So-net無料ブログ作成
季節:冬 ブログトップ
前の5件 | -

筋肉をほぐしましょう [季節:冬]

こんにちは。青山です。

長らく冬をすごしてきて、
そろそろ身体が固まってしまっている人も多いはず!
「そういえば、運動なんて忘れてたっ!」
なんてね。

そんな方へ、こちらがお勧め。家の中でできます。
●リフレッシュ体操

筋肉をほぐして、血行を改善しましょう!


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

素肌が出てるところから冷えが、、、 [季節:冬]

こんにちは。青山です。

「耳なし芳一」はご存じでしょう。
耳にだけお経を書き忘れたため、
魔物たちに耳を取られてしまいました。

これで完璧だっと思っても、
思わぬ盲点や見落としがあったりするもの、
それを教えてくれているんだな、と思います。

冬の服装でも、そういう状態をよく見かけます。

レギンスを履いて温かくしているけど、
足首のちょっと上、三陰交の辺りだけ素足になっている、
他をガードしている分、ここから冷えがドドド~と入りやすくなります。

厚手のコートを着ているけど、
首まわりが大きくあいている。。。(おしゃれなんだけど。)
いくら温かくしても、首や胸から冷えはドンドン入っていきます。

しまっていないパジャマのすそや袖口、襟元から寝ている間に冷えが入り、
朝起きたら体が冷えてしまう。。。
冷え症の人にとって寝る時の服装は大切です。

温かくしているつもりでも、
ちょっとした隙間、素肌が露出しているところから、
冷えが入りやすいのです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冬の朝 [季節:冬]

こんにちは。青山です。

朝起きた時、
筋肉が硬くなっている、関節の動きが悪く、動きづらい、、
そんなこと、若いころは、感じたことなかったのに。。。
だんだん年齢を重ねれば、誰でもそうなっていくものです。

寝ている間、体の動き、内臓の働きが低下し、
血流もゆっくりになります。
特に冬は硬くなりがちです。

ある高齢の方の話ですが、
目が覚めてもすぐに起き上らないで、
30分ほど布団の中で、全身をさすって軽いマッサージをしてから布団から出る、
という方がいらっしゃいました。
これ、すごくいいと思います。おすすめですね。

もっと短い時間でもかまいません、
目が覚めたら、手足をゆっくり動かしたり、
体を軽くゆすったり、さすったり、
ある程度血行をよくしてから起き上るといいでしょう。

いきなり「のび」をするのは、けっこう危険です。
急に筋肉に強い刺激が加わることになり、
筋肉を痛めたり、足をつってしまうことも。。。

寒い日が続きますので、どうぞお気をつけください、



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

風邪のアフターケア [季節:冬]

こんにちは。青山です。

風邪をひいた患者さまが増えています。

多くの方が、風邪の症状が引くと風邪が完治と思うことでしょう。
でも私から観ると、まだなんです。

風邪をひくと、かなりエネルギーを消耗します。
そのため、症状が消えても体温が低めだったら、
疲れが取れなかったり、
なんとなく体がだるかったり。

風邪をひいている真っ最中は、
そのつらい症状を改善することに集中します。
でもその後で、消耗したエネルギーをしっかり補なうことも大切。
そこまでやって、完治といえるでしょう。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

丹田を冷やさないように [季節:冬]

丹田は、おへその3~6cmほど下にある気がたまる場所、エネルギーポイントです。

この「丹」という字は、「薬」という意味があるそうで、
丹田は、くすりを作る場所、という説があるそうです。

人間には、自分を治すための薬を自分で作る力があるということ。

一方、免疫細胞の7割が腸にあるとも言われています。

自分を治すための薬って、薬成分そのものというより、
免疫細胞のことと考えることもできるかと思います。

昔は西洋医学的な免疫細胞のしくみを詳しく知ることはできなかったでしょうが、
丹田を充実させていると、病気になりにくいとか、病気が治ったという例が、
たくさんあったのかもしれません。

これからますます寒くなります。
お腹を、丹田を冷やさないようにしましょう。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 季節:冬 ブログトップ