So-net無料ブログ作成
検索選択

骨粗鬆症とエストロゲン [更年期・更年期障害]

女性ホルモンのエストロゲン(排卵を誘発するホルモン)は、
骨の形成にとって重要なホルモン。

ところが更年期に入ると、エストロゲンが次第に減っていきます。
したがって、骨が弱くなってしまうのです。

女性はいずれみんな閉経を迎えます。
ということは、女性はみんな骨粗鬆症と大きく関わってくるということ。
もちろん、症状の度合いなど個人差はありますが…。

加齢による骨量低下 プラス 女性ホルモンの低下の影響を受けるわけです。

また、ストレス・偏った食生活・ダイエット・生活習慣などから、
更年期でなくても骨粗鬆症の症状がみられることもあります。

生理がこない人、無排卵月経の人は、女性ホルモン(エストロゲン)の低下がみられます。
ということは、骨粗鬆症と関係しているということ!! 要注意ですね。

日頃からカルシウムをしっかり取っておきましょう。
また、適度な運動は骨を丈夫にするために必要です。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 

nice! 0