So-net無料ブログ作成
五十肩 ブログトップ
前の5件 | -

関節 [五十肩]

こんにちは。青山です。

部屋のほこりは、すみっこや、曲がり角にたまりやすい。
トイレ掃除、便器のフチの裏側、毎日拭いているのに、
また汚れが溜まっている。。。

これは、体も同じなんです。

曲がり角というのは、関節
フチというのは、骨の際!
こういう所に邪気がこびりつき、溜まりやすいのです
[雷]

年をとると、関節に問題が出やすいですよね。

私の目から見ると、
年をとって痛みが出た時が始まりではなく、
長年の積み重ねによるものが、年をとって表面化した、ということ。

痛みが無いからといって、邪気が溜まっていないわけではないのです。
邪気が溜まりに溜まってある一線を越えると、現実的に症状として現れます。

年配の多くの女性が、膝、肘、肩、指などいろいろな関節に痛みをかかえています。
関節が変形したり、関節の間が狭くなることもありますが、、
こうなってからでは元にはもどりません。

では、どうしたらいいのでしょう?
痛みが出る前から、
関節に・身体に邪気をためないようにすることです!!


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

肩関節の吸い玉 [五十肩]

こんにちは。青山です。

この写真を見て、衝撃を受けた方がたくさんいらっしゃいます。
吸い玉

この写真、吸い玉をやったあとです。
みんながみんな、こうなるわけではなく、
この方が重症だからです。

関節は邪気が溜まりやすい場所!

関節は曲がり角であり、複雑な構造をしているわけで、
邪気が溜まりやすい場所、
そこで流れが滞りやすいのです。

たとえ肩関節に痛みが出ていなくても、
吸い玉をしてみると、肩関節周りに反応大の方が大勢いらっしゃいます。
いわば、五十肩予備軍ですね。

首や肩、背中、腰などの凝りや痛みを感じている方は結構いらっしゃいますが、
肩関節およびその周りの筋肉は、自覚症状がないことが多い。

痛みが出た時には、すでに立派な五十肩!というケースも多々あります。

どうぞ、肩関節およびその周辺への気配りをしてあげて下さい。

「私はどうなのかしら?」
やってみたい方は、どうぞお声をかけてください。






nice!(0) 
共通テーマ:健康

おすすめ肩こり体操 [五十肩]

こんにちは。青山です。

みなさまによくご紹介する肩こり体操。
横向きで寝てやるので、妊娠中の方もできます。
ほんとに効果的で気持ちいい体操です。

猫背になりがちな寒いこの時期、
ぜひやってみてください。


リフレッシュ体操9横寝肩まわし おすすめ!

写真のように横向きに寝て、上の腕を前から後ろへ、ゆっくり大きくまわします。
横寝肩まわし横寝肩まわし
横寝肩まわし横寝肩まわし横寝肩まわし

肩をまわす体操は、立った状態で行うことが多いと思いますが、
横に寝て行うことで、可動域が大きくなり、
胸・肩・背中の筋肉をしっかり動かすことができます。

ポイントは、ゆっくり丁寧に行うこと。
気持ちいいです、かなり効きます。
どうぞ、お好きなだけやってください。

また、寝っころがってやるのって楽! なんですよね。



リフレッシュ体操10横寝肘ひねり いちおし!

横に寝て肘を背中側に置いた状態で、肘をひねります。
横寝肘ひねり横寝肘ひねり
肩から肘の筋肉、胸の筋肉が伸ばされます。
肘の位置や、ひねる角度を微調整して
(この微調整がポイント!!)
気持ちがいいな~、効くう~という所でストレッチ。
途中、休憩を入れながら、心ゆくまで伸ばして下さい。

わかりにくい、という方は、直接ご指導いたしますので、
声をおかけ下さいね!


リフレッシュ体操11横寝肩ストレッチ

上の手を、身体の斜め上方向でベッドのヘリを持ち、身体を後ろに引きます。
すると、肩のつけね後ろ側が伸びます。
手をもっと上の方に持っていくと、脇が伸びます。
手の位置を微妙に変えることで、のびる筋肉の場所も変わります。
いろいろな位置を試してみてください。

横寝肩ストレッチ横寝肩ストレッチ
脇を伸ばすとき、ただ、腕を上げて伸ばすより、
この姿勢だとしっかり伸ばすことができて、気持ちいいです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

五十肩のお陰 [五十肩]

こんにちは。青山です。

五十肩でいらしたFさん、
最初整形外科に行って、電気をあてられ湿布と痛み止めをもらいました。
しかし、これでは治らないと直感したFさんは
鍼灸治療を受けるべく、当院にいらっしゃいました。

Fさんの体の状態を診てみると、
肩以外にも悪いところが目白押し。
目、頭痛、首肩こり、腰痛、婦人科系疾患、むくみ、胃腸、胆石の疑い、、、
などなど、さまざまな不調をかかえていました。

まずは五十肩の治療を中心にやりましたが、
それが落ち着いて終了ではなく、
他のところの治療をやっていきました。
次第に不調が和らぎ、あったはずの子宮筋腫や胆石もなくなりました。

Fさん曰く、
五十肩になってほんとによかった。
でなければ、鍼灸治療を受けようと思わなかったから。
五十肩さまさまです、とおっしゃいました。

そう、病は必ずしも悪いものではなく、
体からのメッセージとも言えます。

痛いから、不具合があるから、なんとかしようとする。
治っておしまいでなく、
Fさんのようにそれをきっかけに体全体を見直し、
メンテナンスをするようになった人も大勢いらっしゃいます。

では、命に関わるような重篤な症状はどうなのか?
それでも、そうおっしゃる人は大勢いらっしゃいます。
命がどちらであっても。。。

もっと早く気づけばよかった。。。
今になって思えば、メッセージはたくさんあった、
でも私は気づかなかった、無視してきたんです。
うおっしゃった方もいらっしゃいます。

また、気づいた時、重篤な状態であっても復活し、
その後の人生観が大きく変わった方もいらっしゃいます。
もちろん、変わらない方もいらっしゃいます。

おびえることはないでしょうが、
体からのメッセージをしっかり受け止めてあげてほしいなと思います。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

五十肩はたいしたことないうちに [五十肩]

こんにちは。青山鍼灸院のaoyamaです。

ある患者さんがこう言いました。
「ちょっと五十肩っぽいんです。
そんなにたいしたことないと思うんですけど。。。」

診てみると、症状はそれほどきつくないけど、
たしかに五十肩。
このまま何もしなければ、だんだん悪化して、
とてもつらい状況になるでしょう。

この、ちょっとつらい、たいしたことない、という段階で治療をすると、
治りが早いのです。

この方は、ずいぶん前から定期的に治療にいらしていただいています。
ですから、この段階で治療が開始できるわけです。

特に五十肩は、ケガなどとは違い、
長年の疲労の蓄積の結果、コップの水があふれて症状が出てくるようなもの。
この方も、徐々に溜まっていったのでしょうが、
年度末とても忙しかったため、肩を酷使し、症状が出てきたのだと思われます。

肩をしっかり鍼灸治療すると、
1回でずいぶん痛みがとれ、可動域も広がりました。

通常、たいしたことないレベルだと、
そのうち自然によくなるだろう、
気のせい? 気にし過ぎ?
と楽観視する方も多いかと思います。

まあ、初めての症状だと、わからないってこともあるし、
人間は、ほんとに痛い思いをしないと気づかないですものね。

しかし、五十肩も、腰痛も、ぎっくり腰手前、寝違え手前、風邪、そのたもろもろ、
早めの治療のほうが、早くよくなり、重症化しないものです。





青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 五十肩 ブログトップ