So-net無料ブログ作成

むくんでも水分補給を [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

湿度のせいで体は停滞ぎみ。

むくみのある患者さまから、こんな質問を受けました。
「水分を取らなければ、むくみが取れますか?」

「水分を取らないと、人間は死んでしまいます。
水分は取ってください。
特にこれからの時期、熱中症予防のためにも、
水分摂取は重要です。」

むくむのは、ただ単に自分が取った水分の量の問題ではありません。
むくんでいる部分が、気の流れが悪くなり、水分が停滞してるのです。
水分を取らなければ、気の流れがよくなり、停滞が解消され、
むくみが取れる、わけではないのです。
お気をつけくださいね。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

汗かき [自律神経]

こんにちは。青山です。

世の中には、けっこう汗かきの方がいらっしゃいます。

「電車の中に入ったら、急に汗が滝のようにドバーっと出て。。。
はずかしいくらい汗をかくんです。」

「何でもないのに、突然汗が出てくるんです。」

「ちょっと走っただけで、異常なほど汗が噴き出るんです。」

「手のひらから、汗がポタポタ垂れるほど汗が出たり、
一日履いていた靴下は汗でほんとに絞れるんです。」

そういう声をよく耳にします。

単に暑がりなだけ?
暑いから汗をかく、だから冷やせばいいの?

汗をかくのは、上がり過ぎた体温を汗をかくことで熱をうばい、
体温を下げるため。体温調節機能です。

しかし、体温が上がっているわけではないのに汗をかく、大量の汗をかく、
そういった場合は、他に原因があるかもしれません。

・自律神経の乱れ
・甲状腺機能亢進
・ホルモンバランスの乱れ
・代謝性疾患
・中枢神経疾患
・その他、なんらかの病気

心配な方は、きちんと調べた方がよいのでは、と思います。

西洋医学的に特別に治療をすることはない、重篤な病気ではない場合、
鍼灸治療も有効です。
しかし、1、2回治療を受けただけで改善するものではありません。
体質を根本的に改善していくのには、長い時間を要します。

ある方の例ですが、
子供の頃から、手のひら・足裏に大量に汗をかく方がいらっしゃいました。
一日中履いた靴下が、ぞうきんのようにしぼれるくらいだったそうです。

この方は、月に2,3回のペースで鍼灸治療にいらっしゃり、
改善を実感できるようになるのに、約1年半ほどかかりました。
(治療はその後も継続して受けていただいています。)

人によっては、もっと短い期間での場合もあるし、
もっと長くかかる場合もあります。
こればかりは、確実にこのくらいの期間、とは言えません。
とても個人差があります。

そんなにかかるの~?と思いますか?

例にあげさせていただいた方は、
「もう子供の頃から、何十年もずっとそういう状態だったし、
これは生まれつきだから治らないんだ、
そう思っていました。
でも、こうして改善するなんて夢のよう!」
そうおっしゃり、彼女にとって1年半は別に長いものではありませんでした。
もうあきらめていたことが改善した、その喜びはとても大きいもので、
今後の人生を大きく変えました。

このような症状をお持ちの方で、
これくらい、いやもしかしたらそれ以上の時間をかける覚悟がある方には、
鍼灸治療おすすめです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

五心煩熱 [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

最近、五心煩熱の方が増えています。

五心煩熱とは、
手のひらや足裏、胸がほてって熱く、不快感を感じる状態のこと。

ほてり、五心煩熱の根本は陰虚(陰のエネルギーの不足)です。
陰のエネルギーを補わなくてはいけません。
対処療法でなく、本質的な治療をしなければ解決しません。

実際の治療では、陰を補い、全身調整しながら、
石を冷やして手のひらにのせ、熱を取っています。

stone-black.jpg

この石が、なかなかいい仕事をしてくれます。
※この石は、温めても冷やしても使えます。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

お灸のけむり [鍼灸治療・東洋医学]

こんにちは。青山です。

ある患者様
「なんだか今日はお灸のけむりが
いつもより白くて、すごくモクモクしているような気がするんですけど、、、。」


「あ、わかりましたか?」

患者様
「お灸のけむりって、出方が違うんですか?」


「はい。私の経験からですが、
邪気が多いところは、けむりがモクモク、勢いよく出ます。
蒸気機関車みたいにシュパ~~~と出ることもあります。

患者様
「そう、そう、そんな感じです。
すごく勢いよく出ている気がします。」


「逆に、虚していてエネルギーが不足しているところは、
熱をグングン吸い込む感じ、けむりも少な目です。」

患者様
「なるほど~、そうなんですね。」

点灸でも、せんねん灸でも、そうなんです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

熱くないお灸 [鍼灸治療・東洋医学]

こんにちは。青山です。

お灸は熱いもの、そう思っている方も多いと思います。
確かに、点灸(もぐさをひねって小さい円錐状にしてツボにのせ燃やす)を
最後まで燃やしきると、熱いです。やけどになることも多々あります。
練習として自分にたくさんやってきました。

私は、鍼灸の学生時代、鍼灸接骨院で働いていました。
そこで教えていただいたのが、
もぐさが完全に燃えきる前に、つまんで取ってしまうやり方。
取るタイミングで、熱さを調節することもできます。

このやり方を教えていただいてから、お灸の可能性が広がり、
気持ちも楽になりました。
頭のお灸だって、燃えきる前に取るから、
髪の毛が燃えないようにできます。

最後まで燃やしきって、お灸の熱をしっかりグッと入れた方が
効果的かもしれませんが、
やけどのリスクを負う必要はないのではないか。
また、気持ちがいいと感じるくらいの方が、
体は受け入れ、治療効果も高まります。

せんねん灸も、やけどになることもあります。
当院では、熱くなりすぎる前に他のツボに移動して、
無理のないように行っています。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

空調はカスタマイズ [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

暑くなってきました。
湿度も高いです。

そんな環境の中、
冷房・ドライを効かせたい方、
冷房はつけたくない方、
いろいろいらっしゃいます。

当院では、患者様ごとに空調をカスタマイズしております。
遠慮なく申し出てください。

また、水分補給が必要な時は、いつでもお申し付けください。

よろしくお願いいたします。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

鍼灸治療で寝てしまう [鍼灸治療・東洋医学]

こんにちは。青山です。

鍼灸治療施術中、患者様と会話をしていても、
急に口数が少なくなり、
眠りにつかれる方が、結構いらっしゃいます。

鍼を打たれているのに寝てしまうなんて、
痛くないの?怖くないの?
お灸をされて熱くないの?

いえいえ、鍼灸治療は眠りを誘うんですね~。
それもまるで眠りの世界に、ぐぐぐっと強引に引き込まれるかのよう。
起きていようと思っても、起きていられない。
ストンと落ちるような感じとも言えます。
それがまた気持ちがいいのです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

鍼を打たれると寝てしまう2 [鍼灸治療・東洋医学]

こんにちは。青山です。

鍼灸師の友人に鍼を打った時のこと。
膝の内側にある「曲泉」というツボを指で押さえたところ、
友人は「痛い、痛い」と叫びました。

そこでここに鍼を打って「どう?」と聞くと、
「グーグーグー」といびきをかきだしました!
ほんとに寝てしまっています。

一瞬であっという間に眠りに落ちたようですが、
あまりにも急でビックリです。

すごく必要としているところに鍼を打たれ、
自分の意志ではコントロールできず眠りに引きづり込まれてしまう、、、
そんなことがあるのです。

ここまで急でなくても、
鍼灸治療中「すごく眠くなってきた、起きてられない、、、」
ということがあります。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

鍼を打たれると寝てしまう [鍼灸治療・東洋医学]

こんにちは。青山です。

私が花粉症を発症したのは鍼灸の専門学校に通う2年前、
そのころは重症でした。

鍼灸専門学校に通うようになり、
学校で大変お世話になっている先生に、
週1で治療を受けるようになりました。

先生から花粉症に対して、
「自分でも、毎日鍼を打つといいですよ。」と言われました。
この時教えていただいたのは、
攅竹(さんちく・眉頭にあるツボ)と印堂(いんどう・攅竹の間)。
左右の攅竹とその間の印堂、
印堂はやや上に取り、三角形になるよう打つようにとのこと。

早速自宅で鍼を打つと、
突然睡魔が襲ってきて、引きづり込まれるように寝てしまいました。
はっと気づくと、約1時間が経過。
それはとてもとても深い睡眠で、目覚めたあとはスッキリ。

攅竹と印堂に鍼を打つと約1時間寝てしまう、そんなことが続きました。

次の治療の時に、先生にたずねました。
「教えていただいた攅竹と印堂に、毎日鍼を打っていますが、
どのくらいの時間、置鍼したらいいですか?」
すると先生はフィンガーテスト(一人Oリングテストのようなもの)をしながら、
「そうだなあ、、、1時間くらい置いていいよ。」
なんと!
自然に寝てしまう時間ピッタリでした。

その後も鍼は打ち続け、
どうしても寝てしまうということは、
いつの間にかなくなっていきました。

花粉症はというと、
急に改善するということはありませんでしたが、
年々少しずつ良くなっていきました。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

初めて鍼を気持ちいいと感じた時 [鍼灸治療・東洋医学]

こんにちは。青山です。

私と鍼のエピソードをいくつかご紹介していこうと思います。

鍼灸の専門学校に入ったころ、
まずは鍼を打てるようにならなくちゃ!と
毎日自分に鍼を打っていました。

一番やりやすいのは足。
足三里をはじめ、いろいろなツボに打っていました。

鍼の材質は、多くはステンレスを使うかと思いますが、
(学校の実技でも使い捨てのステンレス鍼でした。)
私は自分用に銀鍼や金鍼も使っていました。

特に金鍼はやわらかいため難しい、、、
ならば練習なるなと思い、使っていたのです。

膝の内側にある「陰陵泉(いんりょうせん)」というツボに金鍼を打った時のこと、
鍼がツボに引き込まれるようにスーっと自然に深く入っていったのです。
初心者のころでしたから、ビックリしました。
鍼を必要としていると、自然に鍼が入っていく。

そして、とても気持ちいいんです。
もう、それはうっとりするくらい心地いい。。。

金鍼は、ステンレスと比べてやわらかく、なんとも言えない気持ちよさ、
それを実感しました。

その時、このまま鍼を抜きたくない、そう思い、
ある程度長い時間鍼を刺したままにし、心地よさを味わいました。

これが、初めて心の底から鍼の気持ちよさを味わった体験です。

翌日も、翌々日も、金鍼を陰陵泉に刺しました。
すると、最初の異常なまでの気持ちよさは少しずつ軽減されていったのです。
この場所が良くなっていったからでしょう。

では、なぜ膝の内側のツボ「陰陵泉」が、こんなにも効いたのか?
思い当たるふしは、、、あります!

私は学生時代10年間バレーボールをやっていました。
この時、レシーブするために膝を床にガンガンぶつけていました。
サポーターをしていたとはいえ、膝への衝撃となります。

その当時もその後も、膝に痛みは全く感じていませんでしたが、
陰陵泉を指で押さえると、ものすごい痛みを感じたのでした。
ちょっと触れただけでも、痛かったのです。

触れるだけで痛いなんて、おかしい、
このまま何もしなければ、いずれ自発痛が出てくるようになるだろう、、
だったら、痛みが出る前、今から膝のメンテナンスをしよう、
そう思いました。

その後も、今でも、膝への鍼灸治療は続けています。

膝下のおもなツボ
tb-katai.jpg


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

てい鍼 [健康一般]

こんにちは。青山です。

こちらは「てい鍼(ていしん)」、刺さない鍼です。
ツボ刺激したり、さつじょうして使います。
teishin.jpg

太いものから、24K、18K、小さいものがステンレス。
他にも、銀やチタンのものもあります。
当院での施術では、基本的に金を使用しています。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 

足指の冷えに [足・足裏の話]

こんにちは。青山です。

私が、冷え性、特に足・足先が冷える方へ
よくおすすめする入浴方をご紹介します。

上半身はそれほど冷えていないけど、
足、足先が冷えているということは、
身体に熱のアンバランスがあるわけです。
下は冷えているけど、上はそれほどでもない、または温かい。
このように
熱のアンバランスがあるままお風呂に入って全身を温めても、
バランスの悪さは解消されにくいのです。
だから、お風呂からあがると、すぐに足は冷えてしまう。

そこでおすすめなのが、この入浴法。

まず、お湯をやや熱めにします。(40~43度:個人の好み、季節などで調節して下さい。)
浴槽のヘリに服を着たまま、足をお湯につけ足浴。
バスタブだから、膝下くらいまでしっかり足浴できます。
この時、汗をかいてもいい服装で行ってくださいね。
洋服を着て行うのは、身体が冷えないようにするためです。

保温効果を高めるのであれば、足を入れるスペースを残して湯船にフタをします。
10~20分、汗が出るくらい足をつけておきます。
先に、冷えている足をしっかり温め、
身体の温度のアンバランスを解消するわけです。

後は普通に入浴します。
お湯の温度はお好みで!

たったこれだけのことですが、身体全体がバランスよく温まります。

頑固な冷えがある方は、
一度やっただけで、冷えがすべて解消するわけではないでしょう。
でも続けていくと効果があります。

本気で足・足先の冷えを改善したい方は、
足・足先の冷えが楽になってきた、と感じられるまで、
毎日やってみてください。
最初は集中的にやった方が、効果的です。

その毎日が、1週間なのか、2週間なのか、それ以上なのかは、
個人差があります。
やってみてどうか、ということ。

そうそう、
もちろん、お風呂からあがってから、足・足先を冷やしてはだめですよ!
特にフローリングに裸足は冷えます。
スリッパなどを履くことをおすすします。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 

無意識の姿勢 [美容・ダイエット]

こんにちは。青山です。

私は職業柄か、人様の歩き方や姿勢などに
目がいってしまいます。
外股、または内股で歩いている人、
まっすぐ足が出ていない人、
O脚、X脚、
左右のバランスが悪い人、
腰が不自然に揺れている人、
猫背、でっちり、
、、、いろいろです。

きっと、少しは気づいてたとしても、
いつも気をつけているわけではないのでしょう。

腰が完全に曲がってしまった年配の方っていらっしゃいますよね。
いつも腰を曲げているうちに、その状態で固まってしまいます。
無理に伸ばせば、骨折してしまうでしょう。
真っすぐにするには、もう不可能な状態なわけです。

無意識にやっている姿勢や動作が偏っていると、
偏りに合わせて、筋肉や骨格が形成されていきます。
日常の動作や姿勢で、筋肉が作られ、それが骨格となっていくのです。

日常の動作や姿勢を見直して、よい習慣をつける、
これ、とても大切なことなのですが、なかなか難しいことです。
でも、最初は大変でも、
バランスの良い動作や姿勢が「あたりまえ」なればいいのです。
今からでも遅くはありません!

私の場合、20代のころダンスを習っていた先生から、
「いつも姿勢や歩き方に意識していなさいっ!」
と教えられました。
厳しい指導は、とてもありがたいものです。
そのくらい意識して、やる気がなければ、
姿勢は改善はしないのかもしれませんね。



青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

湿邪 [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

梅雨しましたが、雨はさほど降っていない今日このごろ。
しかし湿度は高くなっていますね。
体に悪影響を及ぼす湿気を、東洋医学では「湿邪」といいます。

湿邪は 重たい・停滞する・下へ行く、という特徴があります。
これが身体に現われると、
身体が重だるい、手足が重だるい、頭が重い、関節がだるい・痛む、足がむくむ
といった症状が出やすいのです。

また湿邪は、胃腸の働きを低下させやすいという特徴もあります。ですから、
胃が重い、消化不良、食欲低下、お腹がつかえる、お腹がすっきりしない、便秘、下痢
という症状が出てきます。

すでに湿邪の影響と思われるこれらの症状が増えています。

湿気なんだから、部屋や衣類みたいに乾燥させればいい、そうなんですけどね。
ずーっと除湿が効いた部屋にいればいいでしょうけど、なかなかそうはいかない。
そう、湿邪って厄介なんです!!

では湿邪に対して、どうしたらいいのでしょう?

それはまず「動かす」ことです。
湿邪には、停滞するという特徴があるから、そうさせないように動かすのです。

体が重だるいから、動きたくないよう~、
これは、湿邪の魔のささやき。

簡単な体操、ストレッチでいいですから、身体を動かしてください。
とくにデスクワークの多い方、脚の血行がわるくなりむくみがち。
すわっている間も、上手に脚を動かして、血流を促したいものです。
足首を動かすだけでも違いますから。。。
(周りの人に不信に思われないよう、気をつけてやりましょう。)

また、お風呂などで温まったり、運動をして、
汗をかいて身体の余分な水分を出しましょう。
湿度が高いと洗濯物が乾きずらいように、身体も水分が抜けずらくなっています。

それと、胃腸の調子に気をつけること。
規則正しい時間に食べる、食べ過ぎない、油っぽいものを控える、刺激物を取り過ぎない
冷たいものを飲まない・食べない、お腹を冷やさない、お腹を時計まわりにさする、、、などなど。
ごくあたり前のことですが、ちょっとお気を付けください。

消化器系のお灸なら、足三里・三陰交などがおすすめです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 

悪くなる前に [健康一般]

こんにちは。青山です。

風邪をひいたから、病院へ行く。
では、風邪をひかないようにするために病院へ行く人は、、、
いないかと思います。

西洋医学の病院は、検査以外では
悪くなってから行く所なのです。

鍼灸治療は、
悪くなってからでも、
悪くならないためにも、受けることもできます。

なんとなく風邪をひきそうという時、
大概の方は冷えています。
体力、免疫力も衰えています。
それらを改善する治療をすることで、
風邪を予防することができます。

風邪を例にしましたが、
それ以外でも、さまざまな予防対策としても、
鍼灸治療はとても有効だと思います。

どうぞ鍼灸治療を上手に利用してください。





青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

デトックス体験7 [治療と癒し]

こんにちは。青山です。

数回にわたり私の大きなデトックス体験、
(自分の意志でやったものではなく、
自動的に起こったデトックス)をご紹介しました。

体の中から浄化されると、体も心も軽くなり、
ほんとに心地いいものです。

では体にたまっていた毒ってなんでしょう?

浄化されてみてあらためて感じるのですが、
それまでに蓄積された農薬・化学肥料・保存料・食品添加物・香料、etc,,
といった化学物質だと思うのです。

少しずつ少しずつたまっていくから、気づかないのですが、
一気になくなると、わかるんだと思います。

それらは、体をなんとなく重くしたり、
なんとなく元気を低下させたり、気分を悪くさせたり、
冷えたり、免疫力を下げるような気がします。

証明できることではないのですが、
体感してみての感想です。

私は2度目の汗デトックス後、
さらに体が楽になり、体の滞りがなくなり、
エネルギーもアップしたと感じて日々過ごしています。
そしてそのエネルギーを治療に使えて、とても幸せです。
ありがたいこです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

デトックス体験6 [治療と癒し]

こんにちは。青山です。

今から3年半ほど前、
私は、人生の後半のために5ヶ月ほどかけて大断捨離しました。

ちょうどこの時期、「汗デトックス」が始まったのです。
一度20代のころ経験しているので、余裕です、笑。
前回の大汗期間は1週間でしたが、
今回は3ヶ月ほど続き、
自分でもすごいなあと思いました。

6時間だった睡眠時間は2,3時間に。
それで足りているならいいや、ということで自然のままに。
朝早く目覚めた分、断捨離に時間を費やしました。
(もちろん音には気をつけて)

食事は、すでに体に悪そうなものをあまり食べてなかったし、
量もそれほど多くはなかったので、そのまま。

ただ同じように食べていたら、
約半年後、体重が2.5kgほど増えていたので、
食べる量を減らして戻しました。
たぶん以前ほど食べ物を必要としなくなったのかもしれません。

その後も自然にまかせ、
次第に汗をかく量はふつうになってきました。
睡眠時間は、3時間睡眠が1年以上続いたでしょうか?
今では4,5時間で、以前の6時間睡眠より短くなりました。
ただ、休日はお昼寝をして補ったりしています。





青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

デトックス体験5 [治療と癒し]

30才の時、突然起こった「汗デトックス」
いったい何なのか?どういうことなのか?
誰に聞いても明確な答えを得られませんでした。

今になって思えば、、、

20代の頃、私はいつも体がなんとなく重だるかったのです。
特別な病気ではないし、むしろ元気に動き回っていました。
でもいつも体が重い。
(首肩こり、腰痛もある。
不眠症、生理痛、冷え性もある。)

この体の重さだるさは、それまでに体に蓄積した
化学物質(農薬、保存料、香料、etc) のせいだと思うのです。

それが汗とともに一気に出て行ったら、
体が軽くなった。
そういうことだったのではないかと。

そして30才の時の汗デトックス体験は、
これで完璧完了というわけではなく、
その後鍼灸師になっていく私にとって、
始まりだったと思います。



青山鍼灸院HP


nice!(1) 
共通テーマ:健康

デトックス体験4 [治療と癒し]

(つづき)

さて、汗タイプデトックスではなく、
ちがうタイプのデトックス経験をご紹介します。
ブツブツタイプです(聞こえがよくないですね、笑)。

汗デトックスで生まれ変わった私、
その後いろいろ大きなことが起こり
(その詳細は割愛させていただきます)
鍼灸の専門学校に通うようになりました。

自分の体調管理および勉強のために、
定期的に鍼灸治療を受け、
セルフ鍼灸も毎日やっていました。

ある日のこと、突然背中全体に
かゆみのあるブツブツが出ました。
特に心当たりはありません。
湿疹などが出やすいタイプでもありません。

最初は、そのうちなくなるだろうと思っていましたが、
いっこうになくならない。かゆみもおさまらない。

手が届くところなら、自分で鍼でもお灸でもできますが、
背中だから限界がある。
週一の鍼灸治療は続けていましたが、
劇的に良くなることはありませんでした。

皮膚科に行ってステロイド入りの軟膏をもらって塗れば
ブツブツはおさまるでしょうが、
軟膏を塗りたくないし、それは根本的な解決じゃないからイヤ。

かゆみのあるブツブツは、結局1年以上できていました。

それがある時突然収束しだしたのです。
スーッと、速やかに引いていきました。

私が思うに、
今まで溜めてきた毒を出していたような気がします。
背中だから、特に内臓にたまった毒。
毒を出している間は、外から何をやっても効果がない。
毒出しの作業は、とにかく毒が出切るまでは手出しができない。
そんな感じがしました。

その後、このようなことは起こっていません。




青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

デトックス体験3 [治療と癒し]

(つづき)

ある日、急に変化があった体、
次の日も、その次の日も、、、続いていきました。
体が軽くてコリや硬いところが無く心地いいのは、
とてもうれしいこと。

しかし3時間睡眠がずっと続いていいのか?
食事の量も減ったままでいいのか?
それが心配でした。
でも、眠くないし、お腹がすくわけでもない。
いったいいつまで続くのか?

1ヶ月、2ヶ月と経っていきました。
すごく元気で快適です。
体重は数キロ減って、周りの人にも「痩せたんじゃない?」と気づかれました。

3ヶ月ほど経って、、、
体に悪そうな食べ物は受け付けなくなっていて、
汚い空気も嫌だし、変なにおいにも敏感になっている。
このままだと、東京でこの生活をするのがダメになりそう、、、
そのうち人里離れて暮らし、仙人ぽくなってしまうのでは?

仕事や人間関係いろいろ考えて、、、
いま、すぐにこの生活を捨てるつもりはない。
そう思って、食生活をもとに戻しました。
睡眠も、なるべく寝るようにしました。
すると次第にもとに戻っていったのです。
しかし、体が軽いのはそのままでした!

まるで体が生まれ変わったようなこの体験、
私は「セカンドバースディ」ということにしました。
30才の時のことでした。



青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

デトックス体験2 [治療と癒し]

(前回記事の続きです)

大汗&3時間睡眠が1週間続いたある朝目覚めた時、
えっ?なにこれ?体がちがう!今までの体とちがう!
まず、そう感じました。

何がちがうかというと、
とにかく体が軽いのです。
重力を感じない、まるで浮いているよう。
そして今まであった首や肩のコリが無い。
ウォームアップをしていないのに、体が柔らかい。
ストレッチをしても、すでに筋肉が伸びていて、
ストレスを感じない。

自分の体に何が起こったのか、
まったくわかりませんでした。
もしかしたら勘違い?
いえいえ、確かに体が軽くて気持ちいい。
それだけでワクワク、ウキウキ、幸せな気分。

この時はフィットネスインストラクターでしたが、
運動をしてもびっくりするくらい今までより楽で疲れない。

そしてもうひとつの違いは食事。
体に悪そうなものは食べたくなくなりました。
量も昨日までの半分くらいで十分、もっと少なくてもいいくらい。

では、この状態はどうなるのだろう?
今日だけのことなのか?


つづく


青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

デトックス体験1 [治療と癒し]

こんにちは。青山です。

20代、私はまだ鍼灸師ではなく、
会社員を経て、フィットネスインストラクターをしていました。
このころの食生活は今とは違い、
スーパーなどでふつうに食材を買って自炊生活、
外食もそこそこしてました。
ただしジャンクフード、スナック菓子、コンビニ弁当などは、
ほとんど食べませんでした。

健康やスピリチュアルなことにも興味を持っていた私は、
20代後半のころ気功瞑想を始めました。
これは、光をイメージして邪気を外に出し、
光のエネルギーを入れるもので、
特に難しいものではありません。

やっていると、邪気がシューシュー出ていくのを感じ、
体がドンドン軽くなっていきました。
とても気持ちいいもので、毎日1~2時間やっていました。

瞑想を始めて数年がたったある日、
寝ていると2、3時間後に目が覚め、
大量の汗をかいていました。
ほんとにビックリするくらいの汗。
最初は風邪かな?と思いましたが、
風邪の症状は全くなし。
その後目がさえて眠れなくなり、そのまま起きていました。
その時も汗をかき続けました。
3時間くらいしか寝ていないから睡眠不足でつらいかな?
と思いました、ものすごく元気!
そのことにも驚きました。

いったいどういうことなんだろう?
すると次の日も2、3時間で目が覚めて大汗。
その後眠気もなく、睡眠不足でも元気!
こんな日が続きました。

汗をかいたあとはスッキリ気持ちいいから、
悪いことではないはず、
でも3時間ほどの睡眠でいいのだろうか?
などと思っていました。

つづく



青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

黄色靱帯骨化症 [病気・症状まとめ]

黄色靱帯骨化症とは、
脊髄(神経)の後ろにある黄色靱帯という靭帯が、
骨になってだんだん大きくなり、
神経を圧迫して、おもに足の麻痺を起こす病気です。
原因は不明です。

少し前に難病指定されている「後縦靭帯骨化症」をご紹介しましたが、
黄色靭帯骨化症も難病です。
両方とも脊髄を圧迫する病気で、
後縦靭帯は脊髄の前側、黄色靭帯は後ろ側になります。

黄色靭帯骨化症は、骨化してくる部位が胸椎に多いので、
その場合は足の症状だけで手の症状は出ません。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

ギクッとやってないギックリ腰 [腰痛]

こんにちは。青山です。

だんだん腰の痛みがひどくなり、
ギクっという決定的な瞬間がないのに、ギックリ腰のようになる、
これも一種のギックリ腰です。

もともと負担がかかり弱っていた腰の筋肉、筋膜、じん帯などに、
徐々に、徐々に、亀裂が入り、損傷していったのです。
金属疲労みたいな感じですね。

対処方法は、通常のぎっくり腰と同じです。

ギックリ腰ではないと思って、強揉み指圧・マッサージを受けると、
さらに組織の損傷をひどくし悪化することがありますので、ご注意下さい。

また、腰だけでなく、首や背中でも、
同様のことが起こりえます。
たとえば寝違え。
朝起きた時になるものだけでなく、
起きている時、だんだん痛くなり寝違え様になることもあります。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 

ギックリ腰は腰痛とは違います [腰痛]

ギックリ腰は、何かのきっかけで急激に(ギクッと)発症した腰痛のことで、
医学的な診断名ではなく、一般的な名称です。

ぎっくり腰が普通の腰痛と違うのは、損傷だということ。
筋肉の凝りとは違うのです。
ですから、筋肉を揉みほぐせば良くなるというものではありません。
ご注意下さい。

では、何が損傷するのか?
それは、腰や骨盤の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨(軟部組織)などです。
ただし、レントゲンを撮っても、損傷した場所が映るわけではありません。

ギクっとやった瞬間があるのですが、
もともと腰に負担がかかっていて、
筋肉、筋膜、じん帯、軟骨(軟部組織)が弱っているところへ、
とどめのギクっとなったのがギックリ腰です。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康