So-net無料ブログ作成
その他 ブログトップ
前の5件 | -

土用の丑の日(2017年) [その他]

こんにちは。青山です。

今年2017年の土用の丑の日は、
7月25日(火)と8月6日(日)

「土用の丑の日はうなぎを食べる」ということは、多くの人が知っていますが、
いったいどういう日で、なぜなのでしょう。

土用とは?
春・夏・秋・冬それぞれの季節と季節の間の期間(約18日間)を
「土用」といいます。
したがって土用の期間は年に4回あります。

東洋的な暦では、立春(通常2月4日)を一年の始まりとし、
この日が春の始まり。
立春の日から72日間が春、次の18日間が土用、
次の72日間が夏、土用の期間が18日・・・と続いていきます。

春(72日間)→土用(18日間)→夏(72日間)→土用(18日間)→
秋(72日間)→土用(18日間)→冬(72日間)→土用(18日間)→

※この日数だと、一年は360日になってしまいますが、
実際には5日分を微調整しています。

「土用の丑の日はうなぎを食べる」という場合、夏と秋の間の土用(夏の土用)をさします。

「土用」とは、「土の気」が旺盛になる期間です。
「土の気」には物を変化させる力があり、
この期間は季節の変わり目でもあることから、
とかく不安定な期間なのです。

丑の日
各日にちには、十二支:子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥が、
この順番で配当されています。この中の「丑の日」ということです。
十二支もそれぞれ五行の性質を持っていて、丑は「土」になります。

したがって、
「土用の丑の日」は、「土の気」がとても旺盛になる日、ということです。

そもそも夏のこの時期は、胃腸の働きが低下したり、体力を消耗して、
疲労がたまりやすいものです。
また東洋医学的で、「土」は臓腑でいうと「脾胃」(消化器系)の性質があり、
また「土」は変化を表わすので、消化器系が不安定になりやすい、といえます。

なぜ「うなぎ」なのか?
これにはいろいろな説があるようです。
ひとつに「土用の丑の日」には、”う”のつく もの、
たとえば瓜、うどん、ごぼう、などを食べるという風習がありました。
特にうなぎを食べるという習慣は、江戸時代からだそうです。

うなぎの旬は冬。
売り上げの落ちる夏に、なんとか売り上げをのばしたいと、
うなぎ屋が平賀源内に相談したところ、
「本日 土用の丑の日」と貼り出すよう指示。
これが大繁盛した、という説があります

夏バテしやすいこの時期に、体力・精力をつけるために、
栄養のある「うなぎ」を食べよう!ということが人々の心をつかみ、
習慣化したのでしょう。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 

ナノメートル [その他]

こんにちは。青山です。

最近「ナノ」「ナノ化」という言葉をよく耳にします。
「ナノ、ナノメートル」は、長さの単位。

長さは1メートル(1m)を基準にします。

1m
= 100cm
= 1,000mm
= 1,000,000μm(マイクロメートル)
= 1,000,000,000nm(ナノメートル)
(= 10,000,000,000Å(オングストローム))
= 1,000,000,000,000pm(ピコメートル)
・・・

当院で使用している鍼の直径は、0.16mm。

細菌の大きさは、1μm前後。
肉眼で見ることはできません。

ウイルスの大きさは、だいたい20~970nm(ほとんどは300nm以下)
肉眼で見ることはできません。




青山鍼灸院HP



nice!(0) 

当院で使用している洗剤 [その他]

こんにちは。青山です。
最近、当院で使用している洗剤です。





洗剤ではないですが、水素水を発生させるもの。
これだけでもいいのですが、当院では「竹の湧泉」や「海へ」と併用して使ってます。


こちらを使うことも。
家ではシルク物洗いに使ってます。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 

ニトリオープン [その他]

こんにちは。青山です。

当院近くの紀伊国屋書店が少し前に閉店し、
本日(2016年12月1日)、ニトリがオープンしました。

少し前、新宿高島屋内のユザワヤがクローズ、
春にはバスタ、ニューマンがオープンと、
今年は変化が多いこのあたりです。

青山鍼灸院は2001年に開業しました。
そのころから高島屋やハンズはありましたが、
少しずつですが、いろいろ変化してきましたね。
人通りも増えました。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 

掃除 [その他]

こんにちは。青山です。

早いものでもうすぐ師走。
師走といえば、大掃除。
掃除の時、健康面からみて気をつけていただきたいことを
いくつかご紹介しましょう。

●定期的に休憩時間を取る
ついつい一気にやってしまいがち。
でも、いつも使わない筋肉を使ったり、
いつもやらない動きをすることが多いので、
体への負担は大。
休憩を取ることは、とっても大切です。
めやすとして、1時間に1回。

●同じ姿勢や動作を、長時間やらない
偏った姿勢や動きをずっとしていると、
体を痛める要因になります。

腰痛、肩こり、首のこりを悪化させたり、
ギックリ腰や寝違えになったり、、、。

特にこの時期寒いので、
筋肉も冷えて硬くなっています。
掃除に限らず、
このような症状で急患でいらっしゃる方が、増えています。
気をつけましょう。

●換気をすること
これは、実際の空気もそうだし、邪気に対してもそう、
汚れた空気は、体調に悪影響を与えます。

私は以前引越しをした時、窓をあけずに一日中片付けをしました。
(冬で寒かったから)
翌日、原因不明の体調悪化で、ぶっ倒れ、
一日中動くことができず寝ていた、
という経験があります。

その翌日には、すっかり回復したので、
特別な病気ではなかったのでしょう。

なんか、邪気にあたった、って感じでした。

それ以来、換気には気をつけています、、、冬で寒くても。

●マスクをしよう
ちょっとした掃除なら、わざわざマスクをしなくてもいいかもしれませんが、
長時間、掃除をする場合、マスクをした方が無難です。
汚い空気が体内に入るのを、少しでも防げるし、
乾燥を防ぐ効果もあります。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
前の5件 | - その他 ブログトップ