So-net無料ブログ作成
検索選択

トレーニングの原則 [健康一般]

こんにちは。青山です。

トレーニングの原則ってご存知ですか?

トレーニングを行う際に基本となる原則というものがあるのですが、
これが治療にも通じることがいろいろあると思います。

1.過負荷の原則(オーバーロードの原則)
トレーニングを行うときは、ある一定上の負荷で運動しなければ効果があらわれない
という原則です。
治療も同じ、何らかの刺激を身体に与えるわけです。

2.漸進性(ぜんしんせい)の原則
トレーニングの質と量は、少しずつ増加させていくようにするという原則です。
治療においてこれに関しては、逆だったりします。
だんだん良くなっていけば、刺激量や治療回数を減らすことができます。

3.全面性の原則
トレーニングはバランスよく行うという原則です。
治療も同じです。患部のみの治療ではなく、
全体の健康度を向上させ、自然治癒力、免疫力を高めることが大切。

4.反復性の原則
トレーニングは、1回で効果が得られるというものではありません。
治療も1回の施術で、すべての病が治るわけではありません。
特に体質改善のためには、長期間続けていく必要があります。

5.個別性の原則
トレーニングの効果を最大限に引き出すためには、
個人個人にあったトレーニング内容を考慮する必要があるという原則。
治療も、個人の症状や体質に合った施術をします。

6.意識性の原則
トレーニングや練習を行う選手自身が、
「なんのためにトレーニングをするのか」
「どの筋肉を使ってトレーニングしているのか」
といった目的や目標意識をもって実施する方が効果が高いという原則。
治療も同じです。
たとえばテレビを見ながらとか本を読みながら治療を受けるのはどうかと思います。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 

nice! 0