So-net無料ブログ作成
検索選択

女性のための漢方薬:当帰芍薬散 [更年期・更年期障害]

女性の漢方として有名な当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、
どんな症状に効果があるかみてみると、

貧血、冷え性、生理不順、生理異常、生理痛、更年期障害、めまい、、、
などが、代表的なものとして上げられます。

でもこれらの症状が効く漢方薬は他にもあります。
では、他の漢方との違いは何なのでしょうか?

それは、
当帰芍薬散肝血(かんけつ)の不足に効くということ。

肝血の不足が根本的な原因としてあり、そのために、
貧血、冷え性、生理不順、生理異常、生理痛、更年期障害、めまい、、、
といった症状が出ている場合に、
当帰芍薬散が有効だということです。

では、肝血の不足とは?

これは東洋医学的な考え方です。
肝は五臓六腑の肝、肝は血(普通に血液と考えていただいてかまいません)と、
深い関係があります。
その「肝の血」が不足している状態が肝血の不足。

肝血が不足すると、
貧血、冷え性、生理不順、生理異常、生理痛、更年期障害、めまい、、、
といった症状が出やすいのです。

ただ注意していただきたいのは、
これらの症状があれば、イコール肝血の不足、というわけではないということ。

では肝血が不足しているかどうか、どうやって見分けるのか?

これはやはり漢方の専門家にみてもらうしかありません。
素人判断は、無理ですね。

前回の記事で、
当帰芍薬散は、虚の症状に有効、とご紹介しましたが、
何の虚なのかというと、肝血の不足、肝血の虚ということなのです。

一般の方には、肝血の虚、と言っても、理解できないので、
貧血、冷え性、生理不順、生理異常、生理痛、更年期障害、めまい、、、
といった症状が上げられるのだと思いますが、
症状だけで漢方薬を決めるものではないのです。

実際には、
脈診、舌診、腹診、問診、皮膚の色つや、声、目つき、顔色、etc
などなど、症状も含めて身体が発するサインを読み取り、
漢方薬を決定していくのです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康