So-net無料ブログ作成

女性のための漢方薬:当帰芍薬散と桂枝茯苓丸 [更年期・更年期障害]

女性の漢方薬として有名な、
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)と桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)。

どんな症状に有効なのか調べてみると、いろいろ症状が書いてあります。
でも2つの大きな違いとは、、、

当帰芍薬散は、の症状(虚証)
桂枝茯苓丸は、の症状(実証)

と捉えると、わかりやすいと思います。

虚と実は逆の症状で、
虚とは、エネルギー不足、力がない、弱い
実とは、邪気がある、余分なものがある、滞りがある

たとえば生理痛に効く漢方薬といっても、
当帰芍薬散と桂枝茯苓丸では、
東洋医学的にみると、根本的なところが逆の症状ということになります。
この辺をしっかりとらえて服用しなくてはなりません。

実際には、漢方の専門家に処方してもらう必要があると思います。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康