So-net無料ブログ作成

胸郭出口症候群 [肩こり]

胸郭出口とは、
鎖骨と一番上の肋骨(第一肋骨)と斜角筋が造るすき間のこと。
この部分は、筋肉の隙間を血管や神経が通る構造になっています。

筋肉が硬くなったり、
いろいろな原因で、これらの神経の通り道が狭くなりと、
血管や神経を圧迫し、肩こり、腕や手のしびれ、手の血行不良(冷え、だるさ)
などの症状を引き起こします。
これを胸郭出口症候群といいます。

このあたりの筋肉は繊細で、
マッサージさえすればほぐれるというわけにはなかなかいきません。
強く揉めば、筋肉を傷めてしまうこともあります。

かつて私も胸郭出口症候群だったことがあるのでよくわかります。
やはり、鍼灸治療がとても有効です。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康