So-net無料ブログ作成
検索選択

コレステロール [健康一般]

コレステロールとは、
体内に存在する脂質の一種。
細胞膜の成分、ステロイドホルモン、性ホルモン、胆汁酸、ビタミンDの材料などとして
生命維持に重要な役割を果たしています。

1日に必要なコレステロールの量は1~2g、
そのうち7割が肝臓など体内で合成され、
残りの3割を食事から摂り入れています。
食事から取る1日のコレステロールの適正量は
500~600mgが良いといわれています。

体が正常な時は、
コレステロールを一定量に調整する機能が働いているため、
食事で多くのコレステロールをとると、
体内で合成する分を減らしてくれます。

しかし、コレステロールを摂取しすぎたり、
高齢になり、コレステロールを一定量に調節する働きが低下すると、
血液中のコレステロールが増加してしまいます。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康