So-net無料ブログ作成

免疫力と体温 [免疫力]

友人の看護師さんが言ってました。

「病気で入院する患者さんって、平熱が低いんだよね~。ほとんどが、35度台。
で、34度台になると、危ないって感じ。」

その方たちが、低体温だから病気になったのか、
病気になったから低体温になったのかはわかりませんが、
免疫力と血液の白血球の中のリンパ球、そして体温は密接に関係しています。

リンパ球の割合が、30~50%が良い状態。
これは、体温が36~37度の間の時。
36.5度くらいが、とくに良いそうです。

体温が低い(35度台)と、リンパ球が少なくなり、免疫力が低下します。

空気中には、さまざまな雑菌・細菌・ウイルスがあります。
また身体の中で、常に悪い細胞が出来ています。
でも病気にならないのは、リンパ球がいつも戦ってやっつけてくれているお陰。

だから、低体温の人はリンパ球が少ないので、戦う力が弱い、
すなわち免疫力が低い、したがって病気にかかりやすいのです。

ガン、膠原病、アレルギー、胃潰瘍、その他さまざまな病気のが、
体温の低い状態で起きているそうです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

免疫とは [免疫力]

免疫とは、
病原菌や細菌、ウイルスなどの外敵の侵入を防いだり、
体内に入ってきた外敵を殺したり、
体内にできた害をもたらす細胞を除去する自己防衛機能のこと。

人間の体の中では毎日ガン細胞が発生していると言われています。
では多くの人は、なぜ発病しないのでしょうか?

それはさまざまな免疫細胞が連動し、
ガンを死滅させるために働いているからです。

もし、免疫というシステムが体から無くなったとしたら、
私たちはすぐに何らかの病気にかかってしまうのです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

頭にたまっていたものは?2 [頭の話]

Nさんが初めて当院にいらした時、
「私、頭がでかいんです!!」といって笑っていらっしゃいました。
確かにかなり頭がブヨブヨしてむくんでいました。
しかし、頭の治療をしっかりしてくと、
次第に頭が小さくなりました。

今では、
「頭が大きかったんではなく、むくんでいたんですね。」と。
Nさんは顔鍼もやっています。
周りの人から、整形したのでは?と疑われるくらい小顔にもなりました。

ではいったい何が頭にたまっていたのでしょう?

Nさんはものすごいクセっ毛のため、
ヘアームースを毎日大量に使っていました。
20代までずっと、3日で1缶使っていたそうです。
その話を聞いた時、「それだっ!!」と直感しました。
大量のヘアムースが毛穴から頭に浸透し、
行き場が無くなったものが少しずつたまったのではないか!

その後30代になり、いい美容師さんに出会い、
上手にカットしてくれることで、ムースを使わなくなったそうです。

しかし時間が経っても、行き場を失ったヘアームースは、
頭に留まっていたのかもしれません。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 

10年来の頭痛が一穴で! [頭の話]

こんにちは。青山です。

頭痛持ちのNさん、
10年以上も前から、常に頭痛がして、
頭がスッキリすることは無い、
いつも霧がかかっているようだ、と言います。

まず足のツボに一本鍼を打ったところ、

Nさん
「なんか、す~っとしてきました。
だんだん、頭痛が抜けていくのがわかります。
あ~~~、どんどん頭痛が取れていく~。

霧が晴れたように、頭がスッキリしてきました。

Nさん、びっくりしたご様子。


「頭痛が取れてよかったですね。」

Nさん
「びっくりしました。ウソみたい。
でも、、、
たったこれだけで頭痛が取れたなんて。。。

じゃあ、私が10年以上苦しんできたのは、
いったい何だったのかしら?」

10年分の頭痛の苦しみと、
たった一か所の数分間の鍼治療が、
同じ天秤にかけられたようなものでしょうか。

頭痛が取れてハッピーだけではない、
複雑な感情かもしれませんね。


※すべての頭痛が一穴で治るわけではありません。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

頭にたまっていたものは? [頭の話]

Aさんが初めて当院にいらした時、
頭が、びっくりするくらいむくんで大きかったのです。
今まで診てきた中でも、トップ3に入ります。

鍼を刺しても、ほとんど感じない、
遠くで何かされているかな~、という感覚だったそうです。
私としても経験上、軽く鍼を刺しただけでは、どうにもならない、
ハードな治療が必要だ、と思いました。

Aさんの治療をしていくと、
頭からとてもベトベトした汗が出てきました。
これはいったい何なのか?
そもそも、なんでこんなに頭がむくんで大きくなっているのか?

Aさんはアトピーで、長年ステロイドを使ってきました。
特に顔には強いものを塗っていたそうです。
きっとそれではないか、
ステロイドが顔と近い頭に蓄積していったのでは?
血管に戻れず行き場を失った薬は、
そこに留まるしかありません。
証明はできませんが、そういうことではないかと、
意見が一致しました。

この時Aさんは、ステロイドをやめてから10年ほど経っていました。
ステロイドをやめれば、体からステロイドがすべて抜けるわけではなく、
残ってしまうものもあるようです。

根気よく治療を続け、
Aさん自身も毎日のようにセルフケアをするうち、
徐々に頭が小さくなってきました。
今までの帽子がブカブカになるくらいです。

以前は日光アレルギーで、
日にあたるとすぐに顔が暑く赤くなっていたAさん、
今年の夏は、大丈夫だそうです。

 
【参考記事】
●ステロイドをやめたAさん


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

やめるだけでは不十分 [健康一般]

かつて「脱ステロイド」を決行したAさんは、こうおっしゃいます。

「ステロイドをやめるだけでは、不十分なんです。
食生活、衣類、洗剤、水、その他もろもろ、
生活全般を変えないとダメですね。

よく、ステロイドをやめたいという人から相談されるんですが、
私がやってきたことをいろいろ話すと、
みんな、そこまではできないなあ、と言うんです。
結局そういう人は、やめられないですね。」

ステロイドをやめるのは、そうとうな覚悟が必要です。
つらい時期は、何年も何年もかかります。
自分の人生をかけるくらいのことだと思います。

Aさんは、
「いろいろなタイミングで、あの時だからできた、
と今では思います。
それまでは、仕事や社会生活などもあって、
できませんでした。」

 
【参考記事】
●ステロイドをやめたAさん


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

三大やめられない薬 [健康一般]

こんにちは。青山です。

今までいろいろな方を診てきて、
やめたけどやめられない薬の主なもの
・ステロイド
・睡眠導入剤
・低用量ピル(更年期以降のほてり症状などのために服用)

「薬に頼るのはよくない、だからやめよう。」
そう思うのですが、やめてみるとつらい。
すると、
「無理はしないで、上手に薬を使っていった方がいいだろう。」
と思うようになります。

しかし薬を続けていると、また
「薬に頼るのはよくない、だからやめよう。」
と思うようになり、つらくなると、
「無理はしないで、上手に薬を使っていった方がいいだろう。」
この繰り返し。

低用量ピルを続けている方が、
「ピルは麻薬と同じなのよ~。やめられない~。」
とおっしゃっていました。

こういったものをやめるは、ほんとに難しいものだと思います。
QOLもありますからね。
どうするかは個人の選択です。


【参考記事】
●ステロイドをやめたAさん



青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

消毒 [健康一般]

消毒とは、
感染予防のため、
病原菌を殺したり、
病原菌の増殖を阻止したり、
病原菌の能力を減退させ病原性をなくすこと。
このように消毒は、広い意味なのです。

消毒には、薬物・煮沸・蒸気・日光などによる方法があります。
鍼灸治療では、鍼を打つ前に皮膚をアルコール消毒しています。
これは、「薬物による消毒」ということです。

殺菌とは、
微生物のうち主として細菌を死滅させる,あるいは除去すること。

滅菌とは、
微生物すべてを死滅させること。
滅菌は、細菌だけでなく、ウイルスやプリオンを含めたすべての生命体を
死滅させるか、除去すること。
従って滅菌は器具に対して行うものであり、
人体或いは患畜に対して行うものではありません。
ちなみに、鍼灸治療の鍼は、滅菌処理がされてます。

殺菌と滅菌では、滅菌の方が強力なのです。

除菌とは、
殺す・殺さないは別として細菌を一定の場所から取り除くこと。

抗菌とは、
菌の繁殖を防止すること。

除菌や抗菌は、さまざまな商品に使われていますが、
医学・薬学的には、除菌・抗菌と言う概念はありません。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

頭に注意 [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

湯灌(ゆかん)の仕事をしている方曰く、
「最近、若い人で脳梗塞で亡くなる方が多いんです。」

私「若いって、何才くらいですか?」

「40代、50代、、それより若い人も、です。男女の差はないですね~。
突然倒れて、そのまま、、というケースが多いんです。」

私「そうですかあ。
最近、脳血管障害は、低年齢化してますよね。」

暑くて、熱や気が上(頭)に上がりやすくなっています。
その上、ストレスが加わったり、、
また食生活が悪ければ、血管が弱くなり、
コレステロールが多ければ、血管がつまりやすくなります。
運動不足も、当然ながら血流を阻害します。

いろいろな要因が重なって、低年齢化しているのではないかと思います。

みなさまも、どうぞお気をつけください。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

痛い思いをしてわかる [健康一般]

こんにちは。青山です。

鍼灸院に治療にいらっしゃる多くの方が、
身体になんらかの不調があるためにいらっしゃいます。

不調の度合いはさまざまです。
ちょっと具合わが悪いかな~、という程度から、
ワラをもつかむ思いの方もいます。
で、自分の健康に真剣に取り組むのは、後者の方ですね。
ほんとに痛い思いをしてわかる健康の大切さ、ですね。

まあ、人間は、痛い思いをしないとなかなか気づかないもの。
なまじ健康で、無理がきいて、結構ハードな生活もやれたりすると、
「自分は身体が強い、人より健康だ。」と思いがち。
徹夜だってへっちゃら、休みがなくてもガンガン働ける、
アフターだって、どんどん行っちゃうわよ~。
暴飲暴食なんのその。

そのペースが一生続けばすばらしいと思います。
でもそんな人は、ほんの、ほんのひとにぎりです。

いくら健康でも、無理をすればそれは自分に返ってきます。
でも健康に自信があると、自分が弱っていることになかなか気づきません。

よく、身体が弱くて、いつもどこかが痛い、悪い、
と言っている人の方が、長生きをする、って言いますよね。
そういう人の方が、ちょっとした身体の変調をキャッチして、
早めに対処するから、大事にならない、とも言えます。

痛い思いをするのは、決して悪いことばかりではありません。
そのあと、どうするか、それが大切だと思います。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

足のスネ・胃腸のツボ刺激 [お腹の話]

足三里から足首にかけてのライン、ここは胃腸に関係する経絡。
また、足の疲れ、むくみなど、足全般の血流に関係する場所です。

ここをツボ刺激する時、
押している手・指をグイグイ動かすのではなく、
押されている足のつま先を動かすと(写真のようにポイント-フレックス)
これまた押している手が疲れず、かつ効果的。
足三里足三里
オフィスでやってもいいし、家でやってもいいし、
お風呂の湯船でやるのもおすすめです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

静脈瘤 [足・足裏の話]

静脈瘤とは、、、

静脈には逆流を防ぐための弁がついています。
この弁が壊れると、血液が逆流し、足に血液が溜る、
その状態が長く続き、静脈が拡張した結果が静脈瘤です。
静脈瘤の多くは表在静脈(皮膚に近いところにある静脈)に起こりやすく、
皮膚表面が盛り上がって、ぼこぼこした感じになります。

症状としては、
足がだるい、重い、痛い、かゆい、こむらがえり(足がつる)、
など。

西洋医学的治療としては、レーザー治療や手術などがあります。

さて、この静脈瘤、ある日突然できるわけではありません。

筋肉を使わないと、ポンプ作用が働かない、
したがって血液の戻りが悪くなる、滞る、、、

静脈が、
浮き出たようになったり、
クモの巣のように赤紫になったり、
太くなり、ボコボコして、皮膚表面に盛り上がってきたり、、、

そんな経過を長く長く経て、静脈瘤ができるのです。
急性のものではないのです。
ちゃんと身体はメッセージを出しているのです。

まだ、静脈瘤ができてないからいいわ、
ではなく、
できないように、若いうちから血行をよくしておきたいものですね。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

高血圧になると、、、 [頭の話]

高血圧はよくない、ということは、
みなさん認識されていると思いますが、
どうしてよくないのでしょうか?

高血圧で最も問題なのが、動脈硬化を引き起こすことです。
動脈硬化とは、血管が弾力を失ったり、血管の内腔が狭くなる状態のこと。
高血圧が続くと、血液の圧力に耐えるために、動脈の血管壁が厚くなり、
血液が流れる内腔は狭くなります。

また、血管が傷つくと、コレステロールなどの脂質がたまりやすくなり、
さらに内腔は狭くなります。
そうすると、血液の流れる抵抗が増え、血圧はますます上昇。
つまり、高血圧→動脈硬化→高血圧、という悪循環が、
さらなる動脈硬化を促進するのです。

では、動脈硬化になるとどうなるのでしょうか?

高血圧による動脈硬化が原因で、
生命に関わる脳や心臓の血管障害を起こしやすくなります。

具体的には、
脳卒中(脳梗塞、脳出血など)、狭心症や心筋梗塞、腎障害などが上げられます。

高血圧そのものよりも、それが原因でこのような合併症が起こり、
しかも悪循環を起こすという点に、高血圧の怖さがあるのです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

年をとると頭が固くなる [頭の話]

「年をとると頭が固くなる」と言いますが、
これは考え方が固くなる、頑固になるということですが、
実際に頭が固くなるのです。

どういう状態かといいますと、
頭皮と頭蓋骨までの間が狭く、
すぐに頭蓋骨という感じです。

頭皮と頭蓋骨の間にも血管が流れているし、
毛根や脂腺もあります。
その領域が狭くなっているのです。

毛根にいく栄養が少なくなれば、
髪の毛が細くなったり、抜けてしまうわけです。

少しでもそうならないためにも、
普段から頭に刺激を与え、
血流を良くしておきたいものです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

子宮筋腫と鍼灸治療 [瘀血(おけつ)]

鍼灸治療で言うと、子宮筋腫はまさに「瘀血」の代表。

~鍼灸的に見た子宮筋腫を持っている方の特徴~

下腹部が硬い、抵抗感がある、子宮の辺りが特に硬い。
ケースよっては、筋腫そのものを手で感じる事ができます。
これは筋腫の位置やでき方によります。

足首辺りのむくみが強い。
プヨプヨしたむくみではなく、硬くなってしまったむくみ、
頑固なむくみが多いです。
また、かかとが厚い肥厚に覆われてしまっていることもあります。
大体足首辺りを見ただけで、
婦人科系に問題があるかどうか、わかります。
この辺りは、ツボでも足裏刺激の反射区においても、
婦人科系の領域ですからね。

仙骨周辺のむくみ。
これも、プヨプヨしたむくみより、硬く厚くなってしまっている方が、
良くない状態です。
こういうむくみを改善するには、時間がかかります。

鍼灸治療としては、このような場所が治療ポイントとなります。
血液の循環を良くして、瘀血体質を改善していきます。

子宮筋腫は再発しやすいと言われていますが、
いくら手術で筋腫を取っても、
筋腫を作る体質・身体の傾向を改善しなければ、
また作ってしまうのです。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

更年期レポート12 [更年期・更年期障害]

こんにちは。青山です。

私は今から2年前に閉経を迎えました。
更年期真っ只中です。

冬は少なかったホットフラッシュ、
夏になり気温が高くなり、
ホットフラッシュ再開です。

しかし、去年の夏より楽なんです。
熱さや汗が軽減しています。
女性ホルモンが少なくなった状態に、
体がだんだん慣れてきているのでしょう。

また私の場合、
通常のほてりはありません。
ホットフラッシュが起こった時だけ、ほてりを感じます。

その他には、特別な更年期特有の症状は今のところないですね。
順調に更年期を過ごしていると思います。

更年期も、つらい症状が起こってから対処するのではなく、
普段からのメンテナンスで、難なく過ごせるのだと実感します。



【参考記事】

●更年期レポート1
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep01

●更年期レポート2
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep02

●更年期レポート3
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep03

●更年期レポート4
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep04

●更年期レポート5
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep05

●更年期レポート6
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep06

●更年期レポート7
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep07

●更年期レポート8
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep08

●更年期レポート9
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep09

●更年期レポート10:ホットフラッシュ
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep10

●更年期レポート11
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep11




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

土用の丑の日(2017年) [その他]

こんにちは。青山です。

今年2017年の土用の丑の日は、
7月25日(火)と8月6日(日)

「土用の丑の日はうなぎを食べる」ということは、多くの人が知っていますが、
いったいどういう日で、なぜなのでしょう。

土用とは?
春・夏・秋・冬それぞれの季節と季節の間の期間(約18日間)を
「土用」といいます。
したがって土用の期間は年に4回あります。

東洋的な暦では、立春(通常2月4日)を一年の始まりとし、
この日が春の始まり。
立春の日から72日間が春、次の18日間が土用、
次の72日間が夏、土用の期間が18日・・・と続いていきます。

春(72日間)→土用(18日間)→夏(72日間)→土用(18日間)→
秋(72日間)→土用(18日間)→冬(72日間)→土用(18日間)→

※この日数だと、一年は360日になってしまいますが、
実際には5日分を微調整しています。

「土用の丑の日はうなぎを食べる」という場合、夏と秋の間の土用(夏の土用)をさします。

「土用」とは、「土の気」が旺盛になる期間です。
「土の気」には物を変化させる力があり、
この期間は季節の変わり目でもあることから、
とかく不安定な期間なのです。

丑の日
各日にちには、十二支:子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥が、
この順番で配当されています。この中の「丑の日」ということです。
十二支もそれぞれ五行の性質を持っていて、丑は「土」になります。

したがって、
「土用の丑の日」は、「土の気」がとても旺盛になる日、ということです。

そもそも夏のこの時期は、胃腸の働きが低下したり、体力を消耗して、
疲労がたまりやすいものです。
また東洋医学的で、「土」は臓腑でいうと「脾胃」(消化器系)の性質があり、
また「土」は変化を表わすので、消化器系が不安定になりやすい、といえます。

なぜ「うなぎ」なのか?
これにはいろいろな説があるようです。
ひとつに「土用の丑の日」には、”う”のつく もの、
たとえば瓜、うどん、ごぼう、などを食べるという風習がありました。
特にうなぎを食べるという習慣は、江戸時代からだそうです。

うなぎの旬は冬。
売り上げの落ちる夏に、なんとか売り上げをのばしたいと、
うなぎ屋が平賀源内に相談したところ、
「本日 土用の丑の日」と貼り出すよう指示。
これが大繁盛した、という説があります

夏バテしやすいこの時期に、体力・精力をつけるために、
栄養のある「うなぎ」を食べよう!ということが人々の心をつかみ、
習慣化したのでしょう。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

かつては冷房に負けていたのに [患者様の声]

毎年冬になると足先にしもやけができていたKさん、
夏の冷房にも、いつも負けていました。

鍼灸治療を受けるようになり、年々冷えが解消されていき、
去年は「冷房に負けないって気がします!」
と力強くおっしゃっていました。

すると今年はなんと「冷房が心地よく感じます!」と。
Kさん曰く
「こ、こ、この私が、まさか、こんな風に感じるようになるなんて、
びっくりです。想像もつかなかった。」

前回の治療では、頭に熱がこもっていたので、
頭に保冷剤を使いました。
Kさんに対してははじめてです。
Kさん「私が、冷やすだなんて!」
冷やすことにまだ慣れていないKさん、
今年の夏は上手に冷やすことを学ぶ必要があるようです。



青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

早くも夏バテ [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

突然真夏がやってきた感じで、
まだ暑い気候に体が慣れていません。
そのせいか、早くも夏バテぎみの方が急増中!

食欲が無い、消化が悪い、
疲れる、疲れが取れない、
眠い、眠りが浅い、早く目が覚める、寝つけない、
ほてる、いつもよりほてりが強い、
急に汗が大量に出る、
このような症状の方が多いようです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

夏バテ予防食べ物 [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

よく患者さんに
「夏バテには、どんなものを食べたらいいんですか?」
と聞かれます。

ネットで検索してみると、特に目立つキーワードは、
酢 ネバネバ食材 豚肉(ビタミンB系) しょうが 
などなど。

いろいろなレシピは、ネット上に沢山ありますね。

気をつけたいポイントは、
自分の胃腸の調子がどうかということ。

夏バテぎみだけど、胃は大丈夫、食べられます!食欲あります!
そんな方は、どうぞガッチリ食べて下さい。

夏バテぎみで、胃腸の消化力が衰えている、、、
そんな方は、消化の良いもの、冷たすぎないもの、刺激の少ないもの、
で、栄養も取れるものを食べましょう。

「うなぎは夏バテに精が出るって言うけど、
今の私は、脂っぽ過ぎて、食べられそうにないわ~。」
という方、無理はしないで下さいね。
かえって胃腸を弱らせてしまいます。ご注意ください。

消化力が落ちている方は、
刺激物、油っぽいもの、冷たいものなどは避けましょう。
それこそ病気じゃなくても、おかゆもいいのです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

頭をクールダウン [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

一気に暑くなってきました。

暑いと頭もボーっとしますよね。
そのせいか最近、集中力が低下ぎみの方が増えています。

集中力が低下すると、
ケアレスミス、忘れ物、足の踏み外し、勘違い、、、
などが増えてきます。
転んで大ケガなんてことになったら大変。

頭をクールダウンして、ちょっと頭を使ったりして刺激を与え、
頭を活性化しましょう。

頭の血行をうながしたり、ツボ刺激も効果的。

夏本番に向け、頭も暑さに慣らしていきましょう。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

七夕と五色 [五行論]

こんにちは。青山です。

7月7日は、七夕[ぴかぴか(新しい)]

七夕の歌といえば、、、
五色のた~んざく~~・・・
五行の色:青(緑)・赤・黄・白・黒のこと!
子供の頃はそんな事も知らず、何気なく歌っていましたが、
こんな所にも五行論が根づいていたのですね。

木:青・肝・胆
火:赤・心・小腸
土:黄・脾・胃
金:白・肺・大腸
水:黒・腎・膀胱




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

夏はぬるめの入浴 [季節:夏]

こんにちは。青山です。

気候が暑くなってきました。
夏は暑いからシャワーですますことが多いという方がたくさんいらっしゃいますが、
ぬるめの入浴の方が、身体がすっきりします。

私は37~39度くらい、
暑くて熱がこもっている時は37度くらいにします。
このくらいの温度だと、ぬるくて気持ちよく、湯船に長く浸かっていられます。
(体温より低い温度だと、冷え過ぎてしまいます)

表面の汚れはシャワーで落ちますが、
目に見えない邪気は、ゆっくり浸った方が出ていきます。

また、冷房で冷え切ってしまっている方には、
半身浴がおすすめ!
こういう方の場合の温度は、温かくて気持ちがいいと感じる温度、
夏場なので39~40度くらいがよろしいかと思います。

それから、夏の入浴は水分補給にも気をつけて下さいね!!


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

子宮筋腫は遺伝する? [瘀血(おけつ)]

こんにちは。青山です。

子宮筋腫は遺伝するのでしょうか?

私がいままでみてきた子宮筋腫がある患者様で、
自分の親や姉妹もある、という人、
確かに多いですね。
受け継がれたる体質というのは、あると思います。

子宮筋腫は、東洋医学的にいうと「おけつ・おけつ体質」になります。
おけつ体質を改善するには、
1、2回の治療でなんとかなるようなものではありません。

どのくらい時間がかかるのかは個人差がありますが、
持って生まれた体質だと、つねにケアをした方がいいものです。

鍼灸治療や漢方薬である程度改善したとして、
その後、何もしなければ、もとに戻ってしまいやすい、、、それが体質というものです。

また子宮筋腫を、手術で摘出したとします。
しかし再発しやすい。

これは、取ったからといって、筋腫をつくってしまう身体の体質や傾向というものは、
なくならないからです。
体質は、手術では改善できないのです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冷房に慣れてない [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

暑くなりました。
冷房も必ず入るようになりました。
しかし、
まだ冷房に体が慣れていない方が大勢いらっしゃいます。
特にお腹にくるようです。
トイレが近くなったり、下すようになったり。。。

お腹に汗をかいたあと冷えてしまう、、よくあります。
たとえば腹巻をしていて、
汗をかいたら、腹巻が冷えて、返って冷えてしまう。

コットンは、水分を吸収して離さない性質があります。
ですからコットンは汗をかいて吸収したあと、
冷房下では冷えやすい。
シルクやウールの方が水分を発散させます。
また汗を発散しやすいよう開発された繊維などの方が、
いいかもしれません。

私は、肌に触れる部分は、なるべくシルクにしています。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

手足バタバタでむくみ解消 [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

蒸し暑い気候で、むくみやすくなっています。
特に下半身・ふくらはぎのむくみやすいですね。

むくみは、「停滞」です。
それに冷房の冷えが加わると、硬いむくみになりやすいのです。

さて、簡単なおすすめ簡単体操をご紹介します。↓

リフレッシュ体操1:手足バタバタ~せめてこれだけ~
手足バタバタ足バタバタ
ご覧のように寝っ転がって、手足を上にして、バタバタします。足だけでもかまいません。
(一説には、ゴキ〇リ体操とも言われているそうです。)
時間は、10~30秒を2,3セット、もっとやってもOK。

ポイントは、筋肉の力を抜いて行うこと、特に太ももまで意識してやると効果的。
また、足をよりたくさんやってもいいでしょう。(私はそうしてます)
足だけでもOK。

「なあんだ、こんなこと」というくらい、いたって簡単な体操。
しかし、足は一日中ずーっと身体の下部にあり、血流が戻りにくくなっています。
ですから足を身体の上にもってきて筋肉をゆらすだけでも、血流の改善になります。
しっかり、丁寧に、ある程度長い時間やると、より効果が上がるでしょう。


今日はめんどくさいな~という日も、寝る前に
せめてこれだけでもやるといいですよ~。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康