So-net無料ブログ作成
検索選択
免疫力 ブログトップ
前の5件 | -

免疫力と体温 [免疫力]

友人の看護師さんが言ってました。

「病気で入院する患者さんって、平熱が低いんだよね~。ほとんどが、35度台。
で、34度台になると、危ないって感じ。」

その方たちが、低体温だから病気になったのか、
病気になったから低体温になったのかはわかりませんが、
免疫力と血液の白血球の中のリンパ球、そして体温は密接に関係しています。

リンパ球の割合が、30~50%が良い状態。
これは、体温が36~37度の間の時。
36.5度くらいが、とくに良いそうです。

体温が低い(35度台)と、リンパ球が少なくなり、免疫力が低下します。

空気中には、さまざまな雑菌・細菌・ウイルスがあります。
また身体の中で、常に悪い細胞が出来ています。
でも病気にならないのは、リンパ球がいつも戦ってやっつけてくれているお陰。

だから、低体温の人はリンパ球が少ないので、戦う力が弱い、
すなわち免疫力が低い、したがって病気にかかりやすいのです。

ガン、膠原病、アレルギー、胃潰瘍、その他さまざまな病気のが、
体温の低い状態で起きているそうです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

免疫とは [免疫力]

免疫とは、
病原菌や細菌、ウイルスなどの外敵の侵入を防いだり、
体内に入ってきた外敵を殺したり、
体内にできた害をもたらす細胞を除去する自己防衛機能のこと。

人間の体の中では毎日ガン細胞が発生していると言われています。
では多くの人は、なぜ発病しないのでしょうか?

それはさまざまな免疫細胞が連動し、
ガンを死滅させるために働いているからです。

もし、免疫というシステムが体から無くなったとしたら、
私たちはすぐに何らかの病気にかかってしまうのです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

アナフィラキシーショック [免疫力]

免疫反応とは、ウイルスや細菌、異物(抗原といいます)などが体内に入った時、
これを異物と判断し、排除する仕組み。

最初に抗原が身体に入った時、抗体が作られます。
同じ抗原が2回目に身体に入った時には、
抗体があるため、1回目よりも急速で強い反応が起こります。

この2回目の反応が、生命を脅かすほど強いものをアナフィラキシーショックといいます。
主な症状は、
皮膚のかゆみ、浮腫 、失神 、顔面蒼白、失禁、呼吸困難、虚脱症状
など。

もしなってしまったら、またその疑いがある症状が出た場合は、
すぐに医療機関に行きましょう。

こういうものがあるということ、知っておいた方がいいと思います。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

免疫力アップのために [免疫力]

こんにちは。青山です。

免疫力をアップさせ病予防のために
私が実践していること、心がけていることです。

・鍼灸治療(そりゃ私は鍼灸師ですからね、もちろん自信を持ってみなさまにおすすめしています。)
・光線療法(コウケントー)
・体を冷やさない、高めの体温をキープする(ホットパック、入浴、衣類の工夫、その他)
・(ある程度)規則正しい生活
・なるべく不自然な化学物質を体内に入れない(これは食生活とも関係)
・バランスのとれた食生活
・よい睡眠
・楽しむ、笑顔
・好奇心をもつ
・人から、世間から、必要とされる
・よい人間関係(ただし1~2割はそうでない人がいてOK、それはスパイスみたいなもの?)



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

虫に刺されても、、、 [免疫力]

こんにちは。青山です。

虫刺されにお灸とくに点灸が効くということを
何度かご紹介してきました。

tenq-senko.jpg tenq-moeru.jpg

私も以前は蚊に刺されたらお灸をするようにしていました。
しかし最近では、お灸をしなくてもすむようになってきたのです。

先日も、かゆいなって思ったら腕を蚊に刺されていましたが、
そのままかかずにほっておきました。
約1時間後、ちょっと赤くなっているけど、かゆくない。
その後赤い小さい点があるけど、それだけ。
きっと白血球があっという間に退治したのでしょう。
これも免疫力がアップしたお陰だと思います。




青山鍼灸院HP




nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 免疫力 ブログトップ