So-net無料ブログ作成
検索選択

冬、池で泳ぐイギリス人 [その他]

こんにちは。青山です。

10月下旬、ロンドンに行ってきました。
気候は東京の12月くらいでしょうか、
こちらより寒かったです。

そんな中、ハイドパークの池で、
人々が水着を着て泳いでいるのです。
見慣れない光景に、一瞬目を疑いました。
しかし楽しそうに泳いでます。

ヨーロッパでは冬でも川や湖で泳ぐ人がいる、
と聞いたことがありますが、
本当でした!

日本人にとって寒中水泳は、気合のいる
ちょっとした修行かもしれませんが、
彼らにとっては、楽しいこと、気持ちがいいことのようです。

体内で熱を産生する力が、
日本人とはちがうんだなあ、と思いました。

青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

首の疲れにネックカラー [首の話]

こんにちは。青山です。

前回、ネックカラーが乗り物で役に立ったことをご紹介しました。
ネックカラーが役立つのは、むち打ちや乗り物の中だけではありません。
普段の生活で首が疲れた時にも有効なんです。

たとえば、
パソコンデスクワークを長時間していて、
だんだん首が疲れた時ネックカラーをすると
首の支えになり、痛みが軽減します。

もちろん、慢性的な首の疲れや痛みを感じる方には、
ぜひ使っていただきたいものです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

旅行に医療用ネックカラー [首の話]

こんにちは。青山です。

一週間遅めの夏休みをとらせていただいておりました。
その間、ロンドンに行って来ました。

機内で、よくある空気で膨らます首まくらは、
首の後ろ側に厚みがあるため、
首がややうなずいた状態になってしまい、
それがあまり具合が良くない。

そこで気づいたのが、医療法ネックカラー。
軽くてコンパクトなタイプを機内で使用したところ、
かなり良かったのです。

ちょっとかさばるのが難点ですが、
それが問題にならなければおすすめです!


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

足先の冷え解消法 [冷え性改善]

こんにちは。青山です。

足先の冷え解消法をご紹介します。

冷え解消のための4つのポイント
・温める
・冷やさない
・運動・動かす
・刺激を与える
これは足先に対しても同じです。

・冷やさないために、「冷え取り靴下」はおすすめです。
私も昔から当たり前のようにやってます。
冷え取り靴下だけで足先の冷えが解消されるのであれば、
それでOK。
しかしそれだけではなかなか温かくならない場合は、
もっと積極的に徹底的に改善策を行う必要があります。

・私がおすすめする足を温めるのにおすすめの入浴法です。
足先が特に冷える方へ足浴入浴法

・足指の腹にお灸をする
この時、足指がある程度温まっている状態でやった方が効果的です。
当院ではホットパックや遠赤外線、コウケントーなどを併用し、
効果的にお灸を行います。
足先の冷えを解消するには、やはり毎日やらなくては
効果が出にくいです。
最初のうちは、一回に3セットくらいやってもいいです。

kokento.jpg



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冷え性改善のための4原則 [冷え性改善]

「冷え性改善のための4原則」
それは温める・冷やさない・運動・刺激を与える。
どれかひとつだけでは、なかなか改善しないもので、
これらを総合的に取り組んでいくことで、冷え性改善につながっていきます。

●温める

冷えているから温める、これは基本といえますね。
温める方法として、入浴、温泉、岩盤浴、サウナ、湯たんぽ、カイロ、ホットパック、暖房などがあるかと思います。

●冷やさない

いくら温めても冷やしてしまっては、もとも子もありません。お風呂でしっかり温まっていても、寒い冬、素足や薄手のストッキングだけでは冷えてしまうでしょう。 冷やさないためには、腹巻、温かい下着、靴下(厚手の靴下)、タイツ、マフラー、手袋、帽子など、防寒を意識した衣類で体が冷えないようカバーします。

また、冷やさないよう気をつけていても温めることをしなければ、冷えたまま、なかなか温まらないということも多々あります。 温めることと冷やさないこと、両方が必要ですね。

●運動

温めて冷やさないよう気をつけても、それだけでは根本的な改善にはなかなかなりません。運動をすることで血流をよくすることが大切。 温めるだけでも血流は改善しますが、温めるのをやめればまた冷えてしまいます。冷えにくい温かい体を作るためには、運動も必要なのです。 筋肉を動かすことで血流が活発になり、体が温かくなります。

●刺激を与える

マッサージやツボ刺激、お灸などで刺激を与えることで血流が改善します。特に足先や手先の冷えは、全身運動や温めるだけではなかなか冷えが改善しません。鍼灸治療を行ってきての経験上、その部分へ積極的に刺激をすることがとても重要です。

また、運動と刺激を与えることによって、末端の毛細血管が増えたり太くなり、冷え改善につながります。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

お風呂に浸かるとすぐにほてる方へおすすめの足浴入浴法 [ほてり]

こんにちは。青山です。

体は冷えているんだけど、
お風呂の湯船に浸かるとすぐにほてって顔が熱くなり、
気分が悪くなるので、
湯船に長くは浸かっていられないんです。
そんな方がいらっしゃいます。

それは、お湯の熱が体の芯に伝わらず表面だけにあり、
熱は上昇する性質があるため、上に昇ってほてりとなりるからです。

私が、冷え性、特に足・足先が冷える方へおすすめする入浴方、
こんな方にもおすすめです。

まず、お湯をやや熱めにします。(40~43度:個人の好み、季節などで調節して下さい。)
浴槽のヘリに服を着たまま、足をお湯につけ足浴。
バスタブだから、膝下くらいまでしっかり足浴できます。
この時、汗をかいてもいい服装で行ってくださいね。
洋服を着て行うのは、身体が冷えないようにするためです。

保温効果を高めるのであれば、足を入れるスペースを残して湯船にフタをします。
10~20分、汗が出るくらい足をつけておきます。
先に、冷えている足をしっかり温め、
身体の温度のアンバランスを解消するわけです。

頭が熱すぎる場合は、保冷剤などで冷やしてもOK。

後は普通に入浴します。
お湯の温度はお好みで!

たったこれだけのことですが、身体全体がバランスよく芯まで温まります。

頑固な冷えがある方は、
一度やっただけで、冷えがすべて解消するわけではないでしょう。
でも続けていくと効果があります。

本気で足・足先の冷えを改善したい方は、
足・足先の冷えが楽になってきた、と感じられるまで、
毎日やってみてください。
最初は集中的にやった方が、効果的です。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

気は伝わる [その他]

こんにちは。青山です。

前回、冷え取り靴下についての記事を書きましたが、
この日、この記事を見てないのに多くの患者様から、
冷え取り靴下について質問されました。
もちろん私から話題をふったわけではありません。
不思議なものですね~。
見えないけど、エネルギーが伝わっていくのでしょうか。
これが気の世界。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冷え取り靴下:ウールorコットン [冷え全般]

こんにちは。青山です。

冷え取り靴下、メジャーになりましたね。
「冷え取りやってる。」という言い方も普通になりました。

冷え取り靴下セットを見てみると基本的に

シルク5本指
ウール5本指
シルク先丸靴下
ウール先丸靴下



シルク5本指
コットン5本指
シルク先丸靴下
コットン先丸靴下

が、あります。

シルクは決まりですが、
ウールとコットン、その違いは?
どちらがいいのでしょうか?
繊維の専門家に聞いてみました。

コットンは、水分を吸収し離さない性質があります。
吸収した汗を離さず、靴下は湿ってしまいます。
ウールは動物の毛で、水分を発散させる性質があります。

ですから、コットンよりウールの方がいい、とのこと。

長年冷え取り靴下を愛用し、登山経験もある方も同じ理由で、
シルクの上にはウールに限る、と言っていました。




青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

足裏の汗としもやけを克服 [足・足裏の話]

Kさんは、いつも足裏・手のひらに大量の汗をかきます。
1日履いていた靴下は、ぞうきんのようにしぼれるくらい。
でも子供の頃からずっとそうだったので、
これは体質で変わらない、とあきらめていました。

この汗は、自律神経の乱れによるもの、
Kさんは、体質的に自律神経が不安定だったようです。
ただでさえ冷え症の上に、大量にかいた汗で、さらに冷えが悪化する、
そしてしもやけができる。そんな状態でした。

Kさんは数年前から定期的に鍼灸治療を受けるようになりました。
すると翌年の冬は、しもやけができなかったのです!!

Kさん曰く
「30年以上毎年できていたのに、しもやけができないなんて、
私にとってものすご~く画期的なこと[るんるん]」と大喜び。

他にKさんが取り組んだことは、

・お風呂に入る。たまに日帰り温泉に行く。
それまでシャワーですませることが多かったそうです。

・末端のお灸。せんねん灸を使っています。

・腹巻やレッグウォーマーなどをする。

・乾布摩擦。

・こまめに手の指をさする。

「そんなに懸命にやったわけでなく、苦にならない程度にやってた気がする。
それに、しもやけが治っただけでなく、以前より体が温かくて楽になりました。」
とおっしゃってました。

今では、Kさんはもう冬にしもやけができることは、ありません。



青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

疲れると冷えます [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

急に寒くなりました。
まだまだ寒さに慣れていない体は、冷えます。

さらに、
忙しすぎたり、ストレスがたまったりで疲れきると、
体は冷えやすくなります。
お風呂に入っても、温まりにくくなります。

なんとなくうすら寒い、
身体の芯から温まらない、冷えている。。。

こんな時、
とにかくいつもよりしっかり身体を芯から温めることが大切。
お風呂や温泉で、いつもより長湯をして温まりましょう。

疲れすぎて体力も消耗している場合は、
長湯は返ってエネルギーを消費していまうので、
湯たんぽなど、積極的に温めるものといっしょに寝ましょう。
かなり温める努力が必要です。

自力で無理な場合は、プロの力を借りましょう。




青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

西洋人も肩こるの? [肩こり]

西洋人も肩こるんですか?
と聞かれたことがあります。

「西洋人には、肩こりがないらしい」という言葉も聞いたことがあります。

私は今まで、東洋・西洋合わせて10カ国くらいの方を、
治療させていただきました。
皆さんに尋ねたところ「肩こりはある」とのことでした。

首だってこるし、腰痛や背中の痛みもある。
同じなんですね~。

ただ実際に身体を見て感じることですが、
西洋人と日本人は筋肉の付き方が違う気がします。

西洋人は首から肩関節にかけての筋肉が、すっきりした感じなんです。

あくまで私がみた範囲ですが、
この部分(ツボでいえば肩井(けんせい)辺り)が凝りで盛り上がっている人は、
あまり見かけませんでした。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

頭とてい鍼 [頭の話]

こんにちは。青山です。

患者さまの頭に、てい鍼をかけていると、
てい鍼がスムーズにいかず、
ガタガタ、ボコボコしたり、ひっかかったり、
穴があいているところに先端がはまったり、、、
よくあることです。

頭は一休さんみたいにツルンとして滑らかだと思ったら、大間違い。
頭だって、いろいろな反応をするんです。
むくんだり、硬くなったり、ボコボコになったり。
でも、髪の毛があるから、わかりにくいんですよね。

それが、てい鍼をかけると、どうなっているか実感できるのです。




青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

深いところの冷え [冷え性改善]

こんにちは。青山です。

体の内の氷河のような冷えのかたまりを解かすには、
ここに熱を与えることが必要。
ところが深いところにある冷えは、なかなか届かないのです。
靴下を履いたり、腹巻をしたり、お風呂に入ったり、
それでも取れない冷えもあります。

そんな時、鍼灸治療や気功などが有効。
ツボは身体の奥まで通じているポイントでもあるからです。
お灸をして、身体の奥に熱を入れたり、
鍼を打つことで、気の流れを活発にし、
冷えを動かし、温め、解かしていきます。

また、冷えの強い患者さんのお腹に手をあてていると、
表面はさほど冷たくないけど、
深いところを見てみると、氷のような冷たさを感じます。
ここにエネルギー(気)を送り込むのです。

そして本的に冷えのかたまりを解体するには、時間がかかります
たとえば、一回お風呂でしっかり温まったからといって、すべて解消するというわけにはいきません。
長年積み重ねてきた冷えのかたまりですから、いたしかたないですよね。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

今年の秋は、、、 [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

今年(2016年)の秋は、いつもと違って雨が多く
湿度の高い日が続いていますね。

それが突然寒くなって乾燥したりする、
そんな時が要注意です。

今からうがい手洗いをしっかりしましょう。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

更年期レポート10:ホットフラッシュ [更年期・更年期障害]

こんにちは。青山です。

最後の生理から一年三か月がたちました。

私にも更年期特有の症状・ホットフラッシュがあります。
ホットフラッシュは以前よりやや強くなったような気がします。
女性ホルモンが、さらに低下したためでしょう。

私のホットフラッシュ、どんな感じかといいますと、、、
突然、やや外側の胸あたりからモワモワ~と熱が発生し、
それが頭の方へ上がってきます。
胸から上が芯から熱くなり、おでこや首から汗がタラ~っと出てきます。
流れるほどの汗ではないので、助かってます。
人によっては、全身から玉のような汗が出る方もいます。

しばらくすると熱も汗も引き、体が涼しくなります。
それは、スッキリして心地よい感じ。

どのくらいの頻度で起こるか、正確に測ってないのですが、
日中、1時間に1回くらいでしょうか。

ホットフラッシュ、いつまで、どんな感じで起こるのか、
観察していきます。



【参考記事】

●更年期レポート1
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep01

●更年期レポート2
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep02

●更年期レポート3
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep03

●更年期レポート4
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep04

●更年期レポート5
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep05

●更年期レポート6
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep06

●更年期レポート7
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep07

●更年期レポート8
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep08

●更年期レポート9
http://aoyama-shinkyu.blog.so-net.ne.jp/kounenki-rep09


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冬の常備薬:葛根湯と小青竜湯 [季節:秋]

こんにちは。青山です。

以前私は、秋から冬の常備薬として葛根湯と小青竜湯を用意していました。
特に葛根湯は、ぞくぞくっときた風邪の初期にのみ有効なので、
今必要と思った時、すぐ服用するためには、
用意しておくに限ります。

小青竜湯も、ちょっと喉に違和感があるかも、と思ったら、
すぐに服用していました。
そうすると、悪化しないですみます。
もちろん、鍼灸治療を併用すると効果的。

最近では必要なくなってきましたけどね。
漢方も上手に使うといいかなって思います。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

もともと丈夫な人がうらやましい? [健康と癒し]

こんにちは。青山です。

同じ人間なのに、めちゃくちゃハードに動いても、
疲れなくて元気な人、うらやましいですよね。

確かに驚異的にタフな人、いるにはいると思います。
もって生まれたDNAなのかもしれません。
しかし、大半の人が、それなり、、だと感じます。

私たちの肉体・身体は、この世を生きるための乗り物と言えます。

車に例えてみると、、、
車には、ダンプカーもあれば、軽自動車もあります。
燃費が良い車もあれば、そうでないものも、、、いろいろですね。

でも、共通して言えるのは、
大切に運転すれば、長持ちするでしょう。
乱暴に運転すれば、速く傷みます。

運転する頻度が高ければ、速く消耗します。
そういう場合は、メンテナンスもまめに行う方がいいでしょう。
逆に、ほとんど運転しないと、動きが悪くなることもあります。
適度に運転した方が、よさそうです。

身体だって同じこと。
無理をすれば、疲れるし、痛みます。
適度に使って、適度に休養を取り、養生をする、
その方が、健康にいい。

自分は病気知らず、健康なんだ、と思い、
徹夜もいとわず、食生活、生活リズムもボロボロ、休みまない、、、
そんな人が、ある時バタンと倒れたりすることも。

また、生まれながら体が弱い人がメンテナンスに励み
長生きしたという例もたくさんあります。

私たちが生活し生きていくために、
身体はがんばってくれています。
そんな身体を大切にし感謝したいものです。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

歩き方 [足・足裏の話]

こんにちは。青山です。

私は職業柄か、人様の歩き方や姿勢などに
目がいってしまいます。
外股、または内股で歩いている人、
まっすぐ足が出ていない人、
O脚、X脚、
左右のバランスが悪い人、
腰が不自然に揺れている人、
猫背、でっちり、
、、、いろいろです。

きっと、少しは気づいていても、
いちいち気をつけていないのでしょう。

腰が完全に曲がってしまった年配の方っていらっしゃいますよね。
いつも腰を曲げているうちに、その状態で固まってしまいます。
無理に伸ばせば、骨折してしまうでしょう。
真っすぐにするには、もう不可能な状態なわけです。

無意識にやっている姿勢や動作が偏っていると、
偏りに合わせて、筋肉や骨格が形成されていきます。
日常の動作や姿勢で、筋肉が作られ、それが骨格となっていくのです。

日常の動作や姿勢を見直して、よい習慣をつける、
これ、とても大切なことなのですが、なかなか難しいことですよね。
でも、最初は大変でも、
バランスの良い動作や姿勢が「あたりまえ」なればいいのです。
今からでも遅くはありません!

私の場合、20代のころダンスを習っていた先生から、
「いつもいつも姿勢や歩き方に意識していなさいっ!」
と教えられました。
厳しい指導は、とてもありがたいものです。
最初は大変でも、それが習慣になれば楽になります。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

眠い人続出 [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

秋分の日も過ぎ、秋の虫の声が聞こえるようになりました。

秋分の日は、昼と夜の長さが同じになる日です。
昼=陽が優勢だった時期から、
夜=陰が優勢な時期に変化していきます。
1年の中でも、春分の日と同様、最も変化の大きい時期です。

さて、身体の方も、秋・冬仕様へと変化しなくてはなりません。
実感が無いかもしれませんが、
変化のために、いつもよりエネルギーを要します。

「最近、なんだか眠いんです~。」という方が増えています。
「春眠暁をおぼえす」同様、秋も眠いのです!
しかもこのところずっと気圧の低い日が続いているため、
いっそう眠いようです。
みなさま、なるべく睡眠時間をゆったり取りましょう。


青山鍼灸院HP

nice!(2) 
共通テーマ:健康