So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

空席状況 [お知らせ]

青山鍼灸院、近日中にご予約いただいける日時(治療開始時間)です。
時間の記載が無い日は、空きが無い状況です。 

【3月】
25土
26日 定休日

27月
28火
29水
30木
31金

【4月】
1土
2日 定休日

3月
4火 11:00, 15:00-16:00,
5水 13:00,
6木 11:00
7金 15:00
8土
9日 定休日

10月
11火 13:00-14:00
12水 13:00
13木
14金 11:00, 13:00, 15:00
15土
16日 定休日


これ以降については、お問い合わせください。

※予約が埋まっていても、時間の間に
ショートコース(30分3,000円、50分5,000円)でお受できる場合がございます。
急患にも対応しておりますので、ご連絡ください。


ご予約ご希望の方は、お問い合わせください。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

春におすすめ食べ物 [季節:春]

こんにちは。青山です。

春は五臓でいうと肝の季節。

五行論でいうと、春は木、
木は五臓でいうと、肝。
東洋医学では、春は肝の変動が出やすい季節、と言われています。

だからといって、みんな肝臓疾患になるわけではありません。
東洋医学的にみた肝関係の症状として、

ぎっくり腰、寝違え、筋肉のつり、肩こり首こりの悪化、
のぼせ、冷えのぼせ、目の疲れ、精神的不安定さ

感情面では、怒りっぽくなったり、イライラしやすくなります。

こういった症状が増えやすいので、ご注意ください。

さて、肝臓にいい食べ物といえば、「しじみ」

しじみに多く含まれるオルニチンは、肝臓で活躍するアミノ酸、
肝臓の働きを保ち、疲労回復をもたらします。

体内のアミノ酸の多くがタンパク質の中にありますが、
オルニチンはそれとは違い、血液に溶け込んだ状態で
体内をめぐっています。

肝臓というとお酒というイメージが強いようですが、
アルコールを代謝するだけでなく有害物質の解毒をはじめ、
様々な働きがあります。

オルニチンは冷凍すると数倍に増えることがわかっています。
冷凍する場合は、砂出しをしてから冷凍してください。
また、解凍しないでそのまま使えます。

肝の味は「酸味」。
この季節になると、ぬたが無性に食べたくなる、という方がいらっしゃいます。
これも東洋医学的に春は肝の季節ということでしょう。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

花粉飛んでます [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

先週末くらいから、花粉が増えたのを実感します。
花粉症の患者様も、症状が強く出るようになった方がいらっしゃいます。

中には、鍼灸治療を受けるようになって、
以前に比べてずっと楽になった!
薬を飲まなくて大丈夫だなんて、考えられない、
去年より花粉が多いと言われているのに、症状があまり出てない。
そんな方もいらっしゃいます。

私も重症の花粉症でしたが、かなり改善されているのです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

鍼灸からみた花粉症の特徴 [花粉症]

こんにちは。青山です。

花粉症の方の多くが、症状が強く出ていなくても、
すでに花粉を感じるころになりました。

花粉症の方の治療をしていると、
共通している特徴がいくつかあります。
その代表的なものが、

・頭がブヨブヨしている
・足の指が冷えている、弱い

頭にはツボがたくさんあります。
鼻のツボもありますが、
それだけでなく、もっと広い範囲でブヨブヨするケースが多いですね。

また、足の指は、足ツボ的には、頭のツボ。(鼻・耳・目なども含む)
関連性があるんだとつくづく感じています。

そして、これらの場所が治療ポイントでもあるのです。

鼻=呼吸器系、五臓でいえば肺、
経絡では、肺経・大腸経が上げられます。
でも、実際のところ、こういった呼吸器系だけでなく、
もっと広い範囲で身体に反応が出てます。

そもそもアレルギーは症状が出ている場所のみの問題ではなく、
体全体に関係していることです。
部分的な治療だけでなく、体全体の調子を整えることが大切です。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

女性のための漢方薬:桂枝茯苓丸 [更年期・更年期障害]

桂枝茯苓丸( けいしぶくりょうがん)は、瘀血(おけつ)に対して用いられる代表的な漢方薬。
瘀血に関しては、このブログでも何度かご紹介していますね。

具体的な症状としては、
生理痛、生理不順、更年期障害、頭痛、めまい、肩こり、のぼせ、冷え、
子宮内膜症や子宮筋腫、ニキビやシミ、
などが上げられます。

ポイントとしては、
瘀血により、これらの症状が起こる場合に用いられるということ。

ですから、
生理痛があるからといって、桂枝茯苓丸が必ず効くというものではなく、
瘀血体質があり、それが原因で生理痛が引き起こされる、
という場合に桂枝茯苓丸が用いられます。

一昨日のブログで、桂枝茯苓丸は実の症状に用いられると書きましたが、
瘀血というのは、の症状なのです。


青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -