So-net無料ブログ作成
検索選択

いい鍼灸師になるためにはどうしたらいいのか? [鍼灸治療・東洋医学]

こんにちは。青山です。

まだ鍼灸師になったばかりのころ、
私の先生に、いい鍼灸師になるにいは、どんなことをしたらいいか、
質問しました。

すると先生は、こうおっしゃいました。

「自分の先生から教えてもらったことだけど、

いい物、本物を持つこと、身につけること、
いい芸術品、本物の芸術品にふれること、
いい鍼灸師になるには、そういうことが必要だ、

、、、そんな風に言われたな~。

その先生は、確か一着20万円もするような肌着を着ていたりしたんだよ。
そんなの自分には無理だけどね(笑)。」

その時は、そういうことと鍼灸治療が、どう関係しているのか、
なんだかよくわかりませんでした。
でも、最近、なんとなく、わかるような気がします。

ま、私は一着20万円の下着は身につけていませんが。。。
(しかも、先生の先生の時代はとても昔で、
20万円は今でいうと100万円くらいかもしれません!)

たとえば食べ物。
大切に育てられたオーガニックの野菜って、とてもおいしい!
そして、そういうおいしいものを食べるから、
そうでないものがわかる。

いい素材の洋服は、着心地がとてもいい。
でもそれを知っているから、そうでないものがわかる。

そんなことだったりするのかも。。。

いい鍼灸師になるためには、
ただ鍼灸の勉強をするだけではなく、
生活すべてが関わってくるのですね。

私も、自分の身の丈に合った範囲で、
そうあるよう心掛けています。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 

nice! 0