So-net無料ブログ作成

リーキーガット症候群7:自分に合うもの [お腹の話]

こんにちは。青山です。

ここ数回にわたり、リーキーガット症候群についてみてきました。
腸を傷つけないように気をつけ、
善玉菌を増やし、腸の調子を整えることは、
健康にとってとても重要なことですね。

腸の善玉菌を増やすための食材、サプリメント、薬など、
いろいろありますが、
口コミを見てみると、ある商品が合う人、合わない人、効果が感じられない人、
はっきりわかれるようです。

自分の腸内環境はオリジナルなもの、
ですから、ある人にとって有効なものが、
自分にとっても有効とは限りません。
自分にとって有効なものを見つけるには、
試してみなくてはなりません。
そういうものなのです。

私はもともと子供の頃から快便でしたが、
開業当時(2001年)、便がかなりゆるくなってしまいました。
お腹が痛いわけではないのですが、
水様の便が出ることもありました。
こんなこと初めて!
たぶんストレスだったと思います。

そのうち良くなるかな?思い、何もしなかったら良くならない!
そこで、お腹に良さそうな食材をいろいろ摂ってみました。
まず思い浮かぶのがヨーグルト類、
いろいろな菌のものを食べましたが、まったく変化なし。
ちょっとお高いサプリメント、オリゴ糖も、効果なし。

ある時、ゴーダチーズの熟成タイプを食べました。
(オランダのお土産として買って帰ったものです。)
毎日少しずつ食べていたのですが、
かなり気に入って、いつもより多めに食べた翌日、
ちょっと困るくらい便が硬いのです。
そういえばこのところ便が硬くなっていました。
もしやこれは熟成タイプのゴーダチーズせい?

食べる量をいろいろ変えてみると、
食べた量に応じて便の硬さが異なることに気づきました。
たくさん食べれば、より硬くなる。
私にとっては大発見。
あれだけいろいろ摂取しても変化なかったのが、
熟成コーダチーズで変化するとは!
この時の自分には、これが必要だったのです。

この経験から、
他の人に有効な菌だからといって、
自分にも有効とは限らないと実感しました。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0