So-net無料ブログ作成
検索選択
頭の話 ブログトップ
前の5件 | -

頭にたまっていたものは? [頭の話]

Nさんが最初当院にいらした時のセリフ
「私、頭がデカいんです!笑」

確かに、頭がブヨブヨ、特に側頭部は膨らんでもり上がっていました。
これはもともとだから仕方ないとNさんは考えていました。
しかし、私から見れば「これは無くなるもの!」
その後治療を続けるうちに、
頭の膨らみは小さくなり、
顔も小顔になっていったのでした。

では、いったい何がたまっていたのでしょう???

Nさんと話していて気づいたこと、それは、、
Nさんはもともと髪の毛がボワ~となってまとまりが悪い、
そのため整髪料を大量に使っていました。
ムースは3日で1本無くなっていたそうです。

その後、カットが上手な美容師さんに恵まれ、
整髪料を大量に使わなくてもいいようになりました。

もしかして、、きっと、、、たぶん、その整髪料が溜まっていたのでは?
整髪料は毛穴を通って頭の中に入ってしまいます。
それが停滞していたのかもしれません。

最近では、整髪料が毛細血管をこわしてしまい、
血流をさまたげてしまうということが言われるようになりました。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

良性発作性頭位眩暈症 [頭の話]

良性発作性頭位眩暈症(りょうせいほっさせいとういめまいしょう)とは、
内耳の中の古くなった耳石(カルシウムの粒)が三半規管の中に迷い込み、
頭を動かしたとき三半規管のセンサーが誤作動を起こすことによって発症するめまい。

ある頭の動きをした時、
発作的にグルグル回るまたはグラグラ揺れるような症状で、
数分以内に治り、繰り返すのが特徴です。
また何回も繰り返すうちに症状は軽くなってきます。
通常古くなった耳石は自然に吸収されますが、
運動不足の人はその働きが弱まり、発症しやすくなります。

治療法としては、
三半規管に迷い込んだ耳石を追い出すことができれば治ります。
特効薬はなく、唯一の治療法は運動療法です。

多くの場合は個人で「ラジオ体操」を行うよう指導されます。
「ラジオ体操」は色々な方向に頭を動かすことにより、内耳をかき回すことになり、
で三半規管から耳石を追い出すことができるのです。
また症状が改善した後も体操を続けることで、再発を予防できます。

良性発作性頭位眩暈症は、最近増えているそうです。
当院の患者様にも、いらっしゃいます。


青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

認知症予防 [頭の話]

こんにちは。青山です。

頭・脳の老化現象で避けたいのは、
認知症・アルツハイマーがあげられるでしょう。
これらを予防するのに、
鍼灸治療はとても有効なのではないかと思ってます。

最近、ヘッドスパが流行っているようですが、
それは頭が疲れている方が増えているからでしょう。
頭をリラックスすることは、とても気持ちがいいものですし、
ストレス解消に役立ちます。

頭への鍼灸治療は痛いものではなく、
逆にとても気持ちがいいもので、
究極のヘッドスパとも言えます。

また、頭には目、耳、鼻、自律神経などに関係した、
多くのツボがあります。
頭の施術をしていれば、これらすべてが網羅されるのです。

頭・脳は、五臓では「腎」がつかさどっています。
耳と同じですね。
年をとると、腎の気:腎精が減り衰えていきます。
すると頭・脳も耳も衰えていくというわけです。




青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

ここまで出てるのに思い出せない! [頭の話]

こんにちは。青山です。

あれなんだったっけ?
なんていうんだっけ?
あの芸能人、顔は浮かぶんだけど名前なんだったっけ?
あ~、ここまで出てきているのに、出てこない!

そういうこと、ありますよね。

治療中、患者さまとの会話でこのようなことがあると、
必ず思い出すようにしています。
思い出せなければ、ネットで調べます。
そのままにしないで、ちゃんと思い出し、
脳の回路をつなげるのが大切。
特に治療中は、頭も含め身体に刺激を与えている最中なので、
必要ですね。

先日もこんな会話がありました。

もとサッカーの日本代表選手で、
最近は解説者としてよくテレビに出ていて、
ロン毛で、顔が黒くて、背は小さくて、、、
あ~、顔はわかるんだけど名前が出てこない~!

さて、誰でしょう?



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

頭痛とヘルペスウィルス [頭の話]

頭痛には様々な原因がありますが、ヘルペスもそのひとつです
ヘルペスが原因で起こる頭痛は、さまざまな症状があります。

●片頭痛
ヘルペスウィルスにより頭部の神経が刺激を受け、
血管が炎症を起こすために頭部の血管が拡張し、
ズキズキと波打つような痛みの片頭痛を起こします。
また顔の半分にしびれなどを感じたあと片頭痛が起こり、
発疹が出る場合もあります。

●群発型頭痛
ヘルペスウィルスが頭部の神経を刺激することにより
目の後ろの動脈が拡張して頭痛を起こします。
もしくは、頭部の神経にヘルペスウィルスがはびこると
白血球がヘルペスウイルスを攻撃することで、頭痛が起こります。
群発型頭痛は、目をえぐられるような激しい痛みが特徴です。

●頭部神経痛(後頭神経痛)
ヘルペスが再発したとき神経が炎症を起こすと、
後頭部や耳の後ろが刺されるような強い痛みを感じます。
また神経痛だけではなく、
顔面神経麻痺、耳鳴り、難聴、めまい、顔の痛み、喉に違和感を感じる場合、
ヘルペスが原因で発症したハント症候群である可能性があります。

●ヘルペス脳炎
「重い急性脳炎」とも呼ばれています。
実際のところ、この病気の発症のメカニズムはわかっていません。
最初は軽い頭痛から始まりますが、
徐々に発熱、嘔吐、痙攣、頭痛、意識障害、けいれん、幻覚、錯乱、
せん妄もう状態、記憶障害、失語症などがあらわれます。
この症状があらわれた場合、神経内科、内科、小児科などに緊急入院が必要です。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 頭の話 ブログトップ