「その運動をやめればいいんじゃない」

今だったらその時の対応に激怒だけど、
20才の私はまだ幼くて、生理痛は仕方ない、がまんのみ、
そんな時期を過ごしていました…。


青山鍼灸院HP



nice!(0) 
共通テーマ:健康

生理中の首肩こりはいつもの首肩こりとは違う [生理痛]

こんにちは。青山でdす。

私も以前は、かなりの首肩こりでした。

で、気づいたのですが、
生理の時の肩こりは、ふつうの時の首肩こりと違うのです。

何が違うのかというと、生理の時は、
通常の首肩こりの治療(鍼やお灸、マッサージなど)をしても、
効かない!変わらない!楽にならない!

何でだろう…?

そもそもの原因が違うからです。

通常の肩こりは、
使い過ぎ、姿勢の悪さ、運動不足、ストレスなどから、
血流が悪くなり、筋肉が硬くなってしまっている。

しかし、生理痛の時は、その原因が生理によるもの、
すなわち、女性ホルモンのバランスの変化や子宮の変化からくるもの、
だから、婦人科系の状態が改善しなければ、楽にならないのです。

そう、私はかなりの生理痛持ちでもありました。

鍼灸治療を受け、自分でも治療をするにつれ、
生理痛は、徐々に楽になっていきましたが、
生理の時の肩・首のこりは、最後までなかなか楽になりませんでしたね。

最近やっと、です、楽なったのは。。。






(c)Copyright 青山鍼灸院 All Rights Reserved



nice!(1) 
共通テーマ:健康

患者Eさんの声:その後2 [生理痛]

こんにちは。青山鍼灸院のaoyamaです。

以前、「患者さんの声」ということでご紹介したEさん、
生理痛のため長年服用してきたピルを、やめました。
Eさんのピルに関する記事はこちらをどうぞ
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/e-san04

あれから1年以上経ったある日、Eさんがこう言いました。

「何の前ぶれもなく生理が始まったんです。
以前だったら、生理がくる前、お腹や腰が痛くなったり、
胸が張ったり、頭痛や吐き気がしたり、、、
いろいろな不快な症状があったんだけど、
それらが、ま~ったく何にも無かったんです!
もう、びっくりしちゃいましたっ!!(喜)」

ますます健康になっているEさん、
こういう患者さんの声を聞くたびに、
鍼灸師でよかったな~とつくづくうれしく思います。



●今日のよもぎはこちら
http://aoyama-yomogi.blog.so-net.ne.jp/







nice!(0) 
共通テーマ:健康

生理痛をあきらめないで! [生理痛]

(つづき)

20才の頃からの激しい生理痛との生活。
あれからどれだけの月日が経ったかはご想像におまかせするとして、
やっと最近、上手に付き合えるようになったなあ、と思います。
長い長い時間がかかりました。
少しずつ、少しずつ、体験しながら学んできた感じです。

その経験があったからこそ、
患者さんには、そんなに時間をかけず、早く楽になってもらえるような、
治療とアドバイスが出来ると思います。

生理痛のつらい方、あきらめないで、必ず改善します。
それにはある程度の時間がかかるかもしれませんが、
その努力は、生理痛だけでなく、
身体全体の健康にもつながっていきます[黒ハート]




(c)Copyright 青山鍼灸院 All Rights Reserved

タグ:生理痛
nice!(0) 
共通テーマ:健康

生理痛の治療 [生理痛]

では、生理痛に対する治療を具体的に見ていきましょう。

〇まず、日ごろの治療・メンテナンス
・お腹や腰を冷やさないのは最低条件!
・婦人科系のツボに、お灸がおすすめ。(せんねん灸など)
・適度な運動も大切(運動に関しては、カテゴリー「リフレッシュ体操」などをご参考下さい。)

生理痛・月経前症候群の起こる2,3日前の徹底的治療 ←これが重要!!

・三陰交・水泉・血海など婦人科系のツボにたくさんお灸。
 せんねん灸だったら、一か所に2,3回。

・お腹や腰のツボにも、できればお灸をする。
 腰のツボは、ひとりではできないので、無理はしない。
 お腹は、長時間出していると冷えてしまうので、要注意。

・お腹、腰(仙骨)にカイロを貼る。
 夏でも冷房のきつい場所では冷えるので、貼りましょう。
 ただし、炎天下や暑い場所でカイロを貼っていると倒れるおそれがあるので、
 臨機応変に対応して下さい。

・お風呂でしっかり温まる。いつもより長めに入りましょう。

・この時期に鍼灸治療を受けるのは、超おすすめ!



(c)Copyright 青山鍼灸院 All Rights Reserved


タグ:生理痛治療
nice!(1) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 生理痛 ブログトップ