So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

空席状況 [お知らせ]

青山鍼灸院、近日中にご予約いただいける日時(治療開始時間)です。
時間の記載が無い日は、空きが無い状況です。 

2018年
【4月】
21土
22日 定休日

23月
24火
25水
26木
27金
28土
29日 定休日

30月
【5月】
1火
2水
3木
4金
5土
6日 定休日

7月 15:00-16:00
8火 11:00, 13:00,
9水
10木
11金 11:00
12土
13日 定休日

14月
15火
16水
17木 11:00
18金
19土
20日 定休日


これ以降については、お問い合わせください。

※平日夜および土曜日は、
ただいま新規の方のご予約を遠慮させていただいております。
申し訳ございません。

※予約が埋まっていても、時間の間に
ショートコース(30分3,000円、50分5,000円)でお受できる場合がございます。
急患にも対応しておりますので、ご連絡ください。


ご予約ご希望の方は、お問い合わせください。



青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

ストレスで冷えます [冷え全般]

体が冷えている(低体温:平熱が35度台)と、
免疫をつかさどるリンパ球の割合が少ない、
従って免疫力が低い状態です。

交感神経が緊張すると、血管が収縮します。
それが続くと、血管が細くなり、
血管に流れる血液量は少なくなります。
全身の血液循環量が減り、したがって体温も下がってしまうのです。

自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスが大切。
ところが、ストレスから交感神経ばかり優位になっていると、
低体温になってしまうこともあります。
物理的に体を冷やすことから低体温になるだけでなく、
ストレスも低体温の原因となるのです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

冷えのレベル [冷え全般]

こんにちは。青山です。

冷え症といっても、そのレベル、重症度はそれぞれです。
実際に鍼灸治療をしていわかる重症度をご紹介しましょう。

【軽度】温めれば温まり、温かさをキープできる。
当院では、ホットパック、遠赤外線レッグホット、コウケントーなど、
いろいろな手段で温めます。
その時、温めれば温まり、その温かさをキープできるのは、
軽症と考えていいでしょう。

【中度】温めれば温まるが、すぐに冷えてしまう。
温まったことを確認し、温めるのをやめると、冷えてしまうレベル。
冷えたらまた温め、鍼灸治療で血流を良くし、
温かさをキープできる体作りを目指します。

【重度】温めても温まらない。
いくら温めても、全く温まらないレベル、かなり重症です。
このレベルの方を、今まで何人もみてきました。
とにかく温めと鍼灸治療を根気よく続けるしかありません。
もちろん日常生活でも気をつけていただくのは必須。
中度、軽度になるのに、何年もかかった方もいらっしゃいます。
たとえ何年かかっても、やらなければ改善はしません。
ほんとに辛抱強く継続するしかありません。




青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

リフトアップには笑顔 [美容・ダイエット]

こんにちは。青山です。

みなさん、疲れた時、気分が悪い時、ストレスが大きい時、
どんな顔をしていますか?

そんな時の顔って、きっと口がへの字になって、
なんか幸せそうじゃないと思うんです。

そんな時、うそでもいいから、笑顔でニコニコしてみましょう。
口角あげて、ニコニコ~。

私も実践しています!

ひとりの時でも、ニコニコ~。
顔は筋トレが大切ですからね。
いつまでもリフトアップした顔でいたいですもの~。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

早めの治療で早く良くなる [肩こり]

こんにちは。青山です。

ある患者様がこう言いました。
「ちょっと五十肩っぽいんです。
そんなにたいしたことないと思うんですけど。。。」

診てみると、症状はそれほどきつくないけど、
たしかに五十肩。
このまま何もしなければ、だんだん悪化して、
とてもつらい状況になるでしょう。

この、ちょっとつらい、たいしたことない、という段階で治療をすると、
治りが早いのです。

この方は、ずいぶん前から定期的に治療にいらしていただいています。
ですから、この段階で治療が開始できるわけです。

特に五十肩は、ケガなどとは違い、
長年の疲労の蓄積の結果、コップの水があふれて症状が出てくるようなもの。
この方も、徐々に溜まっていったのでしょうが、
年度末とても忙しかったため、肩を酷使し、症状が出てきたのだと思われます。

肩をしっかり鍼灸治療すると、
1回でずいぶん痛みがとれ、可動域も広がりました。

通常、たいしたことないレベルだと、
そのうち自然によくなるだろう、
気のせい? 気にし過ぎ?
と楽観視する方も多いかと思います。

しかし、五十肩も、腰痛も、ぎっくり腰手前、寝違え手前、風邪、その他もろもろ、
早めの治療のほうが、早くよくなり、重症化しないものです。






青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -