So-net無料ブログ作成

大晦日 [お知らせ]

2016年は、12月31日が最終営業日となりました。

開業当時は、31日までやっていました。
その後、その年のカレンダーをみて、
30日を最終日にしたり。。。
今回は元旦が日曜日なので、
区切りよく31日土曜日までやった次第です。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

5つの首を冷やさない+例外 [冷え全般]

こんにちは。青山です。

「5つの首を冷やさない」という言葉はよく耳にするかと思います。
(5つの首とは、首、両手首、両足首)

逆に、5つの首は冷えやすい、冷えが入りやすい、
と言えるのです。

たとえば首、
風地、風門、風府といった「風」という漢字が付くツボがあります。
ここは、「風邪(ふうじゃ)が入りやすいツボ」なのです。
すなわち、「冷えが入りやすいツボ」というわけ。
(正確には、風邪自体は冷えではないのですが、
風邪は寒邪(冷たい邪気)を伴いやすいのです。)

また油断しがちなのが手首まわり。
そで口が締まっていない、風通しがよいものって、
そこから冷えがスースー入ってきます。
すると、腕、肘などがなんだか薄ら寒い、温かくはない。。。
袖口や裾が開いているパジャマがそうです。

そんな格好でも冷えていない方ならいいんです。
でも、体が冷えている方は要注意ですね。

さて、首を温めてると不快なタイプがあります。
それは「冷えのぼせ」の方。

多くの冷えのぼせの方は、首元を開けたがります。
それは暑いから。
首や首から上に熱がこもるため、
ここから熱を発散したいのですね。
そういう方は、無理に首元を温めなくてもいいでしょう。

ただし冷えのぼせの方でも、
足やお腹は、やはり冷やさない方がいいです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

ほてりのタイプ [冷え全般]

こんにちは。青山です。

ほてりのタイプは、大きく2つのタイプに分けられます。
1.上がほってているタイプ(上タイプ)
2.表面がほってているタイプ(表面タイプ)

とかく熱い部分にばかり焦点を持っていきがちですが、
発熱して本当の熱があるわけではないので、
熱い部分があれば、冷えている部分もあるのです。

上タイプがこちら。
hienetsu.gif
特に上半身、頭が熱くなり、のぼせたような状態。
突然カア~っと熱くなり、汗が滝のように出たりすることも。(ホットフラッシュ)

逆に、下半身は冷えている。
その冷えに気づいる人もいれば、気づいていない人も。

表面タイプがこちら。
nakahie.gif
身体の表面に熱がこもって、もわ~っとした状態。
手先、足先もほてって熱くなってたりします。

でも、身体の芯に頑固な冷えがある。
身体の表面は熱いので、触っても冷えを感じません。
自分の感覚で気づくか気づかないかですが、
多くの人は、この冷えに気づいていません。

ほてりがあり熱いと感じていると、
身体を温めることをしようとしません。
しかしこれから寒くなっていきます。
冷えた身体のままだと、その冷えは身体の中に蓄積し、
逆にほてり感を強めてしまうこともあります。
身体の中の冷えている場所は冷やさない、温める、
それによって、熱のバランスを均一にしましょう。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冷えのぼせの治療例 [冷え全般]

重傷な冷えのぼせのMさん

Mさんは過去に婦人科系の手術(開腹)を4回しています。
そのため、女性ホルモンや自律神経のバランスがあまり良くない状態、
そのためにほてりや汗が強く出ている様子。
東洋医学的にいうと「陰虚」です。
頭がほてって、汗がダラダラ滝のように出てしまう、
しかし、足やお腹は氷のように冷えていました。
まさに冷えのぼせの状態。

足やお腹は、温めても温めても、なかなか温まらない、
頑固な冷えでした。
しかし頭は熱くて熱くてしょうがない。
冷えよりも熱さを強く感じるため、
冷えている自覚はあまりありませんでした。

鍼灸治療としましては、
まず冷えている足やお腹を徹底的に温めました。
お灸やホットパック、光線療法(コウケントー)など、
あらゆる手段を使用。
全体調整のツボとしては、三陰交をはじめ、陰虚に効くツボに施術。
皮膚表面を温めるだけでなく、
経絡の中にしっかり熱を入れるのです。
熱すぎる頭には、保冷剤を使いながら鍼灸治療しました。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冷えのぼせが増えている [冷え全般]

こんにちは。青山です。

最近、冷えのぼせの方が増えています。
冷えのぼせは、単なる冷え性より重症。
鍼灸治療でも時間がかかります。

冷えのぼせの代表的な症状です。

・頭、上半身は熱いけど、手足は冷えている。

・急に暑い環境に身をおいた時、
胸より上がカーッと熱くなり大量の汗が出る。
たとえば、冬、外から暖房のきいた環境に入った時など。

・手のひらや足裏に、じっとり汗をかく
(これは自律神経症状)

冷えのぼせの本体は「冷え」。
だから温めればいいのですが、
冷えのぼせの方が難しいのは、
温めるとのぼせてしまうこと。
あまりにのぼせが強くなると、
気分が悪くなったり、倒れたりすることもあります。
入浴も、温まる前にのぼせてしまう。

だからといって温めなければ冷えは改善しません。
熱がこもらないようにしながら温める、
それがポイントですね。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冷えとり靴下はいつだれが? [冷え全般]

こんにちは。青山です。

今では多くの人が知っている「冷えとり、冷えとり靴下」、
いつ、だれが提唱したのでしょう?

それは、1988年、進藤義晴医師が出した
「万病を治す冷えとり健康法」という本に紹介されています。

この本では、靴下の重ね履きだけを紹介しているわけでなく、
冷えが万病のもとであること、
冷えとりのためにどうしたらいいか、
といったことがいろいろ書かれています。

また、冷えだけでなく食べ過ぎもよくない、
食べ過ぎが冷えにつながると言っています。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

楽しい波動は体をゆるめる [健康と癒し]

こんにちは。青山です。

鍼灸治療中、患者さんとたわいもない会話をよくします。
(寝ていたい方は、そっとしておきます。)

なんとなく楽しい会話をしていると、
患者さんの筋肉や体が自然にゆるんできます。
楽しい波動が出ると、体は喜ぶんだと思うんです。

逆に、辛い、いやだ、悲しい、怒り、などネガティブ波動は、
体を硬くしていきます。

では、ネガティブな気持ちになった時、
「ポジティブシンキング」なんてのもありますよね。
確かにネガティブな気持ちをドンドン強めるよりいいのかも。

でも、ホントの、正直な気持ちを押し殺して、
強引にポジティブに考えよう、考えよう、、とするのは、
返って、曲がったネガティブな波動になることもあるようです。

最初に言った楽しい波動は、
自然にそういう気持ちなる時のもの。
無理に「楽しい」と考えよう、というわけではないのです。

いろいろ生活していく中で、
楽しくないこともあるかもしれませんが、
自分にとって絶対的に楽しく幸せを感じられるものを持っているのって、
大切だな~と思います。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

40代で身長が伸びた [治療と癒し]

こんにちは。青山です。

定期的に治療にいらしていただいている40代女性のKさんが、
健康診断を受けました。
すると、身長が1.5㎝ほど伸びていたのです。
もう成長期はとっくに終わっているのに。。。

鍼灸治療を受けるようになって身長が伸びた方、
まだまだいらっしゃいます。

これは成長期のように身長が伸びたわけではなく、
つまっていた背骨が伸びたり、
身体のゆがみが取れたためだと思われます。

身体のゆがみを矯正するっていうと、整体を思いうかべる人も多いかと思いますが、
鍼灸治療でも、気の流れを整え、筋肉のバランスを整えていくと、
自然に良い姿勢になっていくのです。

なにを隠そう私も、30代のころより身長が1センチほど伸びました。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

足を観察 [足・足裏の話]

こんにちは。青山です。

足は身体の状態をよ~く表わしています。

たとえば婦人科系。
代表的な婦人科系のツボ三陰交およびその周辺は、
婦人科系の状態をよく表しています。

内臓の状態もそうです。
消化器系に何かあれば、胃系、脾経などにちゃんと出ます。

頭の状態と足の指の状態も連動しています。
腎虚だったら、足裏のツボ:湧泉(ゆうせん)がペコンと凹んでいる。

足は自分で見やすいところ。
よく観察するといいですね。

いつもよりむくんでいる、太い、硬い、
こんなところにブツブツが、、、
ここだけかゆい、カサカサしている、
色が違う、

そんな変化は、足が語っている証拠。
それをしっかりキャッチして、
身体のケアに役立ててください。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

五十肩のお陰 [五十肩]

こんにちは。青山です。

五十肩でいらしたFさん、
最初整形外科に行って、電気をあてられ湿布と痛み止めをもらいました。
しかし、これでは治らないと直感したFさんは
鍼灸治療を受けるべく、当院にいらっしゃいました。

Fさんの体の状態を診てみると、
肩以外にも悪いところが目白押し。
目、頭痛、首肩こり、腰痛、婦人科系疾患、むくみ、胃腸、胆石の疑い、、、
などなど、さまざまな不調をかかえていました。

まずは五十肩の治療を中心にやりましたが、
それが落ち着いて終了ではなく、
他のところの治療をやっていきました。
次第に不調が和らぎ、あったはずの子宮筋腫や胆石もなくなりました。

Fさん曰く、
五十肩になってほんとによかった。
でなければ、鍼灸治療を受けようと思わなかったから。
五十肩さまさまです、とおっしゃいました。

そう、病は必ずしも悪いものではなく、
体からのメッセージとも言えます。

痛いから、不具合があるから、なんとかしようとする。
治っておしまいでなく、
Fさんのようにそれをきっかけに体全体を見直し、
メンテナンスをするようになった人も大勢いらっしゃいます。

では、命に関わるような重篤な症状はどうなのか?
それでも、そうおっしゃる人は大勢いらっしゃいます。
命がどちらであっても。。。

もっと早く気づけばよかった。。。
今になって思えば、メッセージはたくさんあった、
でも私は気づかなかった、無視してきたんです。
うおっしゃった方もいらっしゃいます。

また、気づいた時、重篤な状態であっても復活し、
その後の人生観が大きく変わった方もいらっしゃいます。
もちろん、変わらない方もいらっしゃいます。

おびえることはないでしょうが、
体からのメッセージをしっかり受け止めてあげてほしいなと思います。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

急に耳が聞こえにくくなった時はすぐに病院へ [頭の話]

急に耳が聞こえにくくなった、
もしかしたら突発性難聴かもしれません。

突発性難聴とは、
ある時、突然、耳が聞こえなくなる病気。
通常、片側で起こります。

耳が聞こえない以外に、
耳鳴り、めまい、吐き気などの症状も伴ったりします。

もしそうなったら、すぐに医療機関に行きましょう。
早めの治療で、予後がぜんぜん違います。
早ければ早いほど治りやすいのです。

さて、突発性難聴ですが、
原因は何かと言うと、いまだ不明だそうです。
しかし治療法はかなり確立されていて、
ステロイドを大量に投与します。

突発性難聴は、誰にでも起こりうる病気です。
突発性難聴かなと思ったら、すぐに医療機関に行く、
覚えておくといいかと思います。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

妊娠中でもできる肩こり改善体操 [逆子・妊娠・産後]

こんにちは。青山です。

私がよくみなさんにおすすめする肩こり改善体操です。
患者様にお教えして、その場で実際にやっていただくと、
みなさん「あ~すごく伸びて気持ちいい~」とおっしゃいます。

横向きで寝てやるので、妊娠中の方もできますね。
とても効果的で気持ちいい体操です。
ぜひやってみてください。


リフレッシュ体操9横寝肩まわし おすすめ!

写真のように横向きに寝て、上の腕を前から後ろへ、ゆっくり大きくまわします。
横寝肩まわし横寝肩まわし
横寝肩まわし横寝肩まわし横寝肩まわし

肩をまわす体操は、立った状態で行うことが多いと思いますが、
横に寝て行うことで、可動域が大きくなり、
胸・肩・背中の筋肉をしっかり動かすことができます。

ポイントは、ゆっくり丁寧に行うこと。
気持ちいいです、かなり効きます。
どうぞ、お好きなだけやってください。

また、寝っころがってやるのって楽! なんですよね。



リフレッシュ体操10横寝肘ひねり いちおし!

横に寝て肘を背中側に置いた状態で、肘をひねります。
横寝肘ひねり横寝肘ひねり
肩から肘の筋肉、胸の筋肉が伸ばされます。
肘の位置や、ひねる角度を微調整して
(この微調整がポイント!!)
気持ちがいいな~、効くう~という所でストレッチ。
途中、休憩を入れながら、心ゆくまで伸ばして下さい。

わかりにくい、という方は、直接ご指導いたしますので、
声をおかけ下さいね!


リフレッシュ体操11横寝肩ストレッチ

上の手を、身体の斜め上方向でベッドのヘリを持ち、身体を後ろに引きます。
すると、肩のつけね後ろ側が伸びます。
手をもっと上の方に持っていくと、脇が伸びます。
手の位置を微妙に変えることで、のびる筋肉の場所も変わります。
いろいろな位置を試してみてください。

横寝肩ストレッチ横寝肩ストレッチ
脇を伸ばすとき、ただ、腕を上げて伸ばすより、
この姿勢だとしっかり伸ばすことができて、気持ちいいです。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

バンザイして寝てるのはなぜ? [肩こり]

こんにちは。青山です。

睡眠中のバンザイの話、
患者様に説明することが多々あります。

寝ている時、腕を上にあげたい、バンザイをしたくなる。
朝起きたら、腕がバンザイしていた、
片方だけでも、腕が上にあがって布団から出ていた、
または、寝ている途中で、そうやっているようだ、

そんな方、
それは五十肩の危険信号です。

私も経験ありまして、

15年以上も前の話ですが、
寝ている時、右腕を上にあげて頭の横に持っていくようになりました。
最初はこの体制を取ると、腕や肩が楽な気がする、そうやりたくなる。
寝ていて気づかないうちに右腕を上にあげていることもありました。
今までこんなことなかったのに。。。

でも朝起きると、この体制で肩が固まっている、、、
布団の外に肩や腕が出ているので、筋肉が冷えて硬くなっている、、、だるい!
でも、寝ている時、自然に腕が上にあがってしまう、
寝ている最中にやってしまうので、止められない。。。

そんなことが2,3ヶ月続いたある日、
すごく重たい荷物を運ばなくてはならないことがありました。
それをきっかけに肩関節を痛めてしまい、五十肩状態になったのです。
日常的動作はできましたが、腕を上にあげられない、
つり革がつかめない、とにかく腕が疲れる、
そういった症状でした。
治るのに約1年ほどかかりましたね。

五十肩、もしくは五十肩になりそう?
という患者さんにインタビューしてみると、
多くの方が、
「そういえば最近、腕を上にあげて寝ている」とおっしゃるのです。

特にこれから寒くなる季節、
腕を上にあげ、布団から出して寝ると、
肩関節や周りの筋肉は、冷えて硬くなるのは当然のこと。
要注意です。

といっても、、、
寝ている間に、知らないうちそうしてしまうのを、
どうやって防げばいいの?

そうですよね~、その通り。

まずは、腕を出して寝ても冷えないような肩周りの服装をする。
パジャマ1枚程度じゃ、ダメだと思います。

そして、五十肩の症状が出ていなくても、
肩関節周りの筋肉が、硬くなっている可能性があります。
普段から、肩関節周りの筋肉を温め、ほぐし、柔らかくしておくこと。
要はメンテナンスです。
五十肩は、症状が出てしまったら、ある程度の時間がかかります。
未然に防げるものなら防ぎたいですよね。

五十肩を発症した時から15年以上が経っているのですが、
痛みがなくても、定期的に鍼灸治療を肩関節にやっいます。
予防です。



青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

免疫力アップのために [免疫力]

こんにちは。青山です。

免疫力をアップさせ病予防のために
私が実践していること、心がけていることです。

・鍼灸治療(そりゃ私は鍼灸師ですからね、もちろん自信を持ってみなさまにおすすめしています。)
・光線療法(コウケントー)
・体を冷やさない、高めの体温をキープする(ホットパック、入浴、衣類の工夫、その他)
・(ある程度)規則正しい生活
・なるべく不自然な化学物質を体内に入れない(これは食生活とも関係)
・バランスのとれた食生活
・よい睡眠
・楽しむ、笑顔
・好奇心をもつ
・人から、世間から、必要とされる
・よい人間関係(ただし1~2割はそうでない人がいてOK、それはスパイスみたいなもの?)



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

胃腸 [お腹の話]

こんにちは。青山です。

12月に入り、これから胃腸を酷使する機会が増える人も多いことでしょう。
胃腸が悪くなってから対処するより、
今から胃腸を整えて、少しでも良い状態を保ちたいものです。

胃腸のツボといえば、代表的なのが、
足三里(あしさんり)

katai-ikei-tb.jpg

足三里だけでなく、
ここから足首に向かって、胃経(胃腸に関する経絡)が流れていて、
足三里の下にもツボがあります。
上巨虚(じょうこきょ) 下巨虚(げこきょ) と言います。

胃腸の調子を整えるために、とても有効なツボであり、エリアです。
マッサージやツボ刺激でほぐして、胃腸の調子を整えておきましょう。

今、調子が悪くなくても、
予防のため、健康増進のためにも、役に立ちます。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

肩こり [肩こり]

こんにちは。青山です。

次第に寒くなっていく今日このごろ、
筋肉もより硬くなっていきやすい季節です。

実際に患者さんをみていますと、
肩、首、背中、腰の筋肉が硬くなり、
こりが強くなっているケースを多く見かけます。
ギックリ腰、寝違え、筋肉のつり、なども起こりやすいです。

よ~く筋肉を温めて、柔らかくほぐすことが大切。
冷えたままでは、筋肉はなかなかほぐれません。

ご自宅で温めるにはお風呂が一番やりやすいでしょう。
たまにはいつもよりしっかり時間をかけて温まるのもいいですね。

ほぐすには、ストレッチや、筋肉をほぐすことを意識した動きのある運動。
ハードな運動をした後も、きちんと筋肉をほぐし、
クールダウンすることは大切ですよね。

もっともっと寒くなる前に、今から意識して気をつけてみましょう。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

風邪も症状が引いて道半ば [風邪]

こんにちは。青山です。

風邪の季節となりました。
インフルエンザも流行っています。

多くの方が、風邪の症状が引くと風邪が完治と思うことでしょう。
でも私から観ると、まだなんです。

風邪をひくと、かなりエネルギーを消耗します。
そのため、症状が消えても体温が低めだったら、
疲れが取れなかったり、
なんとなく体がだるかったり。
喉の痛みや咳が、いつまでも残ったり、、、。

風邪をひいている真っ最中は、
そのつらい症状を改善することに集中します。
でもその後で、消耗したエネルギーをしっかり補なうことも大切。
そこまでやって、完治といえるでしょう。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

膝ウォーマー [膝の話]

こんにちは。青山です。

今年から膝ウォーマーをすることにしました。
といっても膝専用のものではなく、
レッグウォーマーですが。。

これがまたいい感じなんです。

高齢になると、多くの方が膝にトラブルをかかえます。
今から予防です!


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

今年は去年より暖かい? [冷え全般]

こんにちは。青山です。

今年(2016年)は去年より暖かいでしょうか?寒いのでしょうか?

今年の11月、例年より早く気温が下がり寒くなったと思います。
冬が早くやってきたということでしょうか?
12月は平年並みのようです。

今年は去年より暖かいとおっしゃる方々がいるのですが、
もしかしたら冷え性が改善されると、そう感じます。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

体が弱くても、、、 [健康一般]

こんにちは。青山です。

鍼灸院に治療にいらっしゃる多くの方が、
体になんらかの不調があるためにいらっしゃいます。

不調の度合いはさまざまです。
ちょっと具合わが悪いかな~、という程度から、
ワラをもつかむ思いの方もいます。
で、自分の健康に真剣に取り組むのは、後者の方ですね。
ほんとに痛い思いをしてわかる健康の大切さでしょう。

人間は、痛い思いをしないとなかなか気づかないもの。
なまじ健康で、無理がきいて、結構ハードな生活もやれたりすると、
「自分は体が強い、人より健康だ。」と思いがち。
徹夜だってへっちゃら、休みがなくてもガンガン働ける、
アフターだって、どんどん行っちゃうわよ~。
暴飲暴食なんのその。

そのペースが一生続けばすばらしいと思います。
でもそんな人は、ほんの、ほんのひとにぎりです。

いくら健康でも、無理をすればそれは自分に返ってきます。
でも健康に自信があると、自分が弱っていることになかなか気づきません。

よく、体が弱くて、いつもどこかが痛い、悪い、
と言っている人の方が長生きをする、って言いますよね。
そういう人の方が、ちょっとした体の変調をキャッチして、
早めに対処するから大事にならないとも言えます。

体が弱いことは、決して悪いことばかりではありません。
健康に向けてどう取り組むかで、かわってきます。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

インナー総リニューアル [健康一般]

こんにちは。青山です。

今まで使用してきたインナーの老朽化のため、
今年は春夏秋冬総リニューアルしました。

その際、肌に直接あたる部分は、できるだけシルクにしたのです。
いろいろ調べてみると、シルクといってもいろいろあることがわかりました。
(前回の記事の、セリシンのこととか。。。)

しかしながら、最近はシルクやオーガニックコットンのネットのお店が、
かなり増えたことを実感。私としてはうれしいことです。

シルクが増えたことで、洗濯のしかたも変わりました。
シルクはアルカリに弱いため、
ベビーマグちゃんやアルカリウォッシュなどはNG。
中性の「海へ」、もしくは酸性の「マザータッチ」を使ってます。
洗濯についても、まだまだ勉強中です。
(ちなみに、リトマス紙持ってます!)


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

シルクのセリシン [美容・ダイエット]

蚕の作る繭糸は、
中心にフィブロインという繊維状のタンパク質、
その外側にフィブロインを包み込んでいるセリシンというタンパク質の
二種類のタンパク質の二重構造になっています。

フィブロインは、
結晶性が高く、分解しづらく、水にも溶けません。

セリシンは
分解しやすく、水などの液体にも溶ける性質があります。

セリシンを落としフィブロインだけを抽出、精錬したものが絹糸(生糸)で、
独特の光沢のある絹糸は、フィブロインの特徴でもあります。

セリシンはフィブロインを保護すると同時に、
繭の中の蚕を外界からの刺激や外敵から守る働きをしていて、
多くの方が思い浮かべる光沢のある絹と違い、
ゴワゴワした感触です。

光沢のある絹にするため洗い流されていたセリシンですが、
最近の研究によって非常にお肌に良いことがわかってきました。

セリシンは人のタンパク質にとても近い組成で、
保湿性が非常に高いセリンが33%も含まれ、
このセリンの作用でセリシンは肌への浸透率が高く
肌に潤いを与えてくれます。
またセリシンには、抗酸化作用や紫外線吸収作用もあります。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

ヘバーデン結節 [病気・症状まとめ]

ヘバーデン結節とは、
指の第1関節が変形し曲がってしまう原因不明の疾患。
第1関節の背側の中央の伸筋腱付着部を挟んで
2つのコブ(結節)ができるのが特徴です。
レントゲンで見ると、骨が変形しているのがわかります。
炎症を起こし痛みを伴うことがありますが、
痛みがずっと続くわけではなく、いずれおさまります。

(この疾患の報告者へバーデンの名にちなんで、
ヘバーデン結節と呼ばれています。)

原因は不明。
一般に40歳代以降の女性に多く発生します。
手を良く使う人にはなりやすい傾向があるそうです。

実際に鍼灸治療をしていて、
ヘバーデン結節になっている方、いらっしゃいます。

鍼灸治療としては、お灸がおすすめです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

ブロック注射のその後 [腰痛]

こんにちは。青山です。

当院の患者様のEさん、
ある日突然、臀部から太ももの裏にかけ、
動けないほどの痛みとしびれが出てました。

緊急で近くの整形外科に行ったところ、坐骨神経痛と診断。
そして「血管を広げ、血流をよくする効果がある」と言われ、
ブロック注射を受けました。
これである程度痛みは引いたそうです。

それから数日後、再び痛みとしびれが出て、動けなくなりました。
最初の症状より悪くなっていたそうです。

たぶん、、、
ブロック注射で痛みが緩和されたため、
それほど安静にはせず、普通に生活をした。
しかし、患部は治ってたわけではありません。

そして、ブロック注射の効果が切れたため、
本来の痛みやしびれが出てきた、、
ということではないかと思われます。

ブロック注射は、痛みやしびれの感覚をやわらげるもので、
根本的に治療をするものではありません。
ですから、ブロック注射をして痛みが緩和したからといって、
どんどん動けば、悪化するわけです。

ブロック注射というものが、どういうものか、
しっかり理解した上で受ける必要があるだろうな、と思います。
青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

丹田を冷やさないように [季節:冬]

丹田は、おへその3~6cmほど下にある気がたまる場所、エネルギーポイントです。

この「丹」という字は、「薬」という意味があるそうで、
丹田は、くすりを作る場所、という説があるそうです。

人間には、自分を治すための薬を自分で作る力があるということ。

一方、免疫細胞の7割が腸にあるとも言われています。

自分を治すための薬って、薬成分そのものというより、
免疫細胞のことと考えることもできるかと思います。

昔は西洋医学的な免疫細胞のしくみを詳しく知ることはできなかったでしょうが、
丹田を充実させていると、病気になりにくいとか、病気が治ったという例が、
たくさんあったのかもしれません。

これからますます寒くなります。
お腹を、丹田を冷やさないようにしましょう。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

足先が特に冷える [足・足裏の話]

こんにちは。青山です。

足先足指が特に冷えるという方、
たくさんいらっしゃいます。

冷え解消のための4つのポイント
・温める
・冷やさない
・運動・動かす
・刺激を与える
これは足先に対しても同じです。

・冷やさないために、「冷え取り靴下」はおすすめです。
私も昔から当たり前のようにやってます。
冷え取り靴下だけで足先の冷えが解消されるのであれば、
それでOK。

しかしそれだけではなかなか温かくならない場合は、
もっともっと積極的に徹底的に改善策を行う必要があります。

・私がおすすめする足を温めるのにおすすめの入浴法です。
足先が特に冷える方へ足浴入浴法

・足指の腹にお灸をする
この時、足指がある程度温まっている状態でやった方が効果的です。
当院ではホットパックや遠赤外線、コウケントーなどを併用し、
効果的にお灸を行います。
足先の冷えを解消するには、やはり毎日やらなくては
効果が出にくいです。
最初のうちは、一回に3セットくらいやってもいいです。

kokento.jpg

ちょっと温めたくらいでは、また冷えてしまう足先の冷え、
これは重症なんです。
本気で、徹底的にやらないと、改善しません。



青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

白髪が黒く、、 [頭の話]

こんにちは。青山です。

青山鍼灸院を開業する前に勤めていた鍼灸院に、
きれいな真っ白な白髪で、
いつも明るいステキな色に染めていた女性(当時80歳くらい)が
治療にいらしていました。

目的は全身調整のための治療、
特に頭に集中して治療をしていたわけではないのですが、
だんだん、黒い毛が混ざりだしたのです。
これにはご本人もびっくり。
もうず~っと真っ白だったのに。

これはどういうことかというと。。。

(皮膚の下で起きていること)
最初、髪の毛は白いのです。
それを、色素細胞(メラノサイト)が、白髪を染めて色を着け着けます。
そして、着色された髪の毛が皮膚表面に出てきます。

この、白髪に色を着ける色素細胞(メラノサイト)が、働かないと、
白髪となります。

では、前述の女性の場合、
休んでいた色素細胞(メラノサイト)が、
治療をすることで刺激され、活性化され、目を覚まし、
活動を再開したと思われます。

死んしまった色素細胞(メラノサイト)は、もとには戻りませんが、
色素細胞(メラノサイト)は、休んでいるだけという場合、また色を着けてくれます!

頭皮の血流を良くして、色素細胞(メラノサイト)を活性化させる、
白髪予防も含めて、大切なことですね。

さて、前述の女性の一言、
「真っ白のほうが良かったわ~」



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康