So-net無料ブログ作成
検索選択
治療と癒し ブログトップ
前の5件 | -

子供の頃受けた痛みが出てきた [治療と癒し]

こんにちは。青山です。

定期的に鍼灸治療にいらしていただいているYさん、
先日、股関節辺りをギクッとギックリ腰様になってしまいました。
幸い、すぐに治療にいらしていただくことができ、
回復も早いようで、よかったな~と思っているところです。
(※こういう場合、少しでも早い治療が、回復を早めます。)

で、Yさん、不思議な夢をみました、、、それは、、、

まだ小さい子供の頃、今回痛めた股関節辺りを、
リヤカーのような物で、強くぶつけられたことがあったそうで、
その時の事が夢に出てきて、
そういえば、そういう事があったわ、と思いだしたそうです。

ぶつけられた時、それはそれはホントに痛かったそうです。

でも、その事を親に言うと、
「どうせお前がよそ見をしていたからだろう。」
と言われるに決まっている!
そう思って、一晩中、すごく痛かったけど、
一人でグッと我慢していたそうです。
そんな事を、いろいろ思い出しました。

そんな矢先、先日お風呂に入っていたら、
急に背中の肩甲骨の下辺りに、
カサカサした感じのブツブツらしきものが出てきました。

なんだろう?と思って、ゴシゴシ洗ったら、
何かがゴッソリ取れたそうです。

え~~~?これって、アカ?
いや~ん、私、毎日きれいにしているもん!
こんなにアカがたまるわけないわよ!!!

いったい何だったのかわかりませんが、
それ以来、背中がすっごく軽くなったそうです。
ず~っとくっついていた重た~いものが、剝れ落ちた感じ。
そして、背中がスースーして、とっても気持ちがいいそうです。

見た目にも、以前のYさんの背中とは、ちょっと違うんですよ。
ブツブツが出たという肩甲骨の下あたりが、
細くなってスッキリしているんです。

いったいどういうことか?

ひとつの憶測ですが、、、

リヤカーらしき物で強く股関節をぶつけられた衝撃が、
内臓や身体の他の部分にも伝わった。
でも、我慢しなきゃ、ということで、その衝撃を解放・浄化するのではなく、
マイナスエネルギーとして閉じ込めてしまった。

閉じ込められたマイナスエネルギーは、
細胞に染みこみ、身体の奥にしまわれていき、いつしか忘れられていた。
でも、無くなったわけではない。

それが、今回の股関節ギックリ腰という刺激によって、
思い出され、表面化した。

それと共に、
背中や内臓にもしまわれていたマイナスエネルギーが、出てきて、
浄化されたのかもしれない。。。

実はYさんは、子供の頃から虚弱体質で胃腸も弱く、
たくさん食べられない。
それが大人になってもずっと続いていました。

当院にいらしていただくようになってから、3年ちょっとになりますが、
以前より身体の状態がずっと良くなってきたところです。

もしかしたら、今回の事をきっかけに、
人並みに食事が出来るようになり、
グ~ンと健康度アップするかもしれないな~、
そんなふうに願っております。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

40代で身長が伸びた [治療と癒し]

こんにちは。青山です。

定期的に治療にいらしていただいている40代女性のKさんが、
健康診断を受けました。
すると、身長が1.5㎝ほど伸びていたのです。
もう成長期はとっくに終わっているのに。。。

鍼灸治療を受けるようになって身長が伸びた方、
まだまだいらっしゃいます。

これは成長期のように身長が伸びたわけではなく、
つまっていた背骨が伸びたり、
身体のゆがみが取れたためだと思われます。

身体のゆがみを矯正するっていうと、整体を思いうかべる人も多いかと思いますが、
鍼灸治療でも、気の流れを整え、筋肉のバランスを整えていくと、
自然に良い姿勢になっていくのです。

なにを隠そう私も、30代のころより身長が1センチほど伸びました。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

症状が消えて道半ば [治療と癒し]

こんにちは。青山です。

インフルエンザが流行る季節がやってきましたね。
すでに流行っている地域もあるようです。

インフルエンザウイルスに感染してから無くなるまで、
約7日間とか言われています。

熱が下がったからといって、
インフルエンザウイルスが体内から無くなったというわけではありません。
無くなるまでに、約7日間。

興味深いことに、
薬を飲んでも、飲まなくても、約7日かかるんですって。
薬を飲んだ方が、熱が下がったり、不快な症状が軽減するけど、
インフルエンザウイルスが速く無くなるわけではないそうです。
ご注意くださいとのこと。

で、西洋医学的にみると、
インフルエンザウイルスが無くなったことを「治った」と言うのでしょう。
鍼灸治療的にみると、この段階では完璧に「治った」とは言えません。
どういうことかというと、
インフルエンザウイルスと闘った後遺症なるものが
身体にまだ残っているということ。

免疫力が下がっていたり、
疲れやすかったり、
低体温ぎみになっていたり、
リンパの腫れがまだ完全に引いていなかったり、
内臓が疲れていたり、
やたら眠かったり、、、

これは、通常の風邪でも同様。

ですから、インフルエンザウイルスや風邪にかかったあと、
症状が消えても、身体全体の力をもとに戻すために、
無理はしないで、身体をいたわっていただきたいものです。

症状が消えて、道半ば、です。












nice!(0) 
共通テーマ:健康

いいかげん [治療と癒し]

こんにちは。青山です。

「正す」という言葉の意味を調べてみると、
・よくないところや間違っているところを、
なおす、正しくする、本来あるべき姿にもどす。
・乱れているところを整える。

「正す」を使った言葉に「襟を正す」というのがありますが、
「襟を正す」とは、
・乱れて襟を整える、衣服と整える、姿勢を正しくする。
・真摯な気持ちと態度で、物事に取り組む。
・それまでの乱れた生活や態度を改める。

鍼灸治療は、
足りないものを補い、
余分なもの(邪気)を取り去り、
陰陽五行のバランスを整え、
その人が本来持っている自然治癒力を引き出すもの、
と言えます。

鍼灸治療は、言い方を変えれば、
身体があるべき姿に戻すこと、
身体が健やかで気持ち良くいられる状態に戻すこと、
と言えます。
これは、「正す」とも言えるんじゃないかな。

また、いくら治療を受けても、
日頃の生活態度が乱れていては、
治療効果が発揮されないし、
治療を受けてもけムダと言えます。

自分自身を「正す」ことも、治療には必要なんだな、と思います。

だからといって、超真面目に、几帳面に、きちんとしすぎても、
それはそれでストレスになります。
適度ないい加減さ、ゆるさ、も大切。

いい加減って、発音の仕方によってニュアンスがちがってきますよね。
適当って意味が強くなったり、
良い加減って意味にもなります。

そう、適当も
いい意味でも悪い意味でも使えますね。

言葉の持つ「陰陽」ってとらえることもできるかな。

まとめると、、、

いい加減に、適当に、正す



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

総合的な努力が大切 [治療と癒し]

こんにちは。青山です。

いつも疲れ切って、今にも倒れそうな感じで当院にいらっしゃるKさん、
ある日のこと、、、


「Kさん、今日は、いつもより元気そうな感じですね~。」

Kさん
「そうなんですよお~!
仕事は相変わらずめちゃくちゃハードなのに、なんか以前より元気なんです!

なんでだろう???

最近、まめに足のマッサージをしているんです、それでかなあ?
お灸も、毎日のようにやってます、だからかなあ?

そうそう、以前より肉を食べるようになりました。
最近では、肉が食べたい!って思うんですよ~。
今日も焼き肉の予定なんです!
そのせいかなあ?

(※Kさんは食が細く、蛋白質をほとんど取らないような食生活をしていました。)

体が冷えないよう服装や下着にも気をつけてます。
もちろん、腹巻もしていますよ!
そのせいかなあ?」


「あの~、元気な理由をひとつに決めなくてもいいと思うんですよね。
そうした数々の努力が、総合的に健康へとつながっているんじゃないかなあ。」

Kさん
「あははっ(笑)!そうですよね~。
別に、ひとつに決めなくてもいいんですよね~。」




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 治療と癒し ブログトップ