So-net無料ブログ作成
検索選択

冬の朝はご用心 [季節:冬]

こんにちは。青山です。

朝起きた時、
筋肉が硬くなっているし、関節の動きが悪く、動きづらい、、
そんなこと、若~~~いころは、感じたことなかったのに。。。
だんだん年齢を重ねれば、誰でもそうなっていくものです。

寝ている間、身体の動き、内臓の働きが低下しているので、
いたしかたないことでしょう。

特に冬は硬くなりがち。
顔を洗って、頭を上げたら、こ、こ、腰がっっ!なんてこともよくあります。

ある高齢の方の話ですが、
目が覚めてもすぐに起き上らないで、
30分ほど布団の中で、全身をさすって軽いマッサージをしてから布団から出る、
という方がいらっしゃいました。
これ、すごくいいと思います。おすすめですね。

もっと短い時間でもかまいません、
目が覚めたら、手足をゆっくり動かしたり、
身体を軽くゆすったり、
この方のように、さすったり、
ある程度血行をよくしてから起き上るといいでしょう。

そうそう、いきなり「のび」をするのは、けっこう危険なんですよ。
急に筋肉に強い刺激が加わることになり、
筋肉を痛めたり、つったりしがち。(実は私も経験者!)

寒い日が続きますので、どうぞお気をつけください、




nice!(0) 
共通テーマ:健康

膝のトラブル予防 [膝の話]

こんにちは。青山です。

年齢が上がるほど、ほんとに多くの方が、
膝のトラブルをかかえるようになります。

痛みが出た時が始まりではなく、
徐々に、徐々に、積み重なったものが、
ある時表面化する、というものです。
膝だけでなく、多くの病や症状がそうなのですけどね。

なってからでは、元に戻らないことも多々あります。
普段から膝のメンテナンスもこころがけるとよろしいかと思います。

【日常で気をつけるとよいこと】

・冷やさない
特にこれからの季節は大切ですね。
また、冷えていると自覚がなくても冷えていることも多々あります。
膝をさわって、チェックしてみましょう。

・血行を良くする
膝周辺を軽くさするだけでもかまいません。
逆に強い刺激は、返って痛めることにもなりかねません。
よくさすることで、血行を促しましょう。
また、お灸もとてもいいです。

・外股、内股で歩かない
どちらかに偏った歩き方をしていますと、
当然偏った負担が膝にかかってきます。
それが積み重なることで、いずれ痛みとなり、
変形性膝関節症を引き起こす原因になります。
これは習慣ですので、気づかない方も大勢いらっしゃいます。
町で人様の歩き方を観察していると、
外股または内股で歩いている人がほんとに多いです。

・筋トレをする
膝関節そのものにかかる負担を軽くするためには、
太ももの前の筋肉、太ももの内側の筋肉が重要です。
これらの筋肉を鍛えておくとよいでしょう。



青山鍼灸院HP



nice!(0) 
共通テーマ:健康

毎日便通があっても [お腹の話]

こんにちは。青山です。

ある患者様との会話から、、、

「けっこう、お腹が張っていますね。」

患者様
「えっ?、、毎日、出ているんですけど。。。」

そう、多くの方が、毎日便通があれば、お腹に問題は無い、
と思っていらっしゃるようです。

毎日便通があっても、
腸の中に、便が残っていることもあります。
昨日の、いやそれ以前の分が出ている可能性もあります。
実際、お腹をさわって、残っているのを感じたりします。。。

長く滞在すれば、ガスを発生し、お腹が張ることもあるでしょう。

もちろん、毎日お通じがあるのは、とてもいいことですが、
それだけじゃない、たまっていることもあるのです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

鍼灸治療を継続している方 [鍼灸治療・東洋医学]

こんにちは。青山です。

当院は開業して15年になります。
10年以上のお付き合いの患者様もたくさんいらっしゃいます。
鍼灸治療を継続して受けられている方の共通点は、
・自分の自然治癒力高めたい
・根本的に健康になりたい、健康を維持したい、
・薬に頼りたくない
という考えの方が多いようです。

決して西洋医学を否定するわけではないし、
薬を服用しないわけではありません。
東洋医学・西洋医学両方の良いところを、
上手に活用していらっしゃいます。

そして、自分の健康に対して真剣に取り組み、
努力を続けている方々です。



青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

筋膜リリースと鍼灸2 [肩こり]

こんにちは。青山です。
(前回のつづきです)

筋膜リリースは、硬くなってしまった部分に、
約1~数分間、軽めの圧迫やけん引を行います。
このような手技療法は、最近に始まったことではありません。
私が知っている中では、ロルフィングという両方がありますね。
※ロルフィングは、アメリカのアイダ・ロルフ氏(1896-1979)が開発した療法。

私が鍼灸治療をしていて実際に感じることですが、、
鍼を刺して筋膜を鍼の先に感じることができます。
鍼の先が膜にあたると、
あたった感覚が鍼を通して手に伝わるのです。
特に硬くなった部分にあたると、硬い感覚を感じます。、
ここで鍼をとどめ、しばらく置いておくと、
筋膜がゆるんできます。

また、筋膜が硬くなっていると、その下の筋肉も硬くなっているようです。
筋膜がゆるんで、筋肉のこりもゆるむ場合もあれば、
そうでない場合もあります。
筋肉のこりを狙う場合は、そのこりの深さまで鍼を入れ、
刺激を与えます。

鍼の先はとても細いのですが、鍼先の周りにも影響が及びます。
複数本刺すことで、広い面に影響を与えることができます。



青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

筋膜リリースと鍼灸1 [肩こり]

こんにちは。青山です。

最近、「筋膜リリース」という言葉をよく耳にするようになりましたね。
筋膜リリース=筋膜を緩めるということ。

筋膜とは、
筋肉や内臓を包んでいる膜。
筋膜は全身を蜘蛛の巣の様に張り巡り、
骨・臓器・筋肉・神経・血管と結びつき、
体を内側から支えている重要な組織です。

筋膜は、固まったり、ねじれたり、縮んだりします。
これらが、筋肉のこりや痛みの原因のひとつと言われています。

固まったり、ねじれたり、縮んだ筋膜を緩めるのが「筋膜リリース」というわけです。

また、筋膜リリースに関連して「トリガーポイント」という言葉が出てきます。
これは簡単にいうと、筋膜や筋肉にできた硬くこり固まったポイント。
大きさは数ミリ~数センチと様々で、
進行すると、その部分そのものが痛むだけでなく、
別の場所に痛みがでるようになります。

鍼を打ってトリガーポイントにあたると、
筋肉や筋膜がビクン、ビクンと反応します。
反応が大きいと、その動きが目に見えます。
そうとう凝っている証拠といえるのです。


(つづく)


青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

お酒が飲める人・飲めない人 [鍼灸治療・東洋医学]

こんにちは。青山です。

お酒が飲めない人、あまり飲めない人は、
アルコールを分解する酵素が無い、少ない。

アルコールは体内に入ると、
胃と小腸から吸収され、肝臓へ運ばれ、
肝臓でアルコール脱水酵素(ADH)によって、
アセトアルデヒト(有害物質)に分解されます。
そして、肝臓内のアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きで、
酢酸(お酢の成分)に分解され、
最終的に水と炭酸ガスになって体外に排出されます。

アルコールの分解に必要なALDHには、
アセトアルデヒドが増えないと働かないタイプ=ALDH1と、
少量のアセトアルデヒドで分解するタイプ=ALDH2の2つのタイプがあり、
お酒を飲んだときは、ALDH2が主に働きます。

このALDH2のタイプは3つあります。

・活性型=お酒が飲める人
気持ちよく酔うことができます。
このタイプは日本人では約56%、欧米人はほとんどこのタイプで、
欧米人には「お酒をまったく飲めない」という人がいません。
だから、昼からお酒を飲んだりするのでしょうか?笑。

・低活性型=お酒が弱い人
有毒のアセトアルデヒドが溜まってしまうので、
すぐに気持ちが悪くなってしまいます。日本人の約38%がこのタイプ。

・不活性型=お酒が飲めない人
お酒を全く受け付けることができません。日本人の約6%がこのタイプ。

さてあなたはどのタイプでしょうか?




青山鍼灸院HP


nice!(1) 
共通テーマ:健康

背中がぞくぞくしたら [風邪]

こんにちは。青山です。

なんだか背中がぞくぞくする、
ちょっと冷えているみたい、
なかなか身体があたたまらない、
手先、足先が、氷のよう、、、

それはもう危険信号、いや赤信号かもしれません。
もう風邪が入っているかもしれません。
すぐに対処してください。

うがい手洗いをしっかり、しっかりやって、
身体がぽかぽか感じて、汗が出るまで温めてください。
冷えは汗とともに出ていくからです。

もちろんその後で、冷やさないでくださいね。

漢方薬だったら、葛根湯。

早い対応で、事無しですみます。



青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

体の声をきいて食べる [糖質制限]

こんにちは。青山です。

私は糖質制限をしているわけではありませんが、
あまり食べ過ぎないようにしています。
では一日どのくらいかというと、その日によって違いはありますが、
お茶碗にして1~2杯、夜は炭水化物は通常取っていません。
お菓子は食べます。でも食べ過ぎないようにしています。
このくらいの炭水化物は、普通の範囲内と言えるでしょう。

どのくらい取るか、一番の決め手は「体の声」です。
炭水化物をほとんど取っていないと、
自然と食べたくなります。
しかしちょっと食べすぎかなという時は、
逆に食べたくなくなります。
どうやら自分の身体にとって「適量」があり、
それを自然に感じているようです。

これは炭水化物に対してだけでなく、他の栄養素に対しても同じ。
たとえばタンパク質ばかり食べていると、食べたくなくなる。
スイーツビュッフェは行ったことありませんが、絶対無理!
甘い物を食べすぎると、血液がとてもかゆくなる感じがしてきます。
実際に皮膚がかゆくなります。
これは体が拒絶反応を起こしているということ。

健康でバランスのよい状態だと、
自然に必要なものがわかるんだと思います。

※決して私が完璧な食事をしているわけではありませんので、、。




●青山鍼灸院HP






nice!(0) 
共通テーマ:健康

腎臓・膀胱・骨・歯・髪・耳・脳 [季節:冬]

こんにちは。青山です。

冬は五臓でいうと「腎」の季節。

腎臓・膀胱・骨・歯・髪・耳・脳、、
東洋医学でこれらはみんな「腎」の機能になります。
腎臓と膀胱は近いのはわかりますが、
他はなんで?と思われるでしょうが、
東洋医学では、五行的に同じグループなのです。

腎と膀胱は、五行:木・火・土・金・水のなかの「水」の性質を持っています。
腎と膀胱は、「表裏の関係」にあります。
(腎は陰、膀胱は陽)

腎は「精」をやどす
「精」とは、生命力、成長、生殖力の根源のエネルギーのことをいい、
腎に内蔵されています。

この精が、腎によって活性化されたものを「元気」といいます。
腎の精が充実していれば、元気も盛んで、病気に対する抵抗力もあります。
また根気が必要とされる作業を、やり抜く力もわいてきます。
腎の気が衰えると、元気がなくなり、活動が低下し、体も冷えてきます。
また、生殖能力も低下し、病気にかかりやすく、治りにくくなり、
さまざまな老化現象も出てきます。

腎は水分代謝を調節する
腎は身体全体の水分代謝を調節しています。
この働きがうまくいかなくなると、むくみ・下痢・頻尿・尿閉などの症状が現れます。

腎は骨を主り、その状態は髪に反映する
腎の精は、骨に栄養を与えています。腎が正常であれば、
骨や歯が丈夫で、また髪も黒々とつややかで、よく伸びます。
腎の精が不足したり、老化により衰えると、
骨が脆くなったり、腰が曲がったり、歯が脆くなったりします。
また白髪・脱毛などの症状が現れます。

腎は耳と関係
腎は、耳を通して外界と交流しています。
老化などにより腎が衰えると、難聴・耳鳴りなどの症状が現れます。

腎は二陰と関係
二陰とは、前陰=小便口、後陰=大便口のことです。
腎は水分を調節し、その結果が大小便となって体外に排泄されます。
大小便の異常は、腎の異常と関係します。

腎は唾液と関係
腎は歯を支配しています。歯の生えているところから湧き出る水分が、唾液です。

膀胱
体内に取り入れられた水分は、全身を巡った後、膀胱に集め貯えられ、
やがて尿となり排泄されます。
膀胱の状態は、排尿の機能に現われ、
不調になると、尿を貯めることや、排泄することの異常としてあらわれ、
下腹部の腫れや痛み、小便閉、遺溺などの症状をもたらします。


精には、先天の精と後天の精があります。

先天の精
両親より受け継いだ精のことを、先天の精といいます。
先天の精は、生命の素であり、人体の諸器官・組織を構成し、
成長させていく素となるものです。
先天の精は、人が生まれた後、腎にしまわれ、
発育・成熟・生殖という基本的な生命活動を起動させます。
先天の精は、後天の精によって補給され、生きている間は、枯渇することはありません。

後天の精
飲食物から得られる精を、後天の精といいます。
後天の精は、人体で活動する気(エネルギー)の素となり、
また先天の精を補給し、生命活動を支える基盤として働きます。

・・・・・・・・・・

腎は生命活動の原動力です。
無理な労働・過度のストレス・冷えなどで、腎は消耗していきます。
腎が消耗した状態を「腎虚」といいます。
「腎虚」の症状として、疲れがとれない、姿勢が悪い、腰に力が入らない、
身体を温めても冷えが改善しない、などが上げられます。

改善策としては、食事をしっかりとって後天の精を補うのはもちろんのこと、
腎の気を補うような治療をすることが大切。
また、いつまでも若く生き生き過ごすためには、腎をしっかり補うことが重要です!




●青山鍼灸院HP






nice!(0) 
共通テーマ:健康

その日の冷えはその日のうちに [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

雪、降りましたね。

今日の患者様は当然のごとく、
とても冷えていらっしゃいました。
なので、温めをしっかりしっかりいたしました。

その日の冷えはその日のうちに、追いだしましょう。
持ち越すほど冷えはしみこみ、追い出しにくくなります。
どうぞお気をつけください!



青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

頑固は病が治りずらい [健康一般]

こんにちは。青山です。

「頑固」って、どんなイメージがありますか?
字のごとく、固そうな感じありますよね。
考え方が固い、融通がきかない、カチカチ頭。

固めるエネルギーは内向エネルギー
中へ中へ、固く固くしてしまいます。
これは、解放、発散の外向エネルギーとは逆。

東洋医学では、病は邪気によるもの。
この邪気を外に出したい、浄化したい、これは外向エネルギー

日頃、頑固で内向エネルギーばかりを使っていると、
内へ内へ向かうクセがつき、内向エネルギーが優位になっています。
いざ病になった時、邪気だけは外に出したい、といっても、
そう都合良く外向エネルギーが働かないことがあるのです。
邪気も中へ中へ、固く固めてしまう。外に出さない。
固めるエネルギーだから、何らかの「固まり」を作りやすいようです。

また、頑固は、
人の意見は聞かない、取り入れない、
考えを変えない、そのままであり続ける。
これらにはエネルギー循環があまり感じられませんね。

川の流れも、気の流れも、循環するからこそ浄化されきれいでいられます。
頑固の気は流れが悪くなっているので、淀んでしまいます。

だから「頑固は病が治りずらい」のです。




青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

首と足首 [首の話]

こんにちは。青山です。

ずっと前から慢性的に、首のこりがほんとにほんとにひどい、
何かで首を痛め、かなり重症、
そんな方の足首は、
ブヨブヨして滞っていたり、
動きや感覚が悪かったり、
冷えが重症だったり、
ということが多々あります。

首と足首は連動しているのです。

特に寒くなってきた今日この頃、
首や肩がガチガチになっている方が増えています。
首や肩のこりは気づきやすいのですが、
足、足首も硬くなっていることもよくあります。

足首をよく動かしたり、お灸などで刺激をあたえると、
足首だけでなく、首にも効果があります。
首のこりがひどい方、首がとても悪い方には、おすすめです。



青山鍼灸院HP




nice!(0) 
共通テーマ:健康

104歳と103歳 [健康一般]

こんにちは。青山です。

先日テレビで、
104歳日野原重明先生(医師)と
103歳篠田桃紅さん(美術家)の対談を見ました。
お二人とも減益で活躍されていて、お元気で頭がとってもクリア、
そして、達観されている!
ほんとにすばらしいと改めて思いました。
100歳超えてみえてくることって、どんなんだろう?
(篠田さんは、『一〇三歳になってわかったこと』
というタイトルの本を出版されています。)

私が何歳まで生きるのかわかりませんが、
生涯現役でいたいと思っています。
このような方を思うと、とても励みになります。
心から尊敬します。




青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

急な冷えに [季節:冬]

こんにちは。青山です。

あたたかかったお正月から一転、急に寒くなりました。
冬本番というところでしょうか。

こんな時が要注意。
体と部屋をしっかり温めて、冷えを追い出してください。

部屋を温める上で、湿度も大切。
お風呂の後は、ぜったいに冷えないように!

いまが大切です!!




青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

自律神経としもやけ [季節:冬]

かなり重症な冷え症のKさん(40代女性)、
子供の頃からずっと、大人になっても毎年手足にしもやけができていました。

Kさんは、いつも足裏・手のひらに大量の汗をかきます。
1日履いていた靴下は、ぞうきんのようにしぼれるくらい。
でも子供の頃からずっとそうだったので、
これは体質で変わらない、とあきらめていました。

この汗は、自律神経の乱れによるもの、
Kさんは、体質的に自律神経が不安定だったようです。
ただでさえ冷え症の上に、大量にかいた汗で、さらに冷えが悪化する、
そしてしもやけができる。そんな状態でした。

Kさんは数年前から定期的に鍼灸治療を受けるようになりました。
すると翌年の冬は、しもやけができなかったのです!!

Kさん曰く
「30年以上毎年できていたのに、しもやけができないなんて、
私にとってものすご~く画期的なこと[るんるん]」と大喜び。

他にKさんが取り組んだことは、

・お風呂に入る。たまに日帰り温泉に行く。
それまでシャワーですませることが多かったそうです。

・末端のお灸。せんねん灸を使っています。

・腹巻やレッグウォーマーなどをする。

・乾布摩擦。

・こまめに手の指をさする。

「そんなに懸命にやったわけでなく、苦にならない程度にやってた気がする。
それに、しもやけだけでなく、身体が以前より温かい。」
とおっしゃってました。

それから数年が経ちました。
Kさんは、もう冬にしもやけができることは、ありません。



青山鍼灸院HP


nice!(0) 
共通テーマ:健康

はじまり [その他]

こんにちは。青山です。

今日から一週間の始まりです。
お正月気分も去り、いつもの日常が戻ってきた感じがします。

これから寒さもましてくると思います。
冷え対策、風邪・インフルエンザ対策がより大切ですね。
気をひきしめていきましょう!!

今年も、みなさまがより健康に過ごせるよう、
力をつくしていきたいと思います!(^^)!



青山鍼灸院HP





nice!(0) 
共通テーマ:健康

京都でお正月 [旅行記]

こんにちは。青山です。

お正月休み、京都に行ってきました!!
京都のお正月ははじめて!

京都を知っている方々に、寒いよ~、底冷えするよ~、
と、アドバイスをいただき、防寒対策バッチリで行きましたが、
おかげさまで天気に恵まれ、とても暖かく、
過ごしやすい旅行となりました。

行ったところを簡単にご紹介

上賀茂神社
下鴨神社
上賀茂神社から鴨川を下って下鴨神社へ、
さらに下って四条河原町と、とにかく鴨川を歩きました!

奈良公園
春日大社
東大寺(奈良の大仏)
うわさ通りなら公園は広い!
鹿がたくさんいるのですが、だんだん見慣れてしまう、笑!

嵐山、天龍寺
割とすいていてよかった。

伏見稲荷(稲荷山を制覇しました)
知恩院
平安神宮
山登りは、思ったよりきつかった。
しかも不安定なMBTシューズで!
すごいトレーニングになりました。

充実した旅でした!



青山鍼灸院HP





nice!(0) 
共通テーマ:健康

明けましておめでとうございます [その他]

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

青山鍼灸院は、1月7日より通常営業しております。


青山鍼灸院HP




nice!(0) 
共通テーマ:健康