So-net無料ブログ作成

腰痛と姿勢 [腰痛]

こんにちは。青山です。

鍼灸治療をしていると、前かがみの姿勢になることが多いんです。
前かがみの姿勢を長く続けることは、腰痛の要因なので、
腹筋を使って体を支えるよう意識をしています。

また、なるべく無理な姿勢をとらないよう工夫もしています。
そのお陰か、腰に疲れを感じることはあっても、
今のところ痛くなることはありません。

そんな私も、かつて(10代の頃)腰痛、坐骨神経痛がありました。
どうして良くなったかというと、
姿勢を気をつけて、腹筋を意識するようになったから。

当時、骨盤の角度が少し前傾してことに気づきました。
(腰が反った状態ということ)
その角度を改善したのです。
そのためには、腹筋の使い方が重要。

どうやって改善したかというと、簡単な事です。
いつも骨盤が反らないよう意識していただけです。

その為には、腹筋を使って腹腔に内圧をかけ、
ちょうどよい角度になるよう、意識する。
(逆にに丸くなり過ぎないように)

また、腹筋を使って腹腔に内圧をかけることは、
腰の骨そのものへの負担も軽減してくれます。


たったこれだけで、特別な療法などは、やっていません。
続けているとそれが普通になるので、大した苦労はありませんでした。
このように気をつけるようになってから、特に腰痛は出ていません。

常に意識できるかどうかがポイントですね。




青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康